そのままのあなたで、今できることをやっていこう! | 今のところではありますが…
<< 一言でまとめてみる | main | 落としどころ >>
そのままのあなたで、今できることをやっていこう!

【2020.07.20 Monday 08:19

7月18日に開催した講座

「相談しがいのある人になるために

 〜アサーティブに聴く〜」

に参加された皆様の

フィードバックシートに書かれた

感想です。(シェアOKの感想です)

 

相談にきてくださった方が

「このままの自分でまあまあいいか、

 ま、この自分で今できること

 やってみるか」

と思ってくださるといいなあ!

と日頃から考えていて、

そこを目指して、

どう聞くか・・・

という講座でした。

「このままの自分でまあまあいいか、

 ま、この自分で今できること

 やってみるか」

という考えを、

この日の参加者の方にも

持ってもらえるといいな

と思ってました。

それが伝わったようで

よかったです。

 

✔︎自分を大切に、相手を大切に。

 そのマインドとスキルを教えてくださる

 アサーティブに感謝しています。

 自分の思いだけでは、

 どうにもならないことも多く…。
 今日の学習では、

 思い(考え)と感情の違いを知り、

 (そのことで、これまで)

 心の底に引っかかっている感情まで

 手が届いていなかったのを知りました。

 相手のことを理解したいと接し、

 膠着してしまう状況に陥ってしまっても、

 一歩関係性を深められそうだと感じました。

 そして、私自身が目一杯な時、

 気が付きにくいのですが、

 それはそれでいいし、そんな時、

 心許せる人に話を聞いてもらうことで

 心が休まるというのも、

 対処法として有効だと聞き、

 改めて、友人に感謝の気持が湧きました。

 (ながちゃん)

 

✔︎今までは、ただただ聞くことに

 徹していたのですが…

 今日の話で相手の話を

 今度はこちらが

 内容整理するのもいいとわかりました◎(m)

 

✔︎この研修を通じて私に(おそらく他の参加者にも)

 びしびし伝わってきたことは下記のとおりです。
 ー分の気持ちや相手の気持ちに気づくこと、

 わかること、わかろうとすることって

 コミュニケーションにとって、

 (そして問題解決にもメンタルヘルスにも)

 本当に大切なんだな、ということ。
 気持ちを含めてありのままの自分を

 認めていいんだな、ということ。

 ・限られた時間の中で何をどうやって伝えようか、

 ということは相当苦心されたと思いますが、

 講師のエピソードを交えてのお話で

 (自分の心を動かしたエピソードってやっぱりいいですね)、

 大切な部分が伝わり、参加の皆さんも

 自分にOKを出すことができたんじゃないかな、

 と思います。

 (t)

 

✔︎以前個人レッスンをして頂いた時は

 オロロだったのですが、

 今回状況も変わってドッカンになって

 今セミナー参加です。

 初心を忘れずにどんな状況になっても

 自分と相手を尊重していきたいなと思います。

 あれもこれもやらなきゃいけない、

 伝えなきゃいけない、

 でも出来ない自分に自己嫌悪でしたが、

 今の自分に丸をあげたいと思いました。

 (まっさらー)

 

 

✔︎感情を言語化することの大切さを

 改めて感じました。
 感情を言語化し、共感してもらえると

 その次の行動にうつることが出来る‥
 なので、心がけ、意識して

 子どもたちの感情を言語化したいです。
 援助職をしていると、

 時々、私の気持ちや感情も聴いて欲しい、

 でないと人の話を聴くって出来ないよ、

 と思っていたので
 聴けない時は聴けない私はダメ、

 ではなくて、

 聴けない→じゃあ、私の気持ちを誰かに聴いてもらおう、

 で、自分のケアもしたいと思います。
 休日に学ぼうと行動した
 自分にお疲れ様‼︎
 学びの時間を
 ありがとうございました。(ひろ)

 

✔︎感情を言葉にすることの重要性を

 改めて感じました。

 私も「悔しいね」って

 共感してもらえた瞬間に

 涙したことが何回もあるからです。

 アサーティブに聴くことは

 自分も相手も大切にすること。

 自分の感情に気付くと

 モヤモヤがラクになって

 前に進めるんだってことがわかり

 嬉しかったです。

 あなたのままでいいんだよ

 ってスタンスで

 いつも話を聞いてあげられる人に

 なりたいです。(k)

 

 

✔︎きょうは、ものすごく濃い内容を

 ありがとうございました。
 ・内容以前に、講師の自己開示がすごくって、

 だからこそすべてに

 真実味が増していったように思います。

 上っ面じゃない、きれいごとじゃない、

 真剣にやっているんだと

 気迫すら感じました。

 それが、受講者としてとても嬉しかった。

 相手と真剣にむきあっていく、

 その姿勢を講座全体からしっかり受け取りました!

 ・感情と考えを切り分け、

 感情が自分でわかるとそこで初めて動き出せる。

 これは仕事の現場でよく見かける光景で、

 すんなりと理解できました。
 ・あえてのクローズドクエスチョンの使い方、

 めちゃくちゃ納得です。

 オープンでずっと聞いていても、

 むなしい時間が過ぎていくだけのケースあります。
 意識して使ってみます。

 ・ブログを拝読して、もうかなりの年月です。

 ようやく講師にお会いすることができました。

 コロナは本当に厳しい現実を

 私たちに突きつけてきますが、

 こんな風によいコトも連れてきました。

 ZOOM講座、本当に充実の内容でした。

 ・最後にひとつだけ。老眼のせいも多分にありますが、

 資料のPDFの文字が小さくて読みにくく、

 そこだけが残念でした。

 スタッフのみなさん、

 充実の学びの機会をありがとうございました。

 「どうしてもできないときは、

 あなたが聴いてもらったほうがいい」の言葉、

 忘れられません。またお会いできますよう。

 (とこちゃん)

 

✔︎傾聴 共感の言葉はよく耳にしますが、

 このように分かりやすく丁寧に説明
 いただけたことに、感謝しています。
 {共感とは、相手の感情を汲み取り、

 言葉で言い表して、そっと差し出すこと}
 語彙力を増やし実践する力をつけたいと思います。

 この講座を開いてくださり、

 初めてのズームにも丁寧に教えてくださったこと
 感謝しかありません。
「そのままのあなたがOK 

 そのままのあなたでいまできることをやろう」

 私の背中を押してくださいました。
 これからもよろしくお願いいたします。
 ありがとうございました。(e)

 

✔︎相手の感情を言葉にして伝える練習を

 日々の中で意識していこうと思います。
 そのままの相手と自分でオッケー!

 自分を大切にしようと改めて思えてラッキー!
 zoom講座初体験でしたが

 楽しく勉強できました。

 ありがとうございました。(s)

 

✔︎気持ちを言葉にして共有することで、

 相手にも共感を伝えやすいと知りました。

 今後に活かしていきたいです。

 講師の説明が大好きです。

 今日、参加して良かったです。(マイミ)

 

✔︎スタッフのみなさんありがとうございました。
 やっぱりまだまだだなぁ…と感じました。

 今回特に、私自身感情と思いの境目が

 わかったようでスパッと区別がつきづらい

 ということがわかり、

 最後の感想のところでその話をしたら、

 他の方も、私も同じですよ。

 と言ってくださって、ホッとしました。
 この会に参加される方はみなさんとても優しくて、

 誰かの力になろうと思っている方だと思うので

 安心していいんだとあらためて感じ、

 またみなさんたちと継続して学んでいきたい

 と思いました。
 毎回パワーアップしていくzoomのスキル(アンケート等)に

 感動するのと、失敗談や、

 うまくいかなくて

 「悔しい」と言ってくださるところが、

 生のお手本だと思いました。
 参加して本当によかったです。

 繰り返しやっていくことが大事ですね。

 次回もまた参加させてください。

 ありがとうございました。(y)

 

✔︎感情を言葉にする。

 心に残っています。

 まずは、自分の感情を言葉にして、

 自分に向き合うこと。

 聞いてもらうこと。

 周りの人との関係性の中で、

 できる人に1回でも少しずつ、

 やっていきたいと思います。

 (うみちゃん)

 

✔︎共感する大切さ、

 感情を言語化することを教えていただき、

 わたしは自分の感情を理解するのが

 本当苦手だなぁと改めて感じました。

 振り返れば、

 人の気持ちばかりを考えていたこども時代。

 そのうちに、

 自分の気持ちが分からなくなりました。

 モヤモヤしても抑えてしまい、

 オロロになったり、

 家では抑えられずドッカンしたり。。
 でも、どんな時でも

 自分は自分の味方でいたいなぁと思い始め

 受講したアサーティブです。

 まだ訓練中ですが、

 今の自分そのままでOKと言っていただき、

 とても心が暖かくなりました。

 まずは自分の感情を言語化し、

 自分の本当の気持ちを

 わかってあげることから

 やっていきたいと思います。

 リモートでの受講も勉強になりました。

 楽しかったです。ありがとうございました。(n)

 

✔︎今回は初めてのzoomという受講方法でしたが、

 レジュメを画面で映しながらだったので、

 重要な部分は言葉だけではなく

 視覚でも認識できたので、

 理解しやすかったし、

 重要なポイントがわかりました。
 アサーティブに聴くことで

 相手の気持ちや考えを具体化することによって

 相手を救うことにも繋がると知り、

 アサーティブを選択しない時も

 あってもいいと思っていましたが、

 聴くことに関しては

 アサーティブに聴くことを

 選択してやっていきたいと思いました。(y)

 

✔︎今回の講座で、

 今までとは違う共感の意味を

 知ることができました。

 職場である人に相談した時、

 「私達は言われたことを

 やればいい立場ですから

 (悩まずやりましょう)」

 と言われた時の虚しさ、、。

 私は某所で相談の仕事をしていますが、

 相手の方にこういう思いを

 させていないか?

 失望させていないか?

 講座終了後ずっと考えています。

 講座で出てきたメンタルヘルス、

 今あまり良くないので、

 私自身がどこかで

 話を聞いてもらう必要性を感じました。

 (n)

 

✔︎2時間盛りだくさんな内容なのに

 ゆったり聞けました。

 冒頭で

 自粛生活を労う言葉をかけていただき

 涙が出そうでした。

 アサーティブな伝え方は

 すぐに家庭で使えます。

 私が使うことで、

 長い目でみて子どもたちにも

 自然に身につくと期待しています。

 聞き方についても、

 相手の方に

 寄り添って聞いていることを

 気持ちだけでなく、

 言葉や話し方で

 もっと寄り添いたい気持ちが

 伝わるのであれば、

 それは絶対にやった方がいいと思いました。

 頭で考えずにできるようになることが

 目標です。

 これからはよりハートオープンで

 人と関わっていきたいとも思いました。

 (s)

 

✔︎相手の感情を「言葉」にしてあげる。
 自分なりの「共感」を

 相手に差し出して良いということが

 印象に残りました。
 思い返せば、私自身が相談した時に、

 感情に言葉で寄り添ってもらえたときは、

 なんとも言えない安心感に包まれました。
 今度は、私がそれを渡したいと思います。(u)

 

✔︎アサーティブを学んで

 10年くらいになりますが、

 アサーティブは私の仕事に

 大変価値ある学びだと思っています。

 今回の講座は、

 今までを見直し総復習ができて

 安心した気持ちにさせられました。

 が、「オロロからのドッカン」を

 時々やってしまうので、

 小出しにアサーティブしていきたいと

 思うのです。

 最近、「要望・提案」の部分が

 自分で物足りなく、

 相談してくださっている方々に

 申し訳ないなあと思っていました。

 このスキルを高めたいので、

 何か方法がありましたら、

 教えていただきたいです。
 また、オンラインの講座も十分

 私は良いと思っています。

 会場まで出かけるまでの時間や

 遠い場所だとしても

 講座が受けられるメリットがあります。

 ホストやスタッフは大変だと思いますが。

 講師が時々、

 操作に手間取ってあせっていらっしゃる姿に

 誠実さが感じられて、共感できました。

 スタッフの皆さん

 良い時間を作るために

 ご尽力くださりありがとうございます。

 (まーみん)

 

✔︎とても良い時間を

 ありがとうございました。
 短い時間でしたが、

 自分のコミュニケーションの癖を思い出した、

 とても有意義な時間を過ごすことができました。
 私は、アサーティブのスキルばかりに

 意識がいってしまっており、

 マインド・相手と向き合う姿勢に

 意識がいっていなかった事に、

 ハッとしました。
 中でも、4つの柱である「対等」のところ…。
 講座に何度も通わせていただきながら、

 なかなか上手く出来なかったのですが、

 実際の場面では、

 スキルばかりに意識が向いていたので、
 マインドの部分との

 バランスが取れていなかったから、

 なかなか上手くできなかったんだ!

 と改めて思いました。
 私は、どうしても苦手な同僚がいて、

 ずっとこの方をテーマに

 ロープレで取り組んできましたが、

 実際の場面になると

 中々上手くいかないことがとても多く、

 「あの人に言っても、

 後から何か言われるだけだし、

 言うのをやめとこう」と考えてしまい、

 言うことをしませんでした。
 そう思うことが「相手を下に見ていることかも」

 と言う講師の言葉に「はっ」としました。

 そんなつもりは一切なかったけど、

 立場は違っても

 人として尊重していなかったんだな、と。

 私が苦手な人のことを

 同じように苦手と感じる人からも

 相談を受けていましたが、

 自分が上手く対処できていないので、

 上手くいくはずがなく、

 相談を聴くだけになっていました。
 自分とは価値観が同じ人はいないと

 理解していても、

 言葉や態度で

 アサーティブに表現することの難しさを

 改めて思いました。
 これは日々の訓練、

 講師の言葉のように、

 独り言でもいいので、

 一人芝居をして

 練習してみようと思います。
 そして信頼できる相談者になるためには、

 まずは自分が

 アサーティブの基本に立ち返り、

 どんな状況でも

 アサーティブな伝え方が

 できるようになることで、
 アサーティブに聴くことが

 できるようになる。

 何もかも一度に全部できることではなく、

 少しずつでもいいから

 進歩していけるようにしていこうと

 思いました。
 とにかく実践することが大事であり、

 日々、基本を忘れないことを大切に

 意識して過ごしていこうと改めて思いました。
 短い時間の中でしたが、

 本当に良い気づきをくださいまして、

 本当にありがとうございました。
 明日から、

 自分のマインド・相手と向き合う姿勢に

 少し意識を向け、

 誰とでも「対等」に

 できるようにしていきたいと思います。(a)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

皆様

ご参加ありがとうございました。

31名の方が全員、

入室いただけたことに

ほっとしながらスタートしました。

そして

フィードバックシートを提出いただき、

それぞれの方が、

その方が今必要なことを

受け取ってくださったことに

安心しております。

 

皆様の「聴く」ことへの

関心の高さを伺い、

秋に、

「事実(問題)・感情・要望(提案)」

を引き出す質問力をつける

講座を開催したいと思ってます。

こうご期待!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

種が見えない切り方、成功!

 

 

author : tanizawa-k
| アサーティブトレーニング | - |

スポンサーサイト

【2020.08.06 Thursday 08:19
author : スポンサードリンク
| - | - |


谷澤 久美子
counselor