じゃない方の悩み | 今のところではありますが…
<< まだまだぬるい。 | main | はじめまして!は今のところリアルで。 >>
じゃない方の悩み

【2020.04.13 Monday 09:28

3月のある日、

リアルに集合の研修が、

オンラインでの研修になった日の朝、

covid-19に関連のないことで

ショックな出来後があった。

私はそれを引きずったまま研修に参加した。

 

信頼できる仲間たちだけの研修で、

まずは「最近どう?」的な話からスタート。

 

私はそのショックな出来事について話した。

みんなはオンラインごしに、

しっかり聞いてくれた。

でも、

話しながら、

私は心のどこかで、

今この時期に開催する研修で、

covid-19とは全く関係のないことについて話すことが、

なんだか申し訳ないような気持ちになっていた。

私以外のみんなは、

「最近どう?」にcovid-19を絡めて話している。

 

研修に参加されたみんなは、

誰もそんなことは考えてなかったと思うけど、

私は、

批判の矢印を

心の中で

自分に向けた。

「こんな非常時に、

 自分のショックな出来事について

 シェアするなんて

 なんてダメなやつなんだ」

 

その日の研修はとても有意義で、

実際は、

その「罪悪感」について考えたのも

ほんの一瞬だったけど、

そのあと、

このことを思い出して、

今、covid-19関連じゃないことで

悩みや困惑を抱えているけれど、

そのことに対する罪悪感のようなもので

自分を責めている人が結構いるかもな・・・

と考えた。

 

そして、自分に言い聞かすように

「これだけのことが起こっているけれど、

 生きているんだもん、

 他のことで悩んでいい!」

と大きな声で言いたくなった。

 

 

特に今は年度のスタート時期。

異動があって、

 まだ新しい環境にまったく慣れていない

 なんて方もいると思う。

 どこに何があるか、

 誰かに質問しないとならないとか、

 お昼のタイミングをどうしようかとか、

 チーム内の人間関係はどうなっているかとか、

 日々、少しずつであっても

 気をつかっていることが

 つもりつもると

 結構な疲れとなって

 心身に影響が出ている人もいると思う。

新しい管理職が異動されてきて、

 その方がどいう考え方、

 どういう表現方法を使われるのか、

 わからないからこそ、

 気を使われて、

 ヘトヘトの方もいると思う。

 

また、

もともと家族や親戚や仕事先での

人間関係で何か困っている方は、

緊急事態だからって、

急に「絆」って訳にもいかず、

これまでと変わらずに

ご苦労されていると思う。

 

ご自分の病気や家族の病気に

 苦しんでらっしゃる方もいると思う。

 

恋の悩みもあれば、

勉強についての悩みもある。

 

 

新聞には、

 事件や事故の記事が掲載されている。

 ってことは、被害にあわれた方や、

 そのご家族がいて、

 加害者の家族だって苦しいと思う。

 

他にも

まだまだいろいろの

covid-19関連じゃないことで

心を痛めたり、

困ってらしたり、

悩んだりされている方が、

「あ〜しんどい」

「本当にショックだ」

「腹が立つ」

「辛い」

「さみしい」

など、

湧いてくる感情を

ちゃんと持っていいと知っててほしいし、

私のように、

瞬間忘れて自分を責めたとしても、

「あっそうだ、責めなくても

 いいんだっけ」

と考えてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

もちろんcovid-19関連の困り事も

 たくさんある。

 感染したら・・・という不安や、

 経済的な心配や、

 集団で集まれないことで

  諦めたことはいろいろあるだろうし、

 強力「stay home」実践中の方もしんどいし、
 こういう中仕事に出かけないとならない方も
 しんどい。

 それはそう。

 

ただ、そうじゃないことでの悩みも、

 自分に制限しなくていいって、

 ちゃんと言語化しとかないと、

 緊急時って、

 上記の私のように、

 「そうじゃない悩みを持つのはダメなこと」

 の考えになりやすいから、

書いときました。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下、

休刊になった

全国教職員組合発行「JTU]の5月号向けに

書いたものの中の一部。

(教職員じゃなくても、当てはまると思う)

 

● covid-19の影響があまりに強く大きく、

 それ以外のことで困ったり、悩んだりすることを、

 自分に許さない方がいるかもしれません。

 しかし、人間の生活には、

 いろいろなことが起こるもの。

 病気や仕事上のこと、人間関係、

 その時々の悩みや困惑を

 ないものとしなくていいのです。

 
● 誰かと比べなくていいです。

 (最前線で戦っている医療関係者と比べれば、

 こんなの大したことない)とか、

 (副担なんだから担任より余裕あるはず)とか、

 誰かと比べる癖がある方は、

 そのことを自覚して、

 始まったらストップかけましょう。

 「あ〜しんど」ってつぶやいてOKです。


● 「不安」という感情は、

 抑えれば大きくなるし、

 あおっても大きくなります。

 誰かに話すなら一度しっかり聴いてもらい、

 その後はリラックスする方法を使ってみましょう。


● 誰かの話を聴いてあげるのはいいこと。

 でも、常に聴いてあげないとならない

 ということはありません。

 相手を思うのならば、

 自分が安定している時に聴いてあげましょう。


● 自分に優しくする方法を使いましょう。

 (学年で、お互いのストレス解消法を

 シェアしあうと、「おっ、それいい!真似しよう」

 なんてことがみつかるかも)


 ・・・いろいろあるけど

 とにかく

 今を、

 今日を、

 休業時期を

 乗りきりましょうね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

今日のカルクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| 日常 | - |

スポンサーサイト

【2020.06.05 Friday 09:28
author : スポンサードリンク
| - | - |


谷澤 久美子
counselor