リーダー | 今のところではありますが…
<< 撃沈 | main | 蚊と。 >>
リーダー

【2018.09.12 Wednesday 07:28

大坂なおみ選手がUSオープンで優勝し、

そのことは、

いろいろな視点でSNS上で話題になった。

 

そんな中、

テレビ番組の中で

彼女は松岡修造さんのインタビューを

受けていた。

質問のひとつ、

「窮地に陥った時

 どんな言葉を自分にかけていた?」(あやふや)

に対して

彼女が言ったのが

 

「You can do it」

 

これが、

私としては面白かった。

 

自分に言い聞かす

「I can do it」ではなく、

もう一人の自分から呼びかけるような

「You can do it」なんだなあ〜と、

 

勤務校の英語の先生や、

アメリカに住む妹に尋ねると、

私がそこに興味を持つこと自体に驚いていて、

 

「そういう時には

 『You can do it』

 が普通」

 

って教えてもらって、

 

ってことは、

英語のその感覚っていいなあと思ったんだ。

 

 

以前読んだ

田口ランディさんの本

「ありがとうがエンドレス」

(著者が一人暮らしを始める娘に

 送った言葉集)の中に、

 

「いま私って怠慢?
 はっとした瞬間に、
 どこからか元気な自分が現れて、
 がんばれ、
 もうちょっとだから、
 いまやっとこうよ
 って言ってくれる。
 その人が自分を育てるリーダー。
 一人暮らしをすると、
 その人と仲良くなれるよ」

 

という一節があった。

 

 

冷静になろう。

感情に巻き込まれずに

客観的に考えてみよう。

誰かがいないとダメではなく、

一人であったとしてもなんとかしていく、

つまり、「自分で考える」って

自分の中で

Aにしようか、

イヤイヤBのがいいかもと

話し合うこと。

一人暮らしをすると

その人と仲良くなるってのは、

アドバイスしてくれたり、

小言を言ってくれる人がいなくなるから、

「こういう時、どうしたらいいんだっけ?」

「もう一人の自分」

と話し合うことが

多くなるってこと。

 

田口ランディさんは

そういうことを

メッセージしたかったって思う。

 

 

それで

英語圏では、

普通にその感覚を

使っているとしたら、

とってもいいなって思ったんだ。

(そんな感覚もないほど

 無意識だったとしても)

 

 

 

 

ちなみに、

「You can do it」

を無意識に使っていたとしても、

その後のインタビューで、

「どこからか現れる元気な自分」が

大坂さんの中にいたことがわかった。

 

試合中、

セリーナ選手にも彼女の事情があるから、

審判に主張をせねばならない時間があり、

同時に、彼女の応援者たちが騒然とする場面で、

彼女は

それらに背を向け

壁の方を見ていたそうだ。

 

松岡さんは

「なぜ、背を向けていたの?」と質問した。

 

その時の答は

「私には手に負えないと思ったから 

 (そっちを)見ないで、

 次のプレイのことに集中していた」

と答えたんだ。

 

 

「手に負えない」って

自覚できるところが

本当にすごい。

 

それを、観客性にいる

コーチから指示されたのではなく、

自分の中のリーダーと決めたのが、

本当に素敵。

 

自分の感情に巻き込まれないで、

ちゃんと俯瞰して自分を見ていると思う。

 

 

 

大坂なおみ選手には

彼女を支えるチームの中に

ご家族や、コーチに加え

自分自身

(どこからか現れる元気な自分

 =リーダー)

もちゃんと入ってる。

 

 

 

 

 

人間だから、

いろいろな欲求がある。

またいろいろな感情も持つ。

 

緊張したり

怒りが湧いたり、

心配でたまらなくなったり、

めんどうだったり

恥ずかしかったり

辛すぎたり。

 

そんな時に、

 

リーダーが出てきて、

 

時々慰めをささやき、

時々励まし、

時々罵倒し、

時々共感し、

時々鼓舞する。

 

自分自身に対して。

 

 

 

そういうリーダーを

自分の中に持ち、

そのリーダーが

できるだけ的確な呼びかけを

自分にしてくれるように育てる

ってことが、

より良く成長していく

ってことなんだろうなあ。

 

 

 

私「もうちょっと食べたい」

リーダー「体重計に乗ってる自分を思ってみよ」

 

私「そうじ、めんどくさっ」

リーダー「本当にそれでいいの?」

 

私「仕事があるけど、とりあえず

  ネットで楽天に・・・

リーダー「締め切りまで あと1時間、

     いつやるの!」

 

 

58歳になっても、

まだまだ

リーダーに出てきてもらわないと

えらいことになる私だな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| 日常 | - |

スポンサーサイト

【2018.09.16 Sunday 07:28
author : スポンサードリンク
| - | - |


谷澤 久美子
counselor