小さなコミュニケーション | 今のところではありますが…
<< 個性や気持ちを曲げなくていい。 | main | 細谷さんの著書2冊 >>
小さなコミュニケーション

【2020.09.11 Friday 16:58

 

今日は、

日々の「小さなコミュニケーション」の

日常への大きな影響について書きたい。

 

 

<事例1>

夫が

「来週、夕飯がいらない日があると思う。

 水木金の中の1日」

と言った。

私は

「そうなんだ。わかったよ。

 もし可能なら水曜だと助かる。

 その日、夜zoomで会議があるから」

と言う。

「了解。

 じゃ、なるべく水曜になるよう

 調整するよ」

と彼。

 

その会話をしながら、

これこれ!と思った。

こういう小さなリクエストが

大きなストレスに繋がらない

理由なんだよなあ。

 

 

昔の私は、

「来週、夕飯がいらない日があると思う。

 水木金の中の1日」

と夫が言ったら、

「わかったよ。

 いつか決まったら教えて」

と表面的に気持ちよく答えて、

頭の中で

(水曜だといいけど)

とぼんやりと思っていたと思う。

でも、

それを口に出すということを

思いつかなかった。

 

そして、

水曜ではない日になったりしたら、

心の中で「チっ!」と舌打ちし、

でも、

あからさまには出さず、

不満をためた。

 

こういうささやかな

すれ違い的なことを何回か続け、

心の中に不満のエネルギーをため、

何回めかの時に、

無言の不機嫌オーラを漂わせるやり方で

爆発してたと思う。

 

あ〜

本当に楽になった。

 

 

 

<事例2>

ビデオありの会議などをやるようになり、

左の頬のシミが気になる。

若い頃の日焼けが悔やまれるが、

仕方ない。

で、SNSで流れてくる化粧品の広告を

つい開いてしまう。

ある時、めちゃ気になった美容液があり、

申し込みの手続きを進め、

住所や電話番号など入力したんだけど、

最後のポチはせず、

やっぱりやめたっていう、

出来事があった。

 

今、すごいよなあ。

 

電話がかかってきた。

 

化粧品会社の方(化)

「弊社の製品に興味を持っていただき、

 ありがとうございます。

 先日途中まで入力いただき、

 ご購入には至らなかったことが

 あったと存じます。

 よろしければ、

 その理由などを伺いたく

 お電話させていただきました」

 

私「あっそうなんです。

  製品自体にはすごく興味があって、

  使いたいなあ、

  シミが薄くなるといいんな

  って思ったんですよ。

  ですが、定期分しかないってのが、

  気になったんです」

 

化「定期便が問題ということでしょうか?

  もし製品を気に入っていただけなかった

  場合は、次のものが送られる5日前までに

  解約していただければ、大丈夫なんですが、

  製品自体に興味を持ってくださってるという

  ことですので、

  ぜひお試しいただけないでしょうか?」

 

私「ですよね。

  ただ、私としては定期便ってのが、

  やっぱりひっかかるんです。

  今あなたと話しながら、なぜ定期便が

  こんなにいやなのか考えていたんだけど、

  多分、注文する時には、スルスルっと

  できる仕組みになっているのに、

  解約するときは電話でなければダメ

  ってところが、

  引っかかってるように思います。

  以前、お宅の会社ではないのですが、

  解約のために電話しようにも、

  平日の10〜17時でなければダメで、

  しかも、なかなか繋がらないことが

  あったりして」

 

化「そうでしたが。

  それは嫌な思いをされましたね。

  という弊社も、確かに解約は電話で

  平日の10〜17時です。

  申し訳ありません」

 

私「というわけですので、

  私のハードルは定期便ってこと

  だけですので、

  それに納得できたら、

  めちゃ興味あるので購入しますね」

 

化「承知いたしました。

  定期便に納得いかれることを

  お待ちしております」

 

この電話の後、

なんか、清々しかった。

 

まったく知らない方との会話なんだけど、

ちょっともごまかさず、

ほんとのところを言って、

嫌な感じにならずに

終えられたってことが、

いいかんじ。

 

知らない方であっても、

後味悪い会話があると、

私の場合は、

ちょっと濁るというか、

よどむというか、

心がそんな感じになって、

ひとつひとつは

ささやかであっても、

そういうことが積もると、

ストレスになっていたと思う。

 

 

<事例1>とか

<事例2>のことは、

私の日常の大勢に

ほぼほぼ影響ない。

 

働きに行くか行かないか問題とか、

子どもの成績問題とか、

大きな契約を破棄したい問題とか、

それ自体が大きなストレスとなるような

ものではない。

 

でも

ひとつひとつのことが小さくても、

積もったり、

固まったりすると、

大きくなっちゃうものだ。

 

そして

大勢に影響のないところほど、

その瞬間に問題を解決しやすいし、

解決しちゃえば、

それで終わり。

 

 

 

最近あった二つのことから、

そんなことを考えたのでした。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・

 

「小さなコミュニケーション」のコツは

アサーティブ基礎編で学ぼう。

9月は満席。

次は12月です。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・

 

インクを補充する、

良き時間。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| アサーティブトレーニング | - |

スポンサーサイト

【2020.09.23 Wednesday 16:58
author : スポンサードリンク
| - | - |


谷澤 久美子
counselor