猫には毛づくろい。 | 今のところではありますが…
<< 先生に教わった。 | main | 固まっちゃうのは、体も脳も。 >>
猫には毛づくろい。

【2018.07.30 Monday 10:41

7月30日の朝、

NHK BS

岩合さんの「世界ネコ歩き」の再放送を見ていて、

驚いた。

 

ネコが毛づくろいをする意味はいろいろあるが、

自分を落ち着かせるという意味もあるとのこと。

 

例えばオスどうしで喧嘩になりそうな、

ウーっとうなりあっている時、

急に毛づくろいをする時があって、

それは無関係な行動をすることによって

ストレスを発散させているとのことだ。

 

また、

苦手なネコに出会ってしまった時にも、

心を落ち着かせるためにし、

獲物を追いかけてる途中に、

時々毛づくろいするのは、

あまりに獲物に集中し、

我を忘れて命を落とすような危険なことに

巻き込まれないためにするんだそう。

 

すごいなあ、

生き物の防衛本能!

生理現象!

 

命を守るための行動が

脳の中に組み込まれていることが、

すごく興味深いし

めっちゃ頼もしい。

 

 

さて、

人間の生理現象について。

 

緊張したら

手のひらに汗かいたり、

ドキドキしたり、

 

苦手な人が近づいてくると

体が硬くなったり、

 

自分とは全く違う意見を聞いた時に

体にいろいろな反応が起こったりする。

例の「生産性がない」発言には、

頭髪の毛穴が全部開いたような感覚があって、

怒髪天を衝くってこういう感じか?

と思ったりした。

 

 

人間が厄介なのは、

こうした、

手に汗が出たり、

体が硬くなったり、

頭の毛穴が開いたような

そういう体の反応があった時に、

その前に持った感情を

否定する場合があることだ。

 

緊張なんかしてはダメだ・・・

苦手っておもっちゃダメ・・・

怒りは未熟な証拠・・・

などと考えて、

 

生理現象を否定すると、

 

生理現象 VS 思考

ってことになるわけで、

 

生理現象の目的は

何しろ、「命を守る」ことだから、

とにかく「わからせないと!」と、

あらゆる手段を使う。

 

「手のひらの汗」を封じ込めようとすれば、

それでも緊張はしているのだから、

命はなんとかそれを自分に伝えようと、

次は、「あちこちから汗」

なんて形で知らせようとする。

それでも

「平気平気!」と抑えようとすると、

「ドキドキが激しくなる」

「手が震える」

「お腹が痛くなる」

などなど。

 

 

ネコは、

「こういう状況の時は毛づくろい」

という回路があり、

シンプルにその通りに体が反応するけれど、

 

人間は

複雑で、

ほんと厄介で、

面倒くさくて、

愛おしい。

 

だから、

ストレスマネージメントについて

学びあったり、

トレーニングしたりするんだと思う。

 

 

 

夏休み前にある中学校(二校合同)の

学校保健委員会で講師を務めた。

「心の健康」について

事前に生徒の皆さんに書いてもらった

「心のつぶやき川柳」を元に構成するプログラムだ。

 

今回の学校の養護教諭の先生方は

すごいアイディアを出してくれた。

 

授業後の感想に

「心のつぶやき川柳・その2」を書くというもの。

 

むし暑い体育館の中で、

床を机に、

生徒の皆さんが書いてくれた

「つぶやき・その2」。

(両校とも、報告の保健だよりを作成され、

 その中に紹介されているものの中から

 以下を紹介

 ー以下は 谷澤の合いの手)

 

 

「いらいらも 悲しくなっても 心健康」

ーそうだ、その通りだ!

 

「凹んだら 超大声で めちゃ叫ぶ」

ー叫べ叫べ、周りは見のがしてやってくれえ。

 

「話長い 腰が痛いの 短めに」

ーあ〜ゴメン。長かったね。痛かったよね。

 ほんとごめんなさい。

 

「誰でもいい 自分の悩み 聞いてくれ」

ー聞いてくれる人がいるといいね。

 あなたが話せる誰かを見つけられるといいね。

 

「これからは やる気を待たず まずはやる」

ーあっ、これ、刺さる。

 私も勉強しないとやばいし。

 

 

 

ストレスマネージメントとは、

 

何か出来事があった時、

自分に起こった反応の中で

自分のためや、

他者のために、

工夫ができることはしよう

ということ。

 

そして

その前に、自分に起こった反応を

まずはモニタリングできるようになろう。

 

モニタリングして、

(否定しないで)受け入れて、

工夫する。

 

大人は、

子どもの

この過程を、

見守り、

サポートできるといいと思う。

 

 

 

 

これから

ネコの毛づくろいを見たら、

単なる体を清潔にしているのか、

それとも落ち着かせようとしているのか、

きっと観察しちゃうんじゃないか?私。

 

 

 

 

 

*先週水曜、急な土砂降りに軒先きを借りた。

 そのお宅の方が、なんと、傘を貸してくださった。

 世の中、いろいろあるけど、こういうことがある。

 優しい人がいる。がんばろ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| 日常 | - |

スポンサーサイト

【2018.12.09 Sunday 10:41
author : スポンサードリンク
| - | - |


谷澤 久美子
counselor