物語にできる | 今のところではありますが…
<< 深読み問題 | main | できるとこだけ更新。 >>
物語にできる

【2018.07.04 Wednesday 17:56

サッカー日本代表が負けてしまった後の

昌子選手が拳で芝生を叩く姿が

まだまだ頭から離れない。

 

どれほど悔しくて情けなかったんだろう。

湧き出るその感情は、

地面に叩きつけなくては

どうしようもできないほどの

エネルギーだったんだろうと思う。

 

そして彼の物語は、

この日を境に、

また新しい章に進んだんだと思う。

 

長友選手が、4年前、

インタビューの席をはずれて、

サポートに来たスタッフに

すがりつくように泣きじゃくってた日から、

彼の物語が一段と濃いものに

なったように。

 

 

 

朝の連ドラ「半分、青い」の中で、

漫画家をめざしていた

主人公すずめに、

恩師秋風先生は、

言った。

 

すずめが失恋をした時だ。

 

「楡野(すずめのこと)、描け。

 泣いてないで、いや、

 泣いてもいいから描け。

 マンガにしてみろ。

 物語にしてみろ。

 楽になる。

 救われるぞ。

 創作は、物語を作ることは、

 自分を救うんだ。

 私はそう信じている。

 物語には人を癒やす力があるんだ」

 

すずめは、今朝の回で

漫画家でいることを

諦めた。

明日からは、

すずめの物語は新しい章に入ると思う。

 

 

 

臨床心理学者の河合隼雄さんは、

小川洋子さんとの対談を本にした

「生きるとは、自分の物語をつくること」

の中で

「私は、『物語』ということを

 とても大事にしています。

 来られた人が自分の物語をを発見し、

 自分の物語を生きていけるような『場』を

 提供している、

 という気持ちがものすごく強いのです」

と言っている。

 

私はものすごく共感する。

 

小川洋子さんが、その話の少し前に

「臨床心理のお仕事は、

 自分なりの物語を作れない人を、

 作れるようにすることだ

 というふうに私は思っています」

と言っていて、

 

それが臨床心理の仕事だとすると、

私はそれとはちょっと違ってるな

って思った。

 

私は目の前の方が物語を作れない人と

考えたことがなくって、

 

というよりは、

 

物語を生きているんだけど、

 

現状の問題は自分の物語の中で、

 どういう章の中の一コマなのかとか、

自分の物語にとって今の苦しさは

 どういう位置付けなのかとか、

 

そういうことが

見えにくくなっているような気はする。

 

見えにくくなっているとは

どういう状態かというと、

スマホやPCで、

⇧このキュルキュルしたやつが

止まらないような、

そんな状態なのではないか。

 

それをあるところ(ある考え)に

たどりつかせること。

 

それを

一緒にやっているような気がする。

 

私が無理に引っ張って、

強引にたどりつかせてしまうと、

目の前の方は、

なんとなく落ち着かないんだと思う。

 

一緒に考え、

そろそろと、

物語を掴み取る。

 

 

 

理不尽な出来事も、

突然の激しい感情も、

努力したことが報われない時も、

 

人生を物語として考えた時、

それはどういう意味があると考えられるのか、

一緒に言葉にしていってることが

私の仕事なんだよな。

 

 

 

どんな出来事であっても、

「これが

 自分が主人公の物語にとっては、

 なくてはならない出来事だった」

と考えることができた時、

 

秋風先生がいうように

「楽になる」

のではないか。

 

 

 

サッカー日本代表物語も、

各選手の物語も、

まだまだ続く。

 

そして、

もう彼らの試合が見られないことが

心が空っぽになるくらい寂しい私の物語も、

まだまだ途中。

 

 

私たちは、

自分の毎日を物語の1ページにできるのだ、

 

 

 

今晩はこれから

高校生にコミュニケーションの授業に行く。

彼らの物語の、せめて1行になるぐらいの

授業をしたいものである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| 日常 | - |

スポンサーサイト

【2018.09.16 Sunday 17:56
author : スポンサードリンク
| - | - |


谷澤 久美子
counselor