揺れるなあ。 | 今のところではありますが…
<< 腕をふる。 | main | 地雷。 >>
揺れるなあ。

【2011.01.05 Wednesday 18:13
近所にランチバイキングで
めちゃめちゃ流行っているレストランがある。
化学調味料や食品添加物はできる限り使わず、
地産地消にもこだわり、メニューは90種類くらいあるから、
ちょっとずついろいろ食べたい人には、
嬉しいレストランだ。

私も3回ほど行ったことがあるが、
必ずその後食べ過ぎで苦しく、
「食べてしまった」罪悪感で、
家で腹筋したりした。

その辺りを車で走ると、
11時すぎくらいから駐車場待ちの車が並ぶ。

それを見ながら、
考えてしまうんだなあ、
この便利快適、飽食の世の中を生きている
ってことを。

食べて走り、
食べて腹筋し、
食べては、トレーニングジムに通う。



年明け、学校が始まると、
すぐに中学校や小学校の、
学校保健委員会の講師を担当する機会がある。
「子どもたちのコミュニケーション能力を
 つけるための話を」ということだったが、
なんとか、「心の健康」ってことで了解いただいて
話をさせてもらうケースが多い。
テーマ変更の理由は、
コミュニケーション能力を高めるためには、
一時限の中では無理だし、
まして、子どものコミュニケーションの力は、
しっかり聴ける大人がいることで育まれると
最近は、もう本当にそうだ!それだ!
って思ってるからだ。

それにしても、
子どもにコミュニケーション能力を付けたいと
考えている学校関係者は多い。

これも、バイキングでめいっぱい食べた後に、
腹筋するのと、同じようなものだよなあ。

一人一台のテレビ、ゲーム、携帯電話を手に入れていて、
どの番組を見るかの相談や、言い争いもなく、
複数で集まっても、
各々が自分のゲームの画面に向かうゲームをして、
電話を夜中にどれほどしても、家族に迷惑をかけず・・・
という、
「個」が単位の世の中を築いて、
便利快適に生活をし、
本来だったら、
自然に生活しているだけで触れ合う人と人の関係から
育まれたコミュニケーション能力を、
わざわざ時間をとって学んでもらおうとする。


どこにでも車で出かけて、
移動にエネルギーを使わず、
ででで、
わざわざ時間をとって走っている、
そこの私!!!
私も同じだ。
バイキングの後の腹筋だし、
快適生活の上のトレーニングだ。


生きていくこと、
生活していくことだけで、
たくさんのエネルギーが必要だった頃、
一人一人に家族の中の役割があった。
今家電がやっていることを、
人の力でやっていたから、
子守りをするとか、
店番とか、
掃除とか、
洗濯物を干すとか、
そういう仕事。

15年くらい前、カウンセリングの師匠は、
子どもの相談の世界に入っていく私たちに、
この話をした。

昔は生きて生活しているだけで、
自分がこの家族の中での必要とされていることが
わかっていた。
自分がいないと弟を背負う人がいなくなってしまうとか、
自分しか母親の手伝いをする人がいないとか、
そういう生きる意味みたいなものを、
今の子どもたちは持ちづらい。
そのことを分かっていよう。

だから今は、
親子のコミュニケーション講座で、
子どもが自己肯定感を持てるような声かけを伝える。


要するに、
何もかも、
どこもかしこも、
局所最適なんだけど、
でも、もう、時代は戻せないから、
今のこの時代や社会の中で、
できることをしていくしかないんだよなあ。

食べては腹筋して、
個別のものをゲットしては、
コミュニケーションを学び、
移動に車を使っては走り、
そして、
便利快適の生活のまま、
自己肯定感を育む関わりをする。

このこと理解して、
やっていくしかないんだろうな。

自分も含めて、なかなか、
シンプルにはいかない。
揺れながら、迷いながら、
やっていくんだ。





author : tanizawa-k
| SC | comments(4) |

スポンサーサイト

【2020.06.05 Friday 18:13
author : スポンサードリンク
| - | - |

この記事に関するコメント
揺れながら迷いながら…そうですね。今はいろんな事が矛盾に満ちているのかもしれませんね。今のほうが格段に良くなっているもの、昔のほうが良いのはわかっているけど取り戻すのは困難なもの。今しか知らない子供達には今の大人達が今だから必要なことをしていくってことなのかな。
| クイックル | 2011/01/06 1:56 AM |
クイックルさん。この矛盾がいろいろな世の中を、なんとかかんとかやっていきましょうね。今日は小学校にいってきましたが、本当つくづくと、あったかい家の中からこの寒い学校での生活は厳しいだろうなあと思いました。だからって家の中を寒くしておくことはできないですよね。あ〜あ、大変だあ、みんな。
| ◇クイックルさん←谷澤 | 2011/01/06 6:03 PM |
 確かに、今の世の中、昔のようにコミュニケーションをとらなくても、ある程度生活できてしまうんですよね…。
 逆に、コミュニケーションをしない、コンビニのようなお店が、一般的になりつつありますし。
 そういう生活をしている子供たちが、力をあわせないとどうしようもない事態に遭遇したときに、一体どうなるのか…想像すると、ちょっと恐ろしくなってしまいます。
 コミュニケーション能力なんて、一朝一夕に身につくものでは、ないと思いますし…。

 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
 今年も、よろしくお願いします。
| mark | 2011/01/06 8:17 PM |
markさん。明けましておめでとうございます。コメントありがとうございます。本当に書いてくださった通りで、なかなか心配な世の中です。だから、子どもたちが安心して自分の言いたいことを言えるような場を作っていきたいと思います。それには大人がちゃんと聴いてあげること。そのことを保護者の方の講演会や講座で伝え続けていきたいです。markさんのコメントを読んで、背中を押してもらった気分です。今年もよろしくお願いします。
| ◇markさん←谷澤 | 2011/01/06 11:01 PM |
コメントする










谷澤 久美子
counselor