可動域 | 今のところではありますが…
<< 6月のギャップ。 | main | 「捉え方」にひと工夫。 >>
可動域

【2020.06.05 Friday 15:06

4月の終わり、

知人とのオンラインでのやり取りの中で、

彼女は

「揺さぶられる人生よ」と書いていた。

 

covid-19の影響で

意欲的に取組んでいた仕事のオファーが

なくなったとのことで、

彼女は「揺さぶら」れていた。

対面型の研修が全てなくなった私は、

彼女の言葉の意味がよくわかった。

 

しかし彼女が凄いのは、

もうそのときすでに異業種で働いていて、

つまり困惑にとどまっていたわけではなく、

だから私は、

「揺さぶられる人生!本当です。

 どうせ揺さぶられるなら

 可動範囲を広げませう」

と書けた。

 

今になって、

「揺さぶられる」という言葉で、

私に刺激を与えてくれたことを、

心から感謝したくなっている。

 

その言葉を見たとき、

私がイメージしたのは

振り子だった。

 

彼女が

「振り回される」

という言葉を使ったら、

おそらく

台風をイメージしただろう。

 

台風をイメージしたら、

激しい風の中で、

拳をぐっと握り、

唇を噛み締めて、

吹き飛ばされないように

大地を踏みしめて

耐えている自分を

イメージしたと思う。

 

何としてもそこにとどまるイメージだ。

 

しかし、

「揺さぶられる」

で「振り子」ときたので、

右に左に振られながら

だんだんと可動域が広がっていくイメージが持て、

なんとなく、

この中でできることを増やしていこう

というようなイメージを

持つことができたんだと思う。

 

 

ビュンビュン

揺さぶられて、

オンラインで できることを増やしてきた今、

それはそれでよかったけれど、

今度は、

揺さぶられるのではなく、

違う方向に

自分を揺さぶってやりたいと考える。

 

2つの視点で揺さぶり方を考えてみる。

 

 

仝修や講座の講師としての自分を揺さぶる。

 

これからは、

研修や講座などで

情報を伝える時には

オンラインと対面を使い分けろ!自分。

 

お相手により届く方法は

どちらか一方の方法なのか?

それとも両方駆使するのか?

選びながらやるのだ。

 

固執しないぞ、現状に。

 

 

 

⊂霾鵑亮け手としての自分を揺さぶる。

 

移動時間がなくなったことの

手当をしろ!自分。

 

移動の中で持てていたのは、

自分の選択しない情報に曝される時間。

 

駅で目にする広告や、

人々が並んでいる先の何かや、

どんな服を着ている人が多くて、

親切な行いや、

逆にやさぐれた言動や、

とにかく、

検索して探した情報ではない、

特に必要ではないけれど、

頭の中に何となく入ってきて

通りすぎていくような

見聞きすること。

 

これが圧倒的になくなったことは、

気にしておくのだ。

 

自分の好みで、

自分の欲しい、

自分の考えや方法を正当化するような

情報ばかりでないものをも取り入れることを

意識しておかんとまずいぞ。

 

アマゾンで目的を持って探して買う本だけではなく、

たまに本屋に行った時に

「これだ!」と出会う本があるもんね。

 

左右縦横前後、揺さぶれ、自分を!

 

 

 

 

 

その上で、

この間

再認識した

リアルな場での大切な瞬間を

書き留めておきたい。

 

幸いなことに、

私の仕事の一つ、

学校での活動では、

新しい日常のやり方とはいえ

大分通常の仕事となっている。

 

ケース会議の中で

だまりこむ担任の表情で困り感がわかり、

すれ違った時のソーシャルワーカーさんとの挨拶で、

後でちょっとだけ話したいことがあるとわかり、

しかもそれが

あまりポジティブな情報ではないことも察して、

心の準備をしたり、

カウンセリングルームの少し開けた隙間から

主任の先生が「今いい?」と入ってきてくれたり、

「はい、疲れたでしょ。チョコどうぞ」ともらったり、

机の上の走り書きのメモの文字を見て、

忙しい中で書いてくれたんだなとわかったりする。

 

 

with コロナの中で

少しずつ戻ってきてるそういう瞬間を、

流さないで

きちんと味わいつつ

意識していこう。

 

そういうことが失われることもあるって

経験してしまったんだものね。

 

 

 

揺さぶられて、

揺さぶって、

ちょっとずつやっていくんだ、これからも。

 

 

 

 

 

(久しびりにリアル本屋さんで購入)

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| 日常 | - |

スポンサーサイト

【2020.07.07 Tuesday 15:06
author : スポンサードリンク
| - | - |


谷澤 久美子
counselor