個性や気持ちを曲げなくていい。 | 今のところではありますが…
<< それ言わなくてよくない?の裏。 | main | 小さなコミュニケーション >>
個性や気持ちを曲げなくていい。

【2020.08.25 Tuesday 10:00

「自他尊重のコミュニケーションって、

 確かにいいかもしれないけど、

 型にはめることでしょ。

 個性、死んじゃわない?」

と心配な方に!

 

8月22日23日の基礎編を受講くださった

ニックネーム「のえる」の

フィードバックシートを

お届けします。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

今までは、

コミュニケーションが下手な自分に

ネガティブな気持ちを持ち続けていましたし、

自分とコミュニケーションがうまくいかない人を

苦手に思いがちでした。

 

でもアサーティブを学ぶうちに、

「コミュニケーションのしかた=その人」

とは思わなくなりました。
そして、コミュニケーションが苦手な自分も
「私だけが表現できる

 大切なコミュニケーションがある」

という自信につながりました。

 

講座は、

アサーティブの概念の学びからはじまり、

ロールプレイでは、

実際にアサーティブの息吹を体感し、

感覚として自分の中で広がっていく、

とても豊かな時間でした。

 

特に、概念だけだとわからない部分は、

ロールプレイを行うと、
自分の癖や表現がよく理解でき、

自分の心の動きがわかると、

相手のこともよく見えるようになるのです。

 

他のメンバーのロールプレイを

観察していくことも非常に冷静に、
優しく見つめられる自分を

養えたと思いますし、
フィードバックは、

一人では絶対に気づかないところを

知ることができました。

 

コミュニケーションのやり方を

体系だって学び、

スキルを身に着けることは、
自分の個性をおさえ、

その場が上手にいくように、

型通りに行うのかな?

と思っていましたが、

 

アサーティブは全く違い、

訓練するスキルがあっても、

自分の個性や気持ちを曲げることなく、

自分自身を活かし、

相手も活かすコミュニケーションだと体感しました。

 

コミュニケーションは下手、上手、

というものではなく、
相手を強引に納得させるのではなく、

どちらかが引いてしぶしぶ受け取るのではなく、

相手と自分の世界を一緒に作り上げる、

創造的なものなのですね。

 

だからそこにジャッジはいらないし、

優劣・勝ち負けはいらないということ。
それは人間として一番大切な根底のもの、

そこから発するものがアサーティブでした。

 

概念が腑に落ちると、

心に余裕ができるのですね、

そして自分自身が愛おしくなります。


未熟でどうしようもない自分、

それらがあっても、

唯一無二の存在の自分を感じますし、

相手の存在がますます大切になります。

 

講座終了後に、

どうしても

何回話し合っても平行線で、

伝え合えない方と、
すぐお話しする機会がありましたが、
以前より、

少し余裕をもって、

自分の気持ちや相手を感じながら、

お話しできました。

 

そして何より

その結果が

うまくいかないようなものであっても、
後悔したり、

自分を責めたりしないで、
自分を労わって、

よくできたところや改善点を見つけられ、
自分はこれからどうしたいかを

感じることができ、

最後には自分と相手に感謝がわきました。

 

援助に携わることがあるので、

講座からとても大切なギフトを頂きました。

人ってそこに居るだけで、

最初からとても大切な存在ですね。
そこからスタートできそうです。

 

一緒に大切な時間を共有して下さった

とても素敵な優しいメンバー、
そして、メンバーを、

あたたかく励まし、大切に見守りながら、
私たちと一緒に学ぼうと、

熱意をもって教えて下さった講師に

感謝します!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

9月の

アサーティブトレーニング基礎編

9月19日(土)20日(日)

両日とも13時〜16時

zoomで開催。

15000円です。

(その次は12月となります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誕生日にいただきました。

あ〜うれしい。

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| アサーティブトレーニング | - |

スポンサーサイト

【2020.09.23 Wednesday 10:00
author : スポンサードリンク
| - | - |


谷澤 久美子
counselor