次々と問いかけてくるよ、人生は。 | 今のところではありますが…
<< 自信を持ちたいとしたら。 | main | 継続もできるし。 >>
次々と問いかけてくるよ、人生は。

【2019.12.01 Sunday 17:21

「苦労が少ない人は

 人生への満足度が低い!?

 『ストレス』は

 幸福な人生に必要不可欠だった」

という記事を見つけた。

 

「逆境体験があまりにも多い人は、

 人生の満足度が低いのですが、

 それと同時に逆境を

 ほとんど経験していない人も、

 同様に満足度が低い

 ということがわかりました。

 加えて、

 逆境をほとんど経験していない人は、

 幸福感が低いうえに、

 健康状態も良くなかったそう。 

 ほどよい逆境、

 つまり適度なストレスに

 さらされている人こそ、

 幸福な人生を送れている

 ということですね」

とある。

 

そしてそのためにも「ストレス」

の捉え方が大切で、

「『ストレスは自分にとって良いものだ』と

意識的に考えながら毎日を過ごしましょう」

とある。

 

 

私は「ストレス」になりそうな

出来事が起こった時、

「良いもの」とは思わないが、

最近は

「あ!きたな、

 人生からの問いかけ」

と考えることが多い。

 

先日も、

講演会で

寄りかかったホワイトボードが壊れ、

「あれあれ、

 人生って、

 講演会をスタートする前に、

 こんな問いかけしてくるんだな」

と考え、

近くにいる方々に手伝ってもらい、

修復してもらった。

 

しかもその講演会は

1時間半というご依頼だと

 勝手に考えてプログラムを

 作っていたが、

1時間くらい経ったところで

時計を見る方が異常にいて、

あれ?と思い確かめると、

その日の式次第には1時間の予定で

書かれていて、

心の中で、

「今日は

 人生は度々問いかけてくるなあ」

と考え、

とにかく10分伸ばしていただき、

1時間10分で無事終えた。

(確かめなかった私が

 ほんと、

 一方的にダメだった)

 

 

 

「人生から問われている」

という考え方を

ロゴセラピーで知って、

私の生活は大分変わったと思う。

 

ゴミが落ちていても、

新幹線が満席で座れなくても、

資料作りがなかなか進まなくても、

大きな失敗をしても、

依頼を受けたのは自分とはいえ、

 仕事の責任の重さに

 くじけそうになったときも、

「いやあ、人生は、

 この出来事を通して、

 私に問うておる!」

と考えると、

選択肢が見えてくる。

 

ま、いつもではないけれど、

そういう時は確実に

増えているのだよ。

 

 

 

 

さて、昨日は

「ロゴセラピーを学ぶ会」の

4回目だった。

 

5月から2ケ月に一度開催。

1回目はロゴセラピーの言葉の説明や

全体像を。

2〜3回目はレクチャーとワークで、

2回目のレクチャーは「精神の反抗力」。

3回めのレクチャーは

 「ロゴセラピーの時間の流れ」。

ワークは、参加者ご自身の体験を、

 ロゴセラピーの視点で整理して

 いただくことをした。

 

そして4回目。

この秋にA級ロゴセラピストに

なられた浅村知美氏をお迎えし、

お話していただいた。

 

職業人として責任ある仕事を任され、

東京の中心で働き、

華麗なキャリアを積まれていた彼女が

ある時陥った実存的空虚感。

そこから

どのように回復し、

臨床心理士として活躍される現在に

至ったか、、、。

 

それがロゴセラピーの理論と

混じり合い、

私自身は自分のこれまでの一時と

重ねながら聞き、

とても豊かな時間となった。

 

そのあと、

ワークを通して参加者の皆さんの

毎日の中の出来事を、

ロゴセラピーの理論で

整理していただく時間も持てた。

 

 

 もしロゴセラピーに興味を持たれたら、

 以下の方法で学ぶことをお勧めする。

 

 \轍と沖縄で開催されている

  ロゴセラピー研究会への出席

  (12月8日開催)

 

 東京でのロゴゼミナール

 

 「自分でできる!

   ロゴセラピー講演会」

  3月14日に静岡市で開催決定。

  浅村氏にプラスして、

  ロゴセラピストで浜松市で内科医を

  されている松下敬子氏に登壇いただく。

  (については近日中に詳細を

   アップします)

   →12月2日アップしました。こちらです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、第4回ロゴセラピーを学ぶ会に

参加された方々の、

フィードバックのご紹介

(シェアokのものを紹介します)

 

 

問)心に残っていることは?

 

・(浅村氏の講演の中で)他の人の

 力になりたいと思った時に、

 その方法を問われているのは

 自分自身なんだと気付いたこと

        (t)

 

・浅村さんの優しさについてのお話。

 優しい人とは叱ってくれる人ということを

 小学生の子が話したということが

 すごいと思いました。

 最近、我が子から「優しさって結局

 自己満足の世界なんだよ」と言われ、

 母親である私も、子どもの欲求を満たす

 ことだけ考えて、

 自己満足に浸っていたのかなって、

 過去に、今に、思いを馳せています

          (おもち)

 

・自己超越と利他性 (t)

 

・浅村さんの職業生活における体験談。

 自分自身が20年くらい前に

 仕事に意味を見出せず、

 フランクルの本を手に取った頃を

 思い出しました。

 私の場合は客観的な意味は

 棚上げされたので

 多分、今、これを受けようと

 思ったのだと思います(わたんこ)

 

・最後のワークがとても良かった。

 講師からバイザインはお母さんじゃない?

 と言われた時、

 じわっと涙が出てきました (s)

 

・4回の講座すべてに

 参加することができました。

 3回目の講座の時に、

 人生からの問いかけに

 「自分の親のようにはなりたくない」

 (自分がされたようには

  我が子に接したくない)

 と応えました。

 子育てをする時に、その一念で

 やってきたのですが、

 「それは結果的に創造価値」と

 講師に言われ救われました。

 ロゴセラピーを理解しているとは

 いえませんが、

 これからも自分が何を問われているか?

 を忘れずにいようと思います(y)

 

・講師の講演で大変なことがあった時に

 ロゴ的にどう考えるかの例えが

 印象的。

 精神次元等のことを考えると、

 とくに極限的な場面で

 捉えようとしてしまいますが、

 もっと日常的な場面で

 思考やスピリットを

 見つめ直していきたいと

 思えるようになりました(t)

 

・最近、心身態の疲労を

 感じながらいました。

 そんな中で参加させていただき、

 ロゴの空気に包まれて

 幸せでした。

 ロゴの基礎からアドバンスコースを、

 浅村さんの言葉で思い出させていただき、

 また勉強し直そうと

 思いました。(t)

 

 

問)その他

・浅村さんがご自身の体験について

 お話くださったこと、

 本当にありがとうございます。

 他人の生き方ではなく、

 自分の生き方を見つめ、

 他者に伝えることは、

 最も勇気がいるし、

 自分を受け入れていないと

 難しいことの一つだと

 感じています。

 その勇気が聴者に強い力を

 与えてくださいます。

 今回は本当にパワーを

 いただきました。

 ありがとうございました(t)

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・

参加してくださった皆様。

ありがとうございました。

 

人生は、

結構

次から次へと

問いを投げかけてきます。

すべてに

意味ある応えをしたいところですが、

人間は
「もう動物ではないが、
まだ神ではない存在」(by フランクル)。

「すべて」はだいぶ望みすぎ。
「心身態(心と体)のエゴイズムと
 意味への意志の間を行ったり来たりするもの」
だから、

私たちも

そんな感じで

ぼちぼちと参りましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

author : tanizawa-k
| ロゴセラピー | - |

スポンサーサイト

【2019.12.15 Sunday 17:21
author : スポンサードリンク
| - | - |


谷澤 久美子
counselor