自信を持ちたいとしたら。 | 今のところではありますが…
<< 「自分でできるロゴセラピー 〜実存的空虚を克服した体験談より〜」 | main | 次々と問いかけてくるよ、人生は。 >>
自信を持ちたいとしたら。

【2019.11.06 Wednesday 19:42

「自信を持ちたい」と考えている方は多い。

 

私自身は

「自信」について、

「なくてはならないもの」というよりは、

「あった方がいいもの」くらいのとらえだ。

振り返ってみると、

私自身、

ある時もあれば、ない時もあり、

自信満々で失敗したこともあれば、

めちゃビビりながらうまくいったこともあった。

そして、

「自信とは後から付いてくるもの」と考えているし、

何かを始める前から自信があるとしたら、

それは相当の準備をしたからと思う。

 

とはいえ、

「自信を持ちたい」と考えてる方は多く、

そのためにどうしたらいいか?という質問も

いただく機会は多い。

 

自信の3要素は、

「自己評価」

  自分に対して正当な評価ができる

「行動」

  自分自身が選択したことを

  行動できる

「自己主張」

  他者に対して自分の考えや感情を

  表現できる

と言われている。

 

 

この3つはどこから強化しても、

他の2つに良い影響を

与えることができる。

 

だから、

「自信を持ちたい」とおっしゃる方には、

このことをお伝えし、

どこからスタートしても

 しないよりは「自信」に繋がる可能性が

あることを説明する。

そして、

一回もてたからといって永遠ではなく、

自信の在庫が切れてきたら、

また、この3つのどれかからスタートすれば

いいことをお伝えする。

 

ただ、自信がない時に

「自己評価」を上げるのは

結構きついことだから、

「行動」や「自己主張」から強化することが

きっと現実的だと思う。

 

 

 

 

 

さて、そこで「アサーティブ」だ。

 

私は

この3要素の中の

「自己主張」を

「アサーティブ」という

コミュニケーションの方法で、

説明をし、

トレーニングする仕事をしている。

 

10月は

小学校5年生から、

人権教育を推進されている方々、

ボランティア活動をされている方々や、

企業や組織、病院の内部研修、

子育て中の保護者の方々や、

福祉施設で働く方々。

様々な対象の方々に伝えた。

 


「自信」の3要素のひとつであっても、

「自己主張」という言葉のイメージは、

あまり良くない。

 

どんなイメージがありますか?

と、

どこで、

どんな年齢層の方に聞いてみても、

 

強い とか わがまま とか 自己チュー

というようなイメージを答えてくれる。

 

 

先日の朝のニュースの中で

シニアの野球チームの成功の話を紹介していた。

秘訣は「他人を責めない」を

モットーの一番上に掲げ、

それをみんなで守っていること。

 

失敗しても

「次行こう!」

成功したら

「ナイス!」

そういう声かけで

失敗を恐れず安心して

一人ひとりが思い切ったプレーができるのだそうだ。

 

どうしてそういうチームを作ったのか?

インタビューに答えた責任者の方の話に

「自己主張」という言葉が出来てきた。

 

「前のチームは

 自己主張が強い人が多くて

 もめ事が多かった」

と。

だから今度のチームは「他人を責めない」を

モットーにしたとのこと。

 

うんうん、わかる。

 

「自己主張」に馴染む形容詞は

「強い」が挙げられて

「穏やかな」は、

あんまり聞かないし、

 

「主張」という言葉に馴染む動詞は

「通す」とか、

「くつがえす」とか、

なんだか0か100かのような

勝った負けたのような

ちょっと物騒な感じがある。

 

ちなみに

assertive とは

assertiveness の形容詞。

assertiveness の意味は「自己主張」だし、

assertive をインターネットの辞書で調べると、

これまたなんと

「断言的な」「言い張る」「独断的な」「断定的な」

とある。

 

 

「アサーティブ・トレーニング」は、

そのイメージを

まずは

変えてもらう。

 

そして、

相手のことを大切にしながら、

自分の考えや感情を伝える方法があることを

知ってもらう。

 

 

知ったとしても、

今までの自分がやってきた自己表現の方法を、

なかなか変えられないものだから、

そこは練習が必要だ。

研修などで伺った後、

日々の小さなことから練習してくれるといいな!と思う。

 

 


 

11月も

中学生や

組織内研修や

同じ職業の方々のスキルアップのためのグループ・・・と、

伝える機会が多い。

 

自分も相手も尊重して

「自己主張」するための考え方と技術が、

ちゃんと伝わっているといいなと思う。

 

ちゃんと伝わり、

ほどよい自己主張の一回の実践が

自己評価を上げ、

そのことで自信につながるといいなと思う。

 

 

そうなってほしいと願うばかりに、

研修終了のあと、

私は時々心の中で叫ぶ。

前田敦子みたいに。

 

「私のことは嫌いでも

 アサーティブを嫌いにならないでください」って。

ふふふ。

 

 

 

アサーティブは、

問題を、

大きな声や脅しや暴力や武器で解決するのではなく、

話し合いで解決するための考え方と技術。

 

ストレスフルな社会の中で誰にとっても必要な

ヒューマンスキル。

 

 

本格的に学びたい方は、

12月7日8日の

アサーティブトレーニング基礎編にご参加ください。

2020年を自信を持って生活するための、

きっかけになるといいな。

詳細はこちら→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| アサーティブトレーニング | - |

スポンサーサイト

【2019.12.15 Sunday 19:42
author : スポンサードリンク
| - | - |


谷澤 久美子
counselor