信じて待つ。 | 今のところではありますが…
<< ♪けれど傷つく心もち続けたい♪ | main | a new day >>
信じて待つ。

【2014.01.01 Wednesday 11:07
明けましておめでとうございます。

2014年のお正月を飾る花も、
アネモネにしました。(3年目)
紫のアネモネの花言葉は
「あなたを信じて待つ」
っていうんだそうです。


私は「信じる」って決めることが好きです。

「信じたい」くらいの考えの時は、
ちょっとした違和感を感じた時、
「疑う」という考えがでてきて、
「信じられるかどうか」を探す、
証拠探しというふるまいに
いきやすいと思います。
つまり「信じたい」は
「信じていない」んだと思います。

そういうのも悪い訳ではないけれど、
私はここぞの時には
「信じる」って決めることをすることが多いです。

「信じる」って決めると、
違和感も、
挫折も、
遠回りも、
失敗も、
自分のそのことへの想いの強さを
試されるレッスンのように考えられる
ことがありがたいです。


「待つ」ってのは、
私は覚悟してやっていると思います。
私はどちらかというと、
自分からばんばん動きたい方。
だから以前は「こうしちゃあいられない」と
次から次へと、
新しいことにチャレンジしていたと思います。
そんな私も嫌いじゃないし、
今も、それがやるべきことという時にはそうするけれど、
私の職業、
「相談」とか「教育」にとっては、
「待つ」ってのは、
本当に大切なことだと骨身にしみているから、
「待つ」ってことを覚悟してやっていると
思います。

そして、「待つ」がちょっとだけ上手になってきたのは、
人間の持つ「力」の確かさを、
ここ15年の相談の活動の中で、
本気で信じているからだと思います。

いただいた年賀状の中に
中学時代、親や教師に反抗し、
異装、非行を繰り返していた子どもが、
二人の子どもの親になっている写真と共に、
「先生は、今も、
 当時の私みたいな子を
 支えているんでしょうか?」
とありました。

 ○子ちゃん、
 私はあなたと一緒に給食を食べ、
 ムダ話しをいっぱいし、
 あなたが編んでくれたマフラーにあったまり、
 そうして、
 あなたが自分の力に気がつくのを、
 待ってただけだよ・・・。
って年賀状に向かってつぶやきました。


○子ちゃん始め、
学校で出会えた子どもも、
講座や講演会や相談室で出会う大人も、
その人の中に「力」はあって、
でも、今、何かの事情で、
その力が上手く機能しなくて、
それで、休憩やリラックスが必要な時で、
でも、ちゃんと「力」はあって、
その「力」は、
安心しながらゆっくりエネルギーを貯めることで、
発揮する時期がきます。

でも、貯める時期に
何かに恐れていたり、
不安でいっぱいだったりすると、
なかなかエネルギーは貯まらないから、
「信じて待つ」人が近くにいることが
大切なんだと
私は思います。

「そのままのあなたがいい。
 欠点もあるし、失敗もする。
 時々ずるいこともするし、
 きたない気持ちもわいてくるでしょう。
 そのあなたでいい。
 くじけるし、凹むし、
 情けない思いでいっぱいに
 なることだってあるよね。
 そのあなたがいい。
 傷つくし、時々は大切な人を
 傷つけちゃうことだってあると思う。
 だって、誰だってそうだもん。
 そのあなたでいい。
 そのままのあなたがいい。
 
 そのあなたで、
 今、できること、
 やっていこう。
 
 あなたは、
 大切な存在なんだ」

と「信じる」って決めて、
その人の「力」を「待つ」。


暮れは、例年通りお料理漬けでした。
なますのために大根の千切りを絞る時、
明らかな握力の低下を感じました。
昨年とは違います。
乾燥した黒豆の袋を破る時、
松前漬けのために昆布をはさみで切る時、
失った力にびっくりしました。
朝まで眠れなくなったのも、
更年期障害のひとつだそうです。
これからもっともっと、
できないことは増えていくんだと思います。

でも「信じて待つ」ことは、
きっともっとできるようになるような
気もするんです。
だって、「信じて待つ」ことをした先の、
今の報告ひとつひとつがたまってきて、
「信じて待つ」ことの効果は、
だんだんとはっきりしてきちゃったからです。
これはもう、
エビデンスベースと言っていいのでは!!!

一旦味を付けた後、
「待つ」ことで一層おいしくなるのは、
筑前煮だけじゃないんですね。


紫のアネモネの花言葉を知ったのは、
昨年暮れでした。
でも、知らず知らすに選んでいたこの花は、
私の信条そのままでした。



このブログを読んでくださっている皆様。
旧年中は大変お世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします。

お互い、
良い年にしましょう!

良いこと、いっぱいみつけましょう!






 

 
author : tanizawa-k
| 日常 | comments(2) |

スポンサーサイト

【2018.09.16 Sunday 11:07
author : スポンサードリンク
| - | - |

この記事に関するコメント
 ことしも、よろしくお願いします。

 待つこと…私にとって、もっとも苦手なことの一つ、かもしれませんね。
 特に、相手を信用して待ち続けるというのは、よほど相手が信用できる人物で無い限り、不安になって仕方が無くなってしまいます。
 一度待つと決めたら、相手を信じ切る覚悟を持って…なかなか難しいですが、それが一番なのかもしれませんね。
 料理にたとえて、待つことの大切さを語っているのが、うまいと感じました。
| mark | 2014/01/01 8:20 PM |
markさん。明けましておめでとうございます。
待つのが苦手と、ご自分のことを分かってらっしゃることが、
素敵だと思います。markさんもご自分の取り扱い説明書、充実してきてますねえ。
今年もよろしくお願いします。
| ◆markさん←谷澤 | 2014/01/06 2:08 PM |
コメントする










谷澤 久美子
counselor