「わかった」と思った瞬間 | 今のところではありますが…
<< 「ロゴセラピーを学ぶ会」へのお誘い | main | 自分のタイミング >>
「わかった」と思った瞬間

【2019.04.10 Wednesday 17:04

「なぜ人と人は支え合うのか」

という本は、

映画「こんな夜更けにバナナかよ」の

原作者の本。

 

帯には

「障害者について考えることは、

 実は健常者について考えることであり、

 同時に自分自身について

 考えることでもあります。(中略)

 そして、障害のある人たちが

 生きやすい社会を作っていくことは、

 結局のところ誰のトクになるのか、

 という素朴な視点で、福祉という

 発想を根本から問い直してみたい

 と思ってます」

とある。

 

著者の意図、とりわけ前半の

「障害者について考えることは、

 実は健常者について考えることであり、

 同時に自分自身について

 考えることでもあります」

この部分に、

私自身はハマった。まさにその通りに。

 

 

特に

「やまゆり園障害者殺傷事件」の犯人

植松被告の人物と考え方を

「高みから全否定するのではなく、

 その主張をわが身に照らして、

 じっくりと吟味してみる必要がある」

と試みている部分に、だ。

 

著者は植松被告を

・「もし自分だったら」という考え方や

  発想ができない人

という見方をしていると同時に、

世の中には

・「もし自分だったら」という言葉を用いて、

 いとも簡単に物事を判断し、結論を下して

 しまえる人もいる

と考え後者にも疑問を投げかけている。

 

私は、

後者の立場をとりかねない自分を

なんとなくわかってる。

それが私の浅さにつながっているとも

意識している。

意識しているから、

いろいろ本読んだり、

勉強したりして、

客観性や広い視野を保とうと努力してるし、

それでもなおそっち寄りになってることに

気がついた時は修正するんだけど、

それでも、先日も危ない時があった。

 

 

専門家Aと話している時、

あることの説明に

私は納得がいかなかった。

そこにいたもう一人の友人も、

納得がいってないようだった。

彼は反論したが、私はしなかった。

その時の私の思考は、

「Aさんは、きっと何か誤解して

 いるに違いない。

 目くじら立てることじゃない」

しかし、後日友人から連絡があり、

「Aさんが言ったこと、

 どう思う?間違っているよね」

と訊かれ、

「私もそう思うけど、

 Aさんほどの人が間違うはずないから、

 きっと誤解しているだけだよ」

と答えた。

しかしそう答えながら、

もう一度調べてみようと思い直し、

調べると、

間違っていたのは、なんと、

私と友人の方だったのだ。

びっくりした。

そして、わかって本当よかった。

 

その時の私の考えの流れは、

「自分だったら誤解もある。

 Aさんもそうだろう」で

片付けてしまっていたが、

友人がそのことに

こだわってくれたからこそ、

「あっやばい、

 自分だったらで考えを

 終わらせようとしている」

と気づき、

調べて正しいことを知ることができたのだ。

 

なんか、そういう時が

私にはあるんだな。

 

 

著者が紹介している

「もし自分だったら」と考えて思考停止する例は

「自分なら延命治療をしてまで生きていたくない」

などというもので、

私はそれとは少し違うけれど、

それでも、

自分にもその芽があることを

ちゃんと認識しておかねば!と、

自分に引きつけて読むことができて、

著者の意図に

引きずり込まれてよかったと思う。

 

 

 

帯に書かれている著者の言葉の後半部分、

「障害のある人たちが

 生きやすい社会を作っていくことは、

 結局のところ誰のトクになるのか、

 という素朴な視点で、福祉という

 発想を根本から問い直してみたい」

に関しては、

繰り返し述べている

「人はできることより、

 できないことの方が多い。

 できないことは助けてもらえばいい」

ってのが、私にはぴったりくる考え方だ。

 

これを丁寧に言葉にしてくれているのが

この本の中で紹介されている

「東京インクルーシブ教育プロジェクト」代表の

海老原さんの著作の中の言葉。

 

「人は『誰かの(何かの)役に立つ」ということを

 通して自分の存在価値を見出す生き物なんじゃないか、

 という気がします。でも、役に立てる対象(困って

 いる人)がいなければ、「誰かの役に立つ」こと

 自体ができないので、困っている人の存在という

 のも、社会には欠かせません。となると「困って

 いるよ」ということ自体が、「誰かの役に立って

 いる」ということになりますね。つまり、世の中

 には「困っている対象者」と「手を貸してあげら

 れる人」の両方が必要なんです。(略)

 一生困ったことがない人なんていないんだし、

 一生困ってる人を助けるだけの人だっていない。

 それが『平等』ということ。」

  (海老原宏美・海老原けえ子

    「まあ、空気でも吸って」より)

 

うんうん、そうだよなあ。

ほんと、そう思う。

 

って、ほら、わかった気になる私。

 

著者の渡辺一史氏はあとがきで

「『あの障害者に出会わなければ、

 今の私はなかった』ーそう思える体験を

 これからも発信し続けていくことが、

 植松被告の問いに対する一番の返答に

 なるはずですし、植松被告に同調する人たち

 への何よりの反論になるはずです。

 ゆめゆめ、人生について知ったかぶりをして、

 わかったようなことを言うべきではないと

 思わされるようなできごとが、

 この世界にはあふれているからです」

 

 

「わかった」と思った瞬間、

「本当に?」って問いかけ続けて

いくしかないよな。

それでだんだん断言できないように

なってるけど、それもありなんだよな。

 

だいたいブログのタイトルを

「今のところではありますが」に

したのは、

そういうことだったんだよなあ。

 

 

とはいえ、

「『こういう人が正解』という人がいて、

 『その条件を満たさない人は不正解』

 という考え方は間違いだ」

と思う自分の考え方に関しては、

堂々とこだわっていいと思ってる。

そのことは、

この本に描かれていることと共通している

と思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| | - |

スポンサーサイト

【2019.09.06 Friday 17:04
author : スポンサードリンク
| - | - |


谷澤 久美子
counselor