ギリギリ癖 | 今のところではありますが…
<< 固まっちゃうのは、体も脳も。 | main | 大人の言うことを聞け!いいや、聞くな! >>
ギリギリ癖

【2018.08.02 Thursday 21:00

今日のこと、

午後からの講演に備えて

午前10時に家を出ることに決めていた。

パワポで作ったデータは

すでに先様に送ってあって、

昨日のうちに

スライドの説明の言葉も

まとめてある。

朝、それを印刷すれば完璧!

フフフっ、余裕じゃんと印刷し始めてすぐ、

黒のインクがなくなった。

 

しかも黒だけストックなし。

 

うちのプリンターは

「インクないから交換」サインが出ると、

何しても動かない。

一旦取り出して振ってみたり、

あっためてみたりしても、

ダメ。

当たり前か・・・。

 

 

あ〜一週間くらい前に、

インク、買っとかないとなあと

思ったのになあ。

なんであの時、買わないかな?自分。

出たな、私のギリギリ癖。

まだ何とかなるでしょ、

と大好きなOAナガシマの前を通ったのに

素通りしたんだ。

 

 

こんな時ありがたいのがイオンで、

9時オープンを待って買って、

事なきを得た。

 

それにしても

何なんだろう?私のギリギリ癖。

 

以前、

山間地の小学校に授業させてもらいに行った時、

ガソリンがギリで、

山の中に入ってから、

相当恐る恐るでヒヤヒヤしながら、

走った。

なるべくエネルギーを消費しないように、

ラジオを消し、

エアコン消し、

なんというか、気分はそ〜っと走る感じ。

本当、怖かった。

それを子どもたちに、

「私って、本当、

 そういうとこ、ダメなんです」

的に話すと、

次にいった時、

「あっ、ガソリンがギリギリの先生だ!」

覚えててくれた。

〜なんて、自慢にならない。

 

あ〜思い出した。

その前に、本当にガス欠もあった。

結婚したばかりの頃で、

日曜の朝、

祖父の入院先に食事の介護に

行った帰りだった。

道の真ん中で止まってしまって、

通りがかりの車にえらい迷惑をかけた。

しかし、

休みで家にいた夫に助けに来てもらって、

なんとかなったんだっけ。

 

今までなんとかなってきたのは、

ラッキーなだけだよなあ。

 

 

 

 

そんなわけで

とにかく、

ギリギリまで粘ってしまう。

 

スリルを楽しんでいるのか?

ー違うな。

 

全部使い切りたいのか?

ーそれも違う。

 

 

昨日アップした脳の回路の話でいうと、

「準備しておいたほうがいいと

 気づきながらも、ギリギリまでしない」

回路ができてしまってるのか?

それはあるかもしれない。

 

ってことは、

それに逆らって、

違う回路を作らないとならない。

いつまでたってもこんなんじゃ、

いつかきっと痛い目にあうと思う。

 

 

 

脳の回路って、たとえれば、

道のないところに道を作るような

そんなイメージなんだと思う。

 

よく公園で、

道じゃないんだけど、

そこが駅への近道だったりして、

多くの人が通ったりすると、

草が踏み固められて

道になっちゃってたりするところがある。

そんな感じなんだろうな。

 

他に近道が出来て、

人が通らなくなると、

いつの間にか草がぼうぼうになる。

 

 

いつも同じようなことをすると、

最初は

「よし、ここはギリまで待とう」

と選択してしていたことも、

そのうちそれが自然になる。

道ができちゃう。

 

違う行動をすることは

抵抗感があるけれど、

自覚して、意識して

違う選択をし続けないと、

新しい道はできないんだよなあ。

 

 

今日の講演の内容は、

子どもたちの

レジリエンスの力を育むには、

大人はどうしたらよいかというテーマ。

学区の3小学と1中学合同の会で、

各校の保健室の先生が企画してくれた。

 

腹が立ったから、暴力ふるうとか、

負けたから、練習しないとか、

失敗したから、あきらめるとか、

恥ずかしいから、やらないとか、

不安だから、黙っておくとか、

 

それを、

「それでも、建設的な行動をする」

という方向に、

大人が対話でサポートする方法を

お伝えした。

 

もわっとするような炎天の中、

多くの保護者の方が先生方が

集まってくれて、

そんな中で、

 

結局

私がお伝えしたことは、

子どもが

脳の回路を更新し、

その回路を継続してもらうために

大人はどうしたらいいか

ってことだ。

 

 

それなのに、

私がこんなんじゃ、ダメだな。

こんなギリ癖もかわいいけれど、

ここらで

逆らっときますか!

 

ってわけで、

なんとなく思っとくではなく、

こうやって言葉にしとくってのは、

ギリギリ癖が出てきた時に、

おっ、いいのか?自分・・・

と自覚できるのが

きっといいんだと思う。

 

 

 

それにしてもイオンに助けられた。

レジの女性に、

「本当に、

 本当に、

 9時に開けてくれてることに 

 感謝します」

とマジにいうと、

「お役に立てて良かったです」

と言ってくれた。

あ〜イオンがそばにあってよかった。

 

 

 

 

*本日、使用したかったが時間の関係で省略したパワポの一枚。↓

 

 

author : tanizawa-k
| 日常 | - |

スポンサーサイト

【2018.10.08 Monday 21:00
author : スポンサードリンク
| - | - |


谷澤 久美子
counselor