できるとこだけ更新。 | 今のところではありますが…
<< 物語にできる | main |
できるとこだけ更新。

【2018.07.09 Monday 09:16

コミュニケーションは

練習すればするほど、上手になる。

しかも、自分を

全とっかえするんじゃなくって、

自分に変えられることを、

少しずつ更新していけばいい。

 

安心して練習できる

アサーティブカフェを

7月7日に、開催した。

 

前半は、

「相手の考えを感情を尊重すること」

について考えあった。

 

 

どんなに自己表現の技術を磨いて、

自分の言いたいことを

的確にまとめられるように

なったとしても、

その話を、

相手が

「自分には今、必要ない」

と判断すれば、

残念だけど届かない。

 

何をその方に伝えるか?

なぜ今伝えるか?

その必要性を理解してもらうためにも、

相手の現状を、

知ろうと努力したいものだ。

 

アサーティブとは

自分も相手も尊重する

コミュニケーション。

 

その中の

「相手を尊重する」とは

相手にも、考えや感情や事情がある、

そのことを聴くこと。

 

 

 

後半は、

それぞれ自分自身の課題に、

自分の選択した方法で取り組んだ。

 

 

スタッフ含め15名で

わいのわいのと、学び合い。

 

 

 

オープンOKの方の感想を紹介⬇

 

・ロールプレイがありがたかったです。

 事実の洗い出しはできていましたが、

 (我が子のできていないことの報告

  をもらうこと)

 私はどうしたいのか、

 最初は(自分に)向き合えていませんでした。

 ロールプレイの中で、

 「私はもう報告は必要ない。触れてほしくない。

 言われると、悲しいし辛いんだ」

 と向き合うことができました。

 さらに、相手に対しても

 「見守ってくれてありがとう」

 「気になって言ってくれていると思うけど」

 などという、相手のバックグラウンドに

 思いをはせる言葉も考えられました。

 伝えてみたいです。 (N)

 

・相手を責める言い方をすると、

 相手は黙るか反撃したくなる。

 先日あったことですが、ある方に、

 私は(表面的には)事実を述べ

 要求を冷静に伝えたつもりでしたが、

 心の中では責める気持ちでいっぱいでした。

 相手は「ごめんね」と言って、

 その話は終わりました。

 その2時間後、

 「でも今日は忙しかったんだ」と

 相手は自分の側の事情を

 言い始めたのです。

 相手にも、考えも感情も事情もある。

 そのことを意識して、

 実践していこうと思いました。

      (のこ)

 

・言わないでおこうと、

 自分で選択したことでも、

 (自分にとってイタい批判は)

 やっぱり引きずる。

 (応用でやった批判の対処法を)

 やってみます。

 また、(「火事」」になってしまう前に)

 「ボヤ」で止めておくことも大切だけど、

 消し方を変えてみようかと。

 消しつつも、(相手の)良いことは

 しっかりほめようと思います。

     (I)

 

・4つの柱をほとんど忘れてましたが、

 ロールプレイを通じて、

 ほんの少し思い出した。

 感覚はあるものの、

 身についてはいないようです。

 仕事上は、自分がやったことの、

 指摘・批判される場面への対応が

 難しいので、いずれ応用編を

 受けてみたいと思います。

 指摘であっても、一旦受け止める

 ことの大切さを知る機会になりました。

      (T)

 

・今日は(小グループで)

 タイプ(といっていいかどうかわかりませんが)

 の違う3人で、「なるほど〜」と思うことが

 多かったです。

 言えちゃう人には言えちゃうからこその

 悩みがあるんだなあと思い、

 考えるきっかけになりました。

 私から見ると「言えちゃう人」と思う人も、

 なんでも言ってるわけではなく、

 「言えないそのひとこと」で悩んでいる

 と思ったら、

 本当に決めつけられることなんて、

 ほとんどないんだなって思いました。

 人は知らず知らずのうちに、

 自分に寄せて考えるし、

 それが普通とか思い込まないように

 気をつけたいです。

 自分には普通だけど、相手にも普通がある。

 ひとつとは限らないですね。(ココロ)

 

・相手に思いもよらないようなことを

 言われたり、ひどいことをされた時の

 反応が勉強になりました。

 相手にどうせわかってもらえないと考えて

 接するのは「対等」ではないと、

 復習することができました。

 学んだことを何度も訓練することで

 自分の身についていくのですね。

 相手の立場を理解する心の余裕が

 持てるようになりたいです。

      (M)

 

・バイト先の店長との関係が良くないと

 感じている。

 とりあえずラインのやり方について

 店長に率直にきいてみようと思う。

 今まで店長の言葉にショックを受けても、

 固まっていた自分に気づいた。

 過去のことはどうにもならないが、

 これからは反応をし、率直に

 「どこが悪かったですか?」と

 きいてみようと思う。(きんぎょ)

 

 

次回のアサーティブカフェin静岡は、

10月6日(土)。

アサーティブジャパンの主催となります。

もちろん私もスタッフとして参加。

 

 

これまでアサーティブを学んだみなさま。

ぜひ、アサーティブカフェに、どうぞ!

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| アサーティブトレーニング | - |

スポンサーサイト

【2018.07.09 Monday 09:16
author : スポンサードリンク
| - | - |


谷澤 久美子
counselor