酸っぱいレモンを、レモネードに! | 今のところではありますが…
<< 寄り添ってもらってるんですなあ。 | main | 感情、全開。 >>
酸っぱいレモンを、レモネードに!

【2019.06.07 Friday 08:47

我が家にアップルTV導入!!!

 

す、す、すごい。

TEDも

YOU TUBEも臨場感!

PCの中とは迫力が違う。

 

しかも見る番組の選択肢がすっごく増えちゃって、

今は

アメリカのドラマ「THIS IS US」がいい。

 

第一話の

ある妻が3つ子を出産している中、

本当に残念なことに、

ひとりを死産。

(ドラマの中とはいえ、

 10ケ月お腹の中で育んできた命を

 失うシーンは辛い)

落ち込んでいる夫に、

歳を重ねた医師が言う言葉の場面で、

完全に私は

このドラマにはまった。

 

 

 

医師は

隣に座っていいかい?と許可を取った後、

 

「できれば君も私のように

 いつか年老いた時に、
 自分の経験を若者に

 語ってくれるといいなと思う。

 
 人生が

 君という人間に与えた

 最も酸っぱいレモンで、

 何とかレモネードを作った経験を」

 

 

私はこのセリフに感動して、

すぐに止めてメモり、

後で、なぜ感動したのか考えると、

2つの点で

ロゴセラピー的な意味があったと

納得した。

 

 

1点目は

「どんな酸っぱいレモンも、

 レモネードの材料にすることができる」

という考え方だ。

 

これは

「自分の人生に起きた出来事を

 それがどんなにひどいものだったとしても、

 明日に活かしていくことができる」

ということのたとえ話だ。

 

 

医者は語る。

自分も最初の子をお産時に亡くし、

悲しみにくれた。

しかし

その出来事がきっかけで
産婦人科の医師になることを決意し、
それ以来50年間
たくさんの赤ちゃんを取り上げてきたと。

 

「こう考えたいんだ。

 あの子を亡くしたことで

 他の大勢を助ける道に

 私は導かれたんだと」

 

もちろん

我が子を亡くした苦しみは大きく、

そう言い聞かせたとしても

その悲しさや寂しさや苦しさは

消えるわけではない。

ましてや、いくら他の大勢の子どもを

取り上げたとしても、

我が子を失った事実は消えないし、

その子自身が生き返ってくれる訳でもない。

ただ、

その悲しみの中に留まることは選択せず、

誰かのために

何かのために、

エネルギーを向けた医師。

 

この考え方は、

ロゴセラピーの考え方だ。

 

ロゴセラピーの考え方を、

酸っぱいレモンと

レモネードという言葉で、

すぐにイメージできる、

わかりやすい例え話にしてくれている。

 

 

 

そしてそれ以上にすごいのが、

悲しみの真っ最中にいて、

くるしさに涙に暮れて、

顔を歪ませている「若い夫」に

「そういう人生を歩いて、

 それを誰かに伝えてくれ」と、

言ってることだ。

 

これが2点目だ。

 

 

打ちひしがれている人に対して、

共感的に理解しようと、

その方の話をただただ聴いたり、

ネガティブな感情を汲み取りながら

整理したりすることは、

案外いろいろなシーンでみる。

小説やドラマや映画の中にある。

 

 

でも、

この医師は

君も私のように

辛く苦しい経験を明日に活かし、

それを誰かが落ち込んでいる時に

話してあげてくれ

と言っているのだ。

 

つまり、

心のエネルギーのマイナスを

ゼロにするだけじゃなく、

誰かに分け与えるプラスにするよう

ハッパかけてる。

 

このことは

「若い夫」の目を

自分中心から

自分を外から俯瞰する目に変えただけではなく、

未来に向けたまなざしに成長させた。

 

 

この医師は、

もちろんハッパかけるだけじゃなくって、

「若い夫」が子どもを連れて検診に来た時、

「妻」の様子を気遣い、

「子どもを失ったことから

 立ち直るのには時間が必要。

 待ってあげてほしい」

と伝えた後、

「若い夫」にベッドを提供する。

子育てて寝てない彼に

十分な睡眠をとらせてあげたんだ。

睡眠を取れた彼は家に帰り、

妻に優しく接することができた。

 

 

 

そういう優しさと、

人の中に

とんでもない出来事をも

乗り越える力があると信じる強さ。

 

人は、

どんなに酸っぱいレモンでも、

それを美味しいレモネードにしようと、

そういう考え方を取り、

そのための行動を選択することもできる

と信じる強さ。

 

 

とにかく、この医師がかっこいい。

 

 

この医師の言葉だから、

このセリフは、

表面的なポジティブシンキングとは

格が違う。

 

私にはそう受け取れた。

 

 

 

 

酸っぱいレモンは、

いろいろな形で

私のこれまでの人生にも

登場した。

それらは、

ちゃんと酸っぱさは残した、

つまり甘さだけじゃなく、

爽やかさだけじゃない、

苦味もある

複雑な味の

レモネードになってきている・・・

と思いたいものだな。

 

そして、

若い人たちが

「何とかレモネードにしてきた経験」を

聴きたいと思ってくれる

自分でいたいものだと思うよ。

 

あ〜まだ5話。

しかもシーズン1。

「THIS IS US」、ずっと見ていたい。

 

 

 

 

 

 

 

先週土曜の初神田明神。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| ロゴセラピー | - |

スポンサーサイト

【2019.10.11 Friday 08:47
author : スポンサードリンク
| - | - |


谷澤 久美子
counselor