怒りの矛先。 | 今のところではありますが…
<< せめて自分には隠さない。 | main | 6;0で、気持ちいい! >>
怒りの矛先。

【2009.10.07 Wednesday 23:39
今日のNHKのクローズアップ現代は、
30代の男性の孤独死から、
誰にも助けを求められずに、
路上で寝泊まりを始める働き盛りの年代の方々のことを
考えるプログラムだった。

非正規雇用をきられてしまったある32歳の男性は、
生活費に困り借金をしてしまった。
アルバイトで稼ぐ月14万円のうちの
13万円は支払いで消えてしまい、
そのうち返せなくなる。
するとアルバイト先に金融会社から
電話がかかってくるようになって、
そこにいられなくなり、
そしてある日、
一人静かに死んでしまった。
彼のアパートのテーブルの上には
一通の手紙が残されていて、
そこには、生きている間には、
親にも友だちにも言えなかった言葉が書かれていたのだ。
その一言は
「助けて」。

「助けて!」のひと音が言えないのは、
彼が自分を責めていたからだった。

取材を受けている彼らのほとんどが、
彼のように自分を責めている。

学校時代に勉強しなかった自分が悪い。
だからしっかりとした就職ができなかった自分が悪い。
その上に、やっとみつけた仕事で、
あまり成績をあげられなかった自分が悪い。
仕事ができない自分が悪い。
手に食をつけられなかった自分が悪い。

取材に応えてくれている彼らは、
外に対して、
つまり、自分を首にした会社を恨むとか、
借金の利息に腹がたつとか、
その取り立て方法にむかつくとか、
こんな社会にした政治にうんざりしているとか、
そんなふうに
外に向けての怒りがあるのではなく、
怒りは自分にむいていた。

外にむかう怒りを攻撃的に表すとなると
暴力になるけど、
自分にむけての怒りは
自分を傷つける行為になったりすることがある。

何かできない自分がはがゆくて、
テーブルに頭をぶつけたり、
シャープペンで自分をつついたり・・・。

「助けて」が言えないというのも、
自分を追い込むという意味では、
自傷行為のようなものかもしれない。

そのことが、本当にせつない。

こんな情けない自分は
「助けて」なんて言ってはいけない。
そんなことして迷惑かけられない・・・とか、
もしかすると、そんなふうに考えているのかもと思うと、
私は私の出会ういろいろな子どもたちの顔が
浮かんできて、
学校と今の社会はつながっていると思う。


夫はこの番組を見ながら、
もしどこかの国が攻め入ってきて、
日本国民を3万人殺してしまったら、
どれだけの防衛費を使うかわからない。
今の日本の中で、
毎年3万人が自死という方法をとる。
それなのに、そこに優先順位がいかないのは、
おかしいと思うと言っていた。

本当にそうだと思う。

今は民主党がお金の使い道の配分を、
本当に必要かそうでないか査定して、
決め直しているところだ。
彼らが、本当にそのことをやろうとしていることが
報道から伝わってくる。

国連開発計画が発表した「人間開発報告書」の中の、
住みやすい国のランキングで、
日本は10位だったとのことだ。

10位の国で、
毎年3万人以上の人が、
「助けて」を言えずにいる。
せめて、そのことに対する対策の
予算がつくといいと思う。

言えない人が悪いのではなく、
私を含め、
そう、私も含めて!だ、
私たちが言わせない何かがないか、しっかりと考え、
聞き逃してしまっていないか、振り返る。

そして、彼らには、
それでも、「助けて」って言っていいんだ
ってことを伝え続け、
その伝え方の方法がわからない方には、
発信し続ける。


同時に、
私の中にも、
どこか、
言わせない何かがあるのかもしれないこと、認識する。

そのことは恐ろしいことだ。








author : tanizawa-k
| 市民 | comments(2) |

スポンサーサイト

【2019.09.06 Friday 23:39
author : スポンサードリンク
| - | - |

この記事に関するコメント
自分の息子の事を考えて、もしかして「助けて」を言えない子にしてないかな、と少し恐ろしくなりました。
甘えてばかりは困るけど、手遅れになるまで我慢してしまうのはもっと怖い。
どうやってやるの?って聞けずに失敗してしまったり(これも時には必要だけど)、我慢していたり。
聞けない雰囲気にしたり、突き放したりしてるかも、と反省しました。
| シド | 2009/10/08 6:43 PM |
◇シドさん。心配される気持ち、わかりますよ。しかし、そんなふうに心配されているってことは、息子さんのことを分かろう、理解しようとされているということだと思います。そのシドさんの気持ちが素敵ですねえ。
| シドさん←谷澤 | 2009/10/08 10:58 PM |
コメントする










谷澤 久美子
counselor