イラッとスイッチ、入りやすいぞ。 | 今のところではありますが…
<< 小説三昧プラスα | main | 感染予防生活中の発見や確認。 >>
イラッとスイッチ、入りやすいぞ。

【2020.04.02 Thursday 10:21

銀行で

反応が鈍くなったキャッシュカードの

対処を依頼した。

「お待ちください」

とのことだったので、

読書を始めるとすぐに、

「10番の番号札の方」

と呼ばれた。

カウンターに行くと、

担当してくれた女性ではなく

男性が何やら説明を始め、

聞いていると

「目的別のローンを組むと、

 金利が安いのでお得」

という営業のようだった。

「せっかく説明してもらったんだけど、

 今のところ、車もリフォームも

 全く考えてないから、

 必要ないんです。ごめんなさいね」

と言うと、

「あっそうですか。

 ではまた、

 必要になられた時に、

 いつでもおっしゃってください」

と言って、

彼は後ろのデスクに戻って行った。

すぐに

キャッシュカードの状態を見てくれていた

女性がやってきて、

本題の方の説明をしてくれた。

 

対処して、

車に戻り、

仕事に向かいながら、

何だか、

腹がたってきた。

 

あれ?

さっきって、

大事な読書の時間を、

断りもしないで、

奪われたんだなあ。

なんか、やり方汚いな。

特に私にとって必要な情報じゃないし、

でも必要だったとしても、

「こうこうこういう説明したいですが、

 今いいですか?」と聞いて欲しいよ。

もう!腹たつ。

 

と考えて、

その瞬間、

(私、疲れてるかも・・・)

と思った。

 

 

 

同じ出来事があったとしても、

普段なら、

その場で自分の苛立ちに気づいて、

一旦腹は立つが、

(ま、向こうも仕事だし、

 仕方ないか)

で終了、、、

だったかもしれない。

 

昨日は、

その場で自分を観察、認知することが

弱まってた感じで、

そのため

後まで引きずったのかな・・・

 

〜〜〜それで、気付いたんだ、

自分の疲れ(ストレス)に。

 

 

こんなに家に居られる時間が

たっぷりある時ってないから、

読みたい本を読んで、

お料理して、

部屋片付けて、

資料をまとめて、

新しいプログラム作って・・・

なんては頭で考えていても、

ちゃんと、負担は来ているなあ。

 

 

自分のストレスに気付くには、

 

身体はどうか、

 (疲れやすい・食欲不振・眠れない

  便秘・下痢・胃の不快感・めまい

  など)

心理面はどうか、

 (怒りっぽい・不安が続く・

  憂鬱・不機嫌・やる気なし

  など)

行動はどうか、

 (お酒の量が増える・食べ過ぎ・

  ミスが増える・暴言・暴力、

  など)

 

など、

いつもとちょっと違う自分を意識した時に、

キャッチできることがある。

 

そしたら、

ちゃんと

「あ〜自分は今、ストレスを感じている」

とキャッチできるといいなあ。

 

 

 

多かれ少なかれ、

ストレスが溜まってきてるじゃないか?

みんな。

「NYやパリなど封鎖されてる街を

 思えば、自粛疲れなんて言ってられない」

という考えがあるの分かるけど、

それでも、やっぱり、

正直、大変だよ。

 

終わりが見えない中、

やりたいことができなかったり、

計画していたことがやめになったり、

したくないことをせねばならなかったり、

これはなかなか、しんどいことだよ。

 

まして、

初めての経験だから、

これからのことを、

どうなるか予測し、判断し、決定しなくてはならない。

昨年通りに・・・と行かないことが多い。

決断していく、その責任が重くって、

なんだか肩がバキバキに凝っている。

 

さらに、

こういう時だからこそ、

安心できる人と、

話したり、食べたり、笑いあったりしたいし、

こういう時だからこそ、

思いっきり体を動かしたりしたけど、

それも、

感染拡大をストップするため「stay home 」だ!

 

あ〜きつい。

 

 

ま、

だからこそ、

自分のストレスと

上手に付き合っていくことを

やっていきたいよな。

 

 

試したいこと

✔「なんで、こんなことが起こったんだ!」

  と問いかけても、無駄だ。

  犯人探しの不毛なスパイラルに陥るだけ。

  「自分は今不安であり、

   肉体的にはしんどい」という、

  自分の状態は認めつつ、

  「現状に対し、どういう態度をとるか」

  をトライするという考え方を採択してみよう。

 

✔四六時中情報に浸らない

  →常に情報に触れ、常に「不安」と

  という感情を持ち続けるのは、

  リスキー。

  「不安」は、表現しすぎると

  相手や自分を巻き込み、

  次を呼んだり、大きくしたりする。

  →自分が信用できる情報元を決めよう

  (私は「スマートニュース」「山中教授」)

 

✔講師としての仕事の延期や中止のメールの返信で

 プラスアルファ、余分なことだけど、書く。

 力いっぱい考えて書く。

  「決めるのも、大変だったと思います」とか

  「お疲れではないですか?」

  など、その方に向けてのメッセージ。

 

✔自分に優しくする時間を持つ

 ・小説を読む。次は「結婚の奴」。 

 ・アマゾンプライムで、

 「THIS IS US」のシーズン2が

  無料になったので、見る。  

 ・2月〜3月はまり続けた

  アメリかのドラマ「THE OC」。

  終了シーズン4まで見おわった。

   (ゲームをやめられない、

   子どもの気持ちがわかった)

  その主人公のその後を考える

 ・マスクに一滴アロマオイルを垂らす

 ・犬の散歩、いつもより、少し長く 

 ・夜か昼、炭水化物を抜くため、

   ネットや料理本を見ながら

   メニューを決める

 ・ナイキのスニーカーのカスタマイズを、

   あれやこれや、いろいろ試す 

 ・いろんな種類のお茶を試す

 ・ぼ〜っと、好きな洋服のHPを

   ただただダラダラ見る

 ・服を決める時、

   縛りをつけて決める。

  (今日は「古い服を一つ入れる」で

   6年前に買ったシャツを着てみた。

   「白を中心」「ガラ物」などその日に

   自分でわざわざ縛る)

 

   

✔仕事の準備も進めてみる

 ・仕事のための本を読む。
   今「子どもがしあわせになる言葉」
   次は「日常診療に蹴る成人発達障害の支援
    10分間で何ができるか」

 ・ZOOMでミーティングの
   ホストになる練習をする

 ・新しいプログラム(小中学生むき)
   をロゴセラピーをもとに考える

 

 

 

ま、何とか工夫しながら、乗りきりませう。

 

 

 

さ、私は今日が勤務始め。

生徒指導の会議で、

カウンセラーの立場から

お話ししてくる。

 

 

 

水筒と、アロマオイルを持って、

行ってきま〜す。

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| 日常 | - |

スポンサーサイト

【2020.06.05 Friday 10:21
author : スポンサードリンク
| - | - |


谷澤 久美子
counselor