私にできること何かある? | 今のところではありますが…
<< 落としどころ | main | 勘、経験、人柄だけに頼らなくっても。 >>
私にできること何かある?

【2020.08.10 Monday 15:32

3月の半ば、

ずいぶん会ってない友だちから

いきなりラインで聞かれました。

友だち「久美子さん、

    今日の久美子さんは

    10点満点でいうと何点?」

私「えっ?体調ってこと?」

友だち「体調も精神的も 

    丸っと含めて総合的に」

私「あ〜そうか、4点くらいかな?」

  COVID-19で仕事が全部とんでさ」

友だち「そうか、それはしんどいね」

私「うん」

友だち「久美子さんの4点をね、

   5点にするために

   私にできること、何かある?」

私「え〜何それ?

  嬉しい」

 

本当にじわっときました。

彼女は大人になってからできた友だちで、

彼女は、私の現状を全くわかってないのに、

突然、こういう申し出をくれたこと。

私のことを気にかけてくれていたことが

とにかく嬉しくて嬉しくて。

この後、

私の方から

「電話していい」と聞き、

「もちろん」と返事がきて、

私は、この頃の困った状況を

洗いざらい聞いてもらいました。

1点どころのプラスじゃなかったです。

 

 

しばらくたって、

「ところで、

 あの時、なんで突然

 あんな風にラインくれたの?」

とラインすると、

彼女から思わぬ返事が。

 

友だち「え〜!

 ずっと前に久美子さんが

 紹介してくれた本に出てたワークだよ」

と。

私「え〜!

 全く覚えてない。

 なんて本?」

友だち「スーパーベターになろう」

 

書いてありました。

一ミリも覚えてなかったけれど、

このワークが。

やり方もちゃんと書いてあります。

 

 

その時から、

いつか、

「アサーティブ・カフェ」

でやってみたいな!

と考えていたワーク。

 

 

 

アサーティブについていろいろ語る会

アサーティブカフェ(静岡)を

オンラインで開催して3回目。

8月8日(土)の午後開催しました。

 

そろそろいい頃かな?と

このワークを含め、

今回も少グループになって

いろいろ語り合う会となりました。

 

以下、オープンにすることに

同意くださった方の感想です。

 

 

 

 

◆自分が思っていること、

 できたことなどを話すということは

 自己信頼につながると実感できました。

 このことを実現させるためには、

 安心して話せる場が必要です。
 アサーティブカフェの

 グループセッションでは、

 自分のことを開示させていただき

 本当にありがたかったです。

 これまで私は、動き続けることで

 安心を得ていたのかもしれません。

 動いていれば大丈夫。

 なんの根拠があって

 そうしていたのかわかりません。

 もしかしたら、育ってきた

 環境なのかもしれません。
 いま、言えることは、

 間を大切にするようになってから

 自分を大切にできるようになった

 ということです。

 そうすることで、

 自分以外の人のことも

 大らかな気持ちで

 考えられるようになりました。

 また、いまの自分自身を

 俯瞰して見る時間を頂きました。

 「点数をつけるとしたら?」

 と問いかければ、

 いまの自分を見つめることができます。

 そのような時間を大切にしたいと思います。
 そして、

 その時間を他の人にも味わって頂く

 機会をもちたいと思います。

 今日もありがとうございました(海ちゃん)

 

◆ドカン、してしまった後に
 私が伝えたかった事は何?
 どんな気持ちだった⁈
 労って欲しかったんだ!

 丁寧に関わって欲しかっんだ、

 という自分の気持ちを、

 カフェで話したことにより

 気が付きました
 自分を見つめるためにカフェで

 話す、話しを聞く、

 が有意義だと改めて気が付きました
 また、参加したいです

 (ひろ)

 

◆毎回の事ですが参加して良かったです。
 元々ロールプレイはあまり得意ではなく

 (どちらかというと苦手)

 今回、ここだったら…と思い、

 ちょっと重いテーマですが

 ロールプレイをお願いしました。
 終わってから感じたのは、

 相手側を演じたことで、

 言われる側の気持ちにも気づいたこと。

 そして、声のトーンでも

 受ける印象は大きく違うと思いました。
 夫婦を演じるのは難しい…と

 言いながらも引き受けていただけて、

 とてもありがたかったし、

 それもアサーティブだったなぁと、

 あらためて思いました。
 すべてのワークにおいて、

 100%受け止めてくれる姿勢で

 皆さんが話を聞いてくれていたので、

 安心して話すことができました。

 ぜひまた参加したいと思います。
  (やまちゃん)

 

 

◆やはりスタッフのみなさんはじめ、

 参加者のお顔をみるとめちゃくちゃほっとし、
 そして、
 めちゃくちゃ元気をもらえます。
 新型コロナで子どもも大変な日々です。
 息子が、面談で、親の心配をよそに、

 自分なりに先生に話をしていて

 18になり大きくなったなあと思いました。

 うちはAOではないし推薦もあかんので

 頑張るしかなく心配だけど、
 とにかく一学期休まなかったです。
 体調面に気をつけてもらい、

 私は美味しい?ご飯つくり

 受験にむけてサポートしていきたいです。
 応援するのみ!
 小グループになったメンバーと

 話せて良かった‼️
 みんなもガンバているから、
 あたしまたも明日から

 頑張ります。
 アサーティブ初心者ですが
 アサーティブ的に!いく!
 来週はお盆ですが休み返上して

 出勤です(保育所です)。
 この状況の中でも4日間

 親御さんがお仕事ある子たちと

 笑顔でいきます。

 アサーティブに出会え良かった‼️

 やっぱり相手に伝える

 大切さを感じる今日この頃です😆🎵🎵

(ぶたちゃん)

 


 

◆今日は本当にお世話になり

 ありがとうございました。
 とても楽しくて笑ってばかりでした。
 同じグループだった二人に感謝です。

 私の自己嫌悪も肯定的に

 とらえてくれました。

 皆、自分を大切にしているからこそ、

 人の痛みも大切に受け止めてくれるのかな〜って。
 私にも誰かに

 「1点プラスするために私にできることある?」と

 質問してみる勇気あるかな?(おもち)

 

◆今日もとても充実した時間を過ごせました。

 講師始め、学びの場を準備してくださる

 スタッフの方々に感謝します。
 先月、母に対して

 自分の思いを伝える場面がありました。

 私が知っている限りの

 アサーティブを引っ張り出して、

 母を責めることなく伝えることができたのは、

 アサーティブというお守りがあるからです。

 アサーティブとしては

 20点ぐらいの出来でしたが、

 それでも学んでいて良かった、

 生かせて良かったと思います。
 母のこと以外にも、

 伝える様々な場面でうろたえたり、

 ドキドキしたりすることは

 たくさんありますが、

 混乱しつつも、

 私にはお守りがあるよ、

 大丈夫と思えるようになりました。
 聞いてくださったみなさん、

 ありがとうございました。

 またご一緒できる日を楽しみにしています。

   (ナガノ)

 

◆一ヶ月程前から公私共に忙しく、

 何となくモヤモヤした感じで参加した

 カフェでしたが、

 皆さんの笑顔や言葉で、

 終わる頃にはもっと話していたいと

 思うくらいに、元気になりました。
 ペアワークやグループワークでは、

 近況や悩みを嫌な顔一つせずに

 話を聞いてくれて、

 それだけでとても気持ちが

 スッキリしてきました。

 「気持ちは言わないと伝わらないよ」

 とアドバイスをもらい、

 立場が違うのを気にして

 「誠実、対等…」など4つの柱とか

 スッカリとんでいたのに気付きました。
 カフェでは、毎回忘れかけていたことを

 思い出させてもらえて、

 いつも参加して良かったぁと思います。
 あとは、今の状態を点数化することで、

 自分と向き合うことができ、

 今どうすればいいのかが見えてきて、

 気持ちの整理をしやすいなを思いました。
 「あと1点上げるために、

 私に何ができる?」って、

 そんなこと言ってもらっただけで

 嬉しいし、私って幸せだなと感じます。

 身近な人も、遠方の人も、

 ちょっとだけ幸せにして

 あげられるかもしれない!

 魔法の言葉だなと思いました。 m

 

◆再びの感染拡大中、また

 オンラインでみんなとつながることができました。
 今回、グループセッションでは

 他の方のアサーティブチャレンジについて

 聞かせていただきました。

 想像するに

 長年心にしまっていた辛いこと、

 でも忘れられないことだったんだろうなぁと思うし、

 だからこそよくチャレンジできたなぁと、

 集合型で目の前にいたら

 ハグしたくなってしまっただろうと思います。

 さらにさらにその方が

 相手を少しも責めることなく、

 むずかしい問題に

 自分なりの落としどころをもって

 線引きをしていたこと、

 清々しささえ感じました。

 もうお一方も職場での気になりごとに

 アサーティブなアプローチをされていて、

 決して相手のためにとか

 押しつけがましくはなく伝えたことで

 自分もよかったのようなことを話されていて、

 なんと軽やかな

 アサーティブコミュニケーション

 という感じです。

 お二人のチャレンジを聞かせていただき

 とてもいい時間になりました。
 私は「自分の職場との葛藤」を抱え中の娘を

 ハラハラしながらも見守っている最中で、

 気が滅入ることも多いけれど、

 以前よりは落ち着いて過ごしています。

 なぜだろうとちょっと分析、

 家族みんながそれぞれに

 成長しているってことかなぁと思いました。

 例えば私、以前は

 夫と子どもの板挟みに勝手になったり

 本当になったり神経をすり減らしていました。

 今は「それは本人同士でやってちょうだい」

 のスタンスで様子見ながら

 いろんな意味で必要があれば参加する。

 そして文句も言う。

 例えば子どもたち、

 以前よりはずいぶんと父親に

 自分のことを話すようになりました。

 その足がかりに

 母親を必要とする時もあるけれど、

 すっとばして「あれいつのまに?」

 ということも増えてきました。

 そして夫、

 子ども達にその変化があること事態が

 彼の今を表していると思うのです。

 まだまだ波乱含みの我が家ですが、

 みんなで何とかしていきたいなぁ。

 良いことばっかりじゃなくても

 いいから笑っていたいなぁ。
 今回も本当に参加してよかった。

 いつかまた会いましょうね、みんな。
    (ココロ)

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

今後のアサーティブ・カフェ(静岡)は

・10月24日(土) 9:30〜12:30 3000円
・2021年1月9日(土)9:30〜12:30 3000円
・2021年3月27日(土)10:00〜16:00 6000円

*参加の条件は、

 アサーティブトレーニング基礎編を受講された方です。

アサーティブカフェの詳細はこちらまで→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| アサーティブトレーニング | - |

スポンサーサイト

【2020.09.23 Wednesday 15:32
author : スポンサードリンク
| - | - |


谷澤 久美子
counselor