可能性は練習の先に。 | 今のところではありますが…
<< 継続もできるし。 | main | 不寛容の背景 >>
可能性は練習の先に。

【2019.12.15 Sunday 15:10

今年も

アサーティブを伝える機会をいただいた。

12月中に

あと2件。

1件は、

「アサーティブ・カフェ」

もう1件は、

小学5〜6年生に伝える。

 

 

今年は小・中学生に伝える機会も

いっぱい頂いた。

45分〜50分の授業の中で、

できるだけ楽しく、

できるだけわかりやすく伝えようと

しているけれど、

最終的に心に

何が残って欲しいかというと、

「もし今うまくいってなくても、

 コミュニケーションを

 あきらめなくっていい」

ってことだなあって思う。

今は、

そんな感じで欲張らずに

やっている。

 

 

 

 

 

 

 

話は変わって。

 

 

 

 

 

 

私は、

小さい頃の「私」に

いいたいことがあるんだ。

 

 

 

 あなたはさ、

 これから、

 いろいろ傷つくよ。

 覚悟しときなよ。

 

 でね、

 もっと覚悟しといた方がいいのは、

 ほんと、どうしようもないくらい

 人を傷つけるってことなんだよ。

 

 時々は

 「やっつけてやる!」と

 確信的に傷つけるときもある。

 でもね、やっかいなのは、

 傷つけたくなんて全くないし、

 どちらかというと

 仲良くありたいのに、

 無意識に

 傷つけちゃうこともある

 ってことなんだ。

 

 何気ない一言で。

 良かれと思ったアドバイスで。

 ちょっとした表情で。

 振る舞いで。

 

 

 それでね、

 実はさ、

 これがイタいことなんだけど

 自分が傷つくことよりも、

 傷つけちゃったことの方が 

 最終的には刺さるんだよ。

 小さいトゲでも、

 結構長いこと

 ズキズキするもんなんだよ。

 

 そのことは

 覚悟しといた方がいい。

 

 自分で

 ごまかしても、

 知らんふりしても、

 なかったことにしようとしても、

 「傷つけた」って

 わかってしまったら、

 もう、

 消せないんだ。

 

 

 なんだけどね、

 あなたは、

 これは

 本当にラッキーだったんだけど、

 ある日、

 いい道具を手にするんだ。

 

 「コミュニケーションの技術」

 

 この道具は、

 誰かに何かを頼むときや

 アドバイスするとき、

 お断りをするとき、

 交渉事に

 めちゃくちゃ役立つんだ。

 びっくりするよ。

 それから、

 腹が立ったときや、

 誰かから批判されたときにも、

 この道具があなたを守る。

 

 すごいんだよ。

 役に立つんだよ。

 

 それでね、

 それと同じくらい、

 誰かを傷つけちゃったと

 わかったあとに、

 その人との間を改善することに

 威力を発揮するんだ。

 

 こちらから、

 その人に謝罪したり、

 関係修復や誤解を解くために

 歩み寄ったりすることが、

 あなたは、

 できるようになるんだよ。

 

 謝っても許してもらえなかったら

 もっとひどい事になるとか、

 逆キレされたらどうしようとか、

 もっとイタイ目に

 会いたくないとか、

 いろいろな

 エクスキューズが浮かぶんだけど、

 それでも

 抜きたいトゲには、

 対処の方法があるってだけで、

 あなたの背中は伸びる。

 

 抜けないトゲが

 自分の心に刺さっていることが

 わかっているのに

 そのままにしているしかなかった頃と

 比べると、

 生活は

 格段に変わるよ。

 

 もちろん、

 誰のことも傷つけないで

 生きていかれたら、

 それに越したことはないけど、

 そうもいかない世の中だもの、

 この道具は、

 本当にあなたを支えるんだ。

 

 あなたが手にしたのは

 「アサーティブ」。

 もちろん、

 他の道具でもよかったかもしれない。

 ただね、

 あなたは「アサーティブ」に

 出会う。

 

 道具は、

 まず手にして、

 手にしたら、

 いつでも使えるように、

 磨いておくと、

 本当、いいよ。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

さて、

今年もたくさんの方がアサーティブに

出会ってくださった。

 

 

12月開催した「基礎編」の

フィードバックシートから、

オープンOKをご紹介。

 

◆アサーティブの4つの柱、

「誠実」「率直」「対等」「自己責任」

 が大切なことだと、

 つくづく感じました。

 ロールプレイは難しかったですが、

 その都度アドバイスいただけるので、

 自信につながり、わかりやすかったです。

 飲み物等準備いただき、

 細かい部分まで気を配っていただき

 ありがたかったです。

 優しく分かりやすい説明でした。

           (サスケ)

 

◆自分を知ることができました。

 相手の気持ちを考えず、

 ドッカンばかりの私でした。

 アサーティブを4つの柱、

 12の権利で!と感じました。

 「ノー」ということの題材を

 今回は義母のことを課題としましたが、

 もう少し学びたいです。

 スタッフは、とても温かな言葉かけ、

 「話を聞いてるよ」と体全体で

 受け止めて下さり、返してくださって、

 感謝です。

 引き続き、アサーティブの講座に

 参加していきたいです。

 様々な人と出会えることが

 素敵なことだと思いました。

       (ぶたちゃん)

 

◆自分に対して

 不誠実であったことを

 実感しました。

 ストレスがたまり、怒りがわき、

 他のことでごまかそうとしていた

 原因がわかりました。

 「権利」の説明で分からない部分が

 あります。

 スタッフの笑顔がステキで

 話しやすかったです。

 真剣に聞いていただき、

 ありがとうございました。

 みなさんの誠実さに心打たれました。

 私のロールプレイを見守っていただき

 ありがとうございました。(ナガノ)

 

◆心に残ったことは、

 ロールプレイを皆の前で行ったこと。

 アサーティブを知ることができたこと。

 いろいろな方に出会えたこと。

 (伝える)権利は相手にもある

 ということなどです。

 スタッフは、すごく気遣いされていて、

 不安でいっぱいだったけれど、

 助けられました。

 たくさん笑って、勉強になりました。

 会場も参加する方の顔が見られる

 感じだったので、すごく良かったです。

 この機会にとても感謝しています。

 ありがとうございました。

 生活の中で生かしていきたいです。

           (チビ)

 

 

 

皆さま、

アサーティブに出会ってくれて、

ありがとうございます。

 

どんな道具もそうだけど
使えば使うほど
使いこなせるようになります。

練習の機会
「アサーティブ・カフェ」
ご利用くださいね!

 

 

 

 

 

また、

9月に行った「応用編」の補講

(2日目のみの内容)に

参加された方のオープンokの

フィードバックは以下。

 

◆「言ってこなかった責任を

 とる」という考え方が心に

 残った。

 もっと学びたいことは、

 自分の中で伝えたいことの整理が

 うまくできてないことがあると

 気づいたので、そのことと、

 相手との向き合い方のポイントを

 押さえておきたい。

          (k)

 

◆「自己責任」を取ることは大切ですね。

 今までやってこなかった、言ってこなかった

 ことに対して、相手の方に謝罪をお伝えする

 ことをやってみたいです。

 また、自分の話し方の傾向も

 改めて振り返ることができました。

 回りくどくて、焦点が絞れない話し方だった

 と思います。

 目の前のことしか見えておらず、組織として

 少し俯瞰して見るものの見方や、

 それをどのように伝えるかも学べたので、

 改善していけそうです。頑張ります。

           (N)

 

◆言わないことや、言えないことが、

 今の状況を作ってしまっていることが

 わかりました。

 言うべきことは勇気を持って言わないと

 ならなことが学べました。

 ロールプレイはもっとやりたかったです。

 自分の問題を具体的にやってみることで、

 行動に移せそうな気がしました。

 やればやるほど伝えたいことを

 伝えられるようになると

 思いました。

 繰り返し講座に参加することで、

 アサーティブの理解が深まると思いました。

 同じ講座でも、2度3度と受けてみたい!

 と思いました。  (ネコバス)

 

 

応用講座は年明け早々、

1月25日・26日に開催します。

 

基礎を終えられた方は、

ぜひ参加のご検討を!!!

 

 

 

2020年度は

静岡で

「ステップアップ講座」を企画中。

(応用終了された方に参加いただける)

また

夏と冬に「基礎」もやりますよお。

 

あなたが、

自分を大切にできるように。

相手も大切にできるように。

問題を、対話で解決して

  いかれるように。

 

 

そういう社会を

まずは

あなたから!

 

あなたから

始められます。

 

 

 

 

 

 

 

今年のシュトーレン。

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| アサーティブトレーニング | - |

スポンサーサイト

【2020.01.21 Tuesday 15:10
author : スポンサードリンク
| - | - |


谷澤 久美子
counselor