まだまだぬるい。 | 今のところではありますが…
<< 感染予防生活中の発見や確認。 | main | じゃない方の悩み >>
まだまだぬるい。

【2020.04.10 Friday 09:16

4月に入ってから、

もし自分が感染していたら、

感染経路が正確にわかるように、

その日の行動のメモを手帳にしている。

 

これまでとは明らかに違う。

買い物も以前は仕事帰りに

ほぼ毎日のように行っていたが、

今は、5日分くらいのメニューを決めて

買い出しに行くようになってはいる。

春休みなど長い休みは、

図書館やスタバで読書することも

多かったが、

今年は家で読んだ。

 

それでも、夜、手帳に

1日を振り返ってメモするときに、

結構外出してるなあと考える。

 

昨日も美容院に

「これは早急な対処が必要じゃ!」と

言い聞かせ、白髪染めに行った。

オーナーは

「もしかするとこれから、

 お休みさせていただくかも。

 お客さまと従業員を守らないと

 ならないので。

 その場合は連絡させていただきますね」

と。

そうなんだなあ。

こりゃ、

夫に染めてもらう日もありかもな。

(私、めちゃ不器用なもので)

 

で、

正直、静岡は、

多分、ちょっとぬるいと思う。

いや、「静岡」のせいにしちゃダメ。

私が、こんな感じでぬるい。

 

メモをしながら

あ〜まだまだ減らせるなあ、

そう考え、

急に、

東京大阪始め7都市プラス愛知県の方の

積極的に自粛をしてくれている方へ

ありがとう!と

叫びたいような気持ちになった。

 

ありがとう!!!!!

ありがとう!!!!!

ありがとう!!!!!

 

SNSで繋がっている友だちは、

リモートで仕事をする中で、

朝早い散歩を始めたらしい。

居酒屋を経営する友だちは

夜の営業はやめ、

昼にテイクアウトのみ扱うらしい。

先輩の勤める百貨店は休業になり

ご自宅にいらっしゃる様子。

私が属するアサーティブジャパンも

事務局はリモートで仕事。

毎年5月に開催する総会のために

話し合わないとならないことは

いっぱいあると想像するが、

それをオンラインで

やってくれているんだな。

 

感染拡大地域に

たまたま住んで

仕事しているってことだけで

いろいろ制限して、

やりたいことを諦めて、

やるべきことを工夫してくれている方々がいる。

 

その方々は

会社からの指示でってことも

あるかもしれないけれど、

多分多くの方は、

「自分を守るし、

 自分を媒介させない」と

「人として正しい行動」を

自分で決めてやってくれていると思う。

 

 

 

15年くらい前、

ある学校の職員研修で

アサーティブを伝えた時のこと。

人権の話をした。

「私たち全員に、

 感じて、考えて、決めて、表現する

 権利があります。

 私たち全員、

 つまり、自分にあるんです」

のような説明をすると、

当時多分50代後半の一人の教員が

「『自分にある』と考えるのが難しい。

 でも『隣の人にある』とか

 『子どもたち全員にある』とか

 そう考えることはできる。

 自分の理解は、

 『自分にある』より

 『あなたにある』

 その方がしっくりくる」

と話してくれた。

私は、

(この方は、

 自分の権利など一ミリも考えず、

 他者、特に子どものため、

 その向こうにいてくれる保護者のために、

 責任を全うしてこられたんだなあ)

と考え、話してくれたことに感謝した後、

「そうなんです。隣の人にあり、

 子どもたち全員にあり、

 そして、あなたにもあるんですよねえ」

的に受けた覚えがある。

 

その時に、

日本人の中には、

この方のように考える方は多いかもと考えた。

っていうか、私もどちらかというと、

アサーティブで人権を深めて考えるまで

そうだったと思う。

その元を

農耕民族まで遡って考えた方がいいかどうかは

わからない。

でもとにかく、

「自分<周り」と考える方は多い。

 

今回自粛されている方は、

自分を守るためというよりは

「自分<周り」で、

「それが今、

 社会の中で生きる人間として

 正しい行動だから」

と考えてされている方も多いのではないか。

 

なんか、そのことが、

すごくすごくありがたい。

 

 

もう世界中繋がっているから、

自分の人権(今回は「生きる権利」)を守ることは、

それが地域に住む方の人権を守り、

日本に住む人の人権を守り、

世界に住む人の人権も守る。

 

 

そんな中で、

本当は人と会うのを8割減らすべきだけど、

組織からの命令や、

家族の生活を守らねばならなくて、

バスや電車に乗りながら、

ものすごく心を痛めている人のことも考える。

やっぱりしんどいよなあ。

葛藤な毎日だろうなあ。

 

 

 

もちろん、

医療従事者の方や、

検査を担ってくださっている方々は、

ヒーローだけど、

やりたいことを諦めたり、

やるべきことを工夫してくれている方々にも、

葛藤しながら生活されている方にも、

やっぱり頭がさがる。

 

 

 

 

そんなこと考えたら、

すごく心が温かくなって、

これでいいか・・・的な感じになってきて、

やばいやばい、

ダメなことはきちんとダメということも大事だと、

「マスク全戸2枚配布分のお金を

 他に使って欲しい旨」は

政治家に伝えなくては!と

身を引き締める朝。

 

 

 

 

満席になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お知らせ

<オンラインで

 アサーティブ・カフェ>

 

アサーティブトレーニング基礎編

(谷澤相談室またはアサーティブジャパン主催)に

参加したことがある方にお知らせです。

 

ZOOMを使って、

アサーティブについて

おしゃべりする会を開催します。

 

人と会って話すってことに

制限かけている今、

オンラインではあっても、

顔を見ながら話せることは

案外いけます。

 

 

・5月9日(土)午前10時〜12時

・10名(と考えていますが、最大12名まで可)

・無料

 

お申し込みはEメールでお願いします。

kumikotanizawa@gmail.com

 

 

 

 

 

こんな時ですが

昨日は結婚記念日。

31年ですなあ。

お互い、がんばりました!

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| 日常 | - |

スポンサーサイト

【2020.06.05 Friday 09:16
author : スポンサードリンク
| - | - |


谷澤 久美子
counselor