「先生はみんなの歌声、好きだな」 | 今のところではありますが…
<< 飛んでった10月。 | main | ずっと被害者でいなくていい >>
「先生はみんなの歌声、好きだな」

【2018.11.22 Thursday 09:46

今月は、いろいろな小中学校で

音楽の発表会があった。

本番は見学できなかったが、

練習は見ることができた学年もあった。

 

その中の一つ、ある小学校の6年生の合奏に

惹かれて、

保健室の先生のところに用事があったのに、

つい、音が聞こえる体育館に向かってしまった。

主旋律を奏でるリコーダーや鍵盤ハーモニカや

アコディオンの音がきちんとしていて、

リズムを刻むパーカッションは安定していて、

特別楽器のそれぞれも思いっきりこの曲の

中に入っているのがわかる、

素晴らしい演奏だった。

聞き惚れてしまって、次の合唱まで聞くと、

声変わりし始めている男子の声が

深みを加える合唱。

は〜いいなあ、音楽っていいなあ〜

なんて思いながら、その気持ちに浸っていると、

音楽を指導している先生が

「あ〜好きだなあ、

 先生はみんなの今の歌声、

 なんか、

 すごく好きだなあ」

って言ったんだ。

 

私は、この先生の一言に感動。

なんか涙が出てきた。

 

なんで涙が出たんだろうと振り返ると、

「良い悪い」という評価の言葉ではなくって、

「好き」という言葉に胸が掴まれてしまった

んだと思う。

 

 

評価。

 

秋は小中学校に講師として伺い、

コミュニケーションやストレスのことなどに

ついて話し、その感想をいただくことが多い。

感想の大半は授業の内容についてだけど、

ここ何年か、

私の授業の仕方に対する評価が増えてきている感覚がある。

数字化できなくって感覚なので、

そう言ってしまっていいのかどうかわからないが、

とにかく、そうで、

しかも低年齢化している傾向も感じる。

 

例えば、

(以下は小4〜6の感想の一部。

  そのままではない)

「ゲームをやったり、

 しずかにするときのあいずがあったり、

 先生はじゅ業を工夫してやっていたので

 すごいと思いました」

「ゲームもたのしくて、説明もわかりやすく

 いいじゅぎょうを受けさせてもらいました」

「せんりゅうを使ってじゅ業をするという

 はっそうがすばらしいです」

「私がすごいなと思ったのは、

 学校保健委員会を最後までみんなに

 あきないで聞いてもらえるような

 工夫がいろいろあったことです」

などなど。

 

もっといっぱいあるのだが、

これらを読んだ時、

私はクスッとしながらも、

複雑な思いがしたんだ。

 

こうやって授業者の立場になって考えてくれて

ありがたいなあという考え。

 

担任の先生が感想を書く前に、

授業者である私を気遣ってくださって

「工夫ある授業をやってくれたね」なんて

話してくれたのかもしてないななんて考え。

 

もしかすると今何かのプレゼンの準備していて、

だから、伝え方、表現方法に注目したのか

という考え。

 

そして、

もう一つは、

子どもたちは「評価の嵐」の中にいるのかもな、、、

という考え。

 

評価の嵐の中にいるというのは、

どういう嵐かというと、

もちろん、自分に対する評価を

しょっちゅう受けているってこと。

「〜〜できて偉かったね」

「いつまでもそんなじゃ、

 6年生とはいえないよ」的な。

 

それ以外にも、

誰かが誰かを評価する言葉を

たくさん浴びているのかも

ということ。

「今度の校長先生の話は面白いね」

「〜先生は教え方が下手だね」的な。

 

あとは、

社会の中の

テレビや

ユーチューブの中の、

良い悪い、

点数や順位付け。

 

 

もちろん、

こういうことは以前からあったわけだけど、

子どもたちの感想へにじみ出ちゃうくらいの

感じになってきているんじゃないのか?

なんて考えてしまった。

 

 

決して評価が悪いわけではなくて、

適切な評価は成長につながるから大切なものだし、

大人になると給料や来年度の契約など、

 評価の中で生きていくわけなんだけど、

評価以外の何か、

例えば「共感のつながり」も

いっぱい感じさせてあげたいなあ。

私はそう思うなあ。

 

 

 

そんな中、

「何かさ、

 先生、みんなの歌声、好きだなあ」

にグッときたんだと考える。

 

 

 

ここのところ、読んだ本

(「うつ病九段」が今の私にキた!

 うつ病発症から回復までの当事者の苦しさが言葉に

 なってる!)

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| SC | - |

スポンサーサイト

【2018.12.09 Sunday 09:46
author : スポンサードリンク
| - | - |


谷澤 久美子
counselor