流そう。(「感情自己管理レッスン」のお知らせ) | 今のところではありますが…
<< 静か。 | main | 動機づけ >>
流そう。(「感情自己管理レッスン」のお知らせ)

【2018.04.05 Thursday 14:28

今年もツバメが来てくれそうだ。

巣の修繕をしながら、

ここで子育てできそうか、

彼らなりにチェックしているんだろう。

まだ本格的ではないけど、

それでもガレージでツバメの姿を見た途端に、

我が家にある「巣」の

止まっていた時間が流れた気がした。

 

 

実はここ一週間くらい、

何となく調子が良くなかった。

3ヶ月の仔犬(クラ)の世話で

疲れているのかな?と考えてみたり、

めっちゃすごかった気温差に

対応しようとエネルギーを消耗して

バランス崩れちゃったのかな?と思ったり。

寝ても寝ても眠くって

春眠暁を覚えずとはよく言ったものだなと感心したり。

友人の中にも体調不良を訴えている人が多かったので、

春ってそんなもんなのかなと収めてみたり。

 

それが、

急に

昨日から、少し元気になってきた。

 

昨日は

活動する中学校で新一年生の先生方と打ち合わせ。

新一年生が6年生だった時にかかわった子のことで、

保護者の方から引き継ぎを頼まれていたことを

伝えに行った。

先生方は、

どのように迎えたら

彼らが上手にスタートできるか話し合ってくださって、

その会を提案したことに手ごたえを感じた。

 

また今日は、

活動する別の中学校で、

私がかかわっている子どもへの対応方法について、

全職員で共通理解するための時間を作ってもらった。

上手に話すことはできなかったけれど、

それでも明日から始まる新年度への準備の一つに

なったと思う。

 

春休みの間止まっていた学校での活動という時間が

昨日今日で

ちょっとずつ流れ始めたんだと思う。

そしたら、

何となく、重かった体が軽くなった感じなんだ。

 

野口体操を作った

東京芸術大学名誉教授・野口三千三(1914〜1998年)の言葉に

「からだのからは空っぽのから。

 エネルギーの通りみち」

というものがあるとずっと前に聞いた。

 

通りみちにしとかないと、

流さないと、

ためちゃうとまずいんだよな。

 

 

 

 

ためちゃうときついのは、

ネガティブな感情もそうだ。

 

だいたい人間は、

先のことが不安になってぐるぐるしたり、

過去のことでの怒りや後悔でぐるぐるしたりする。

そのぐるぐるの中に留まっているうちは、

苦しくってたまらない。

 

ぐるぐるの中に留まるとはどういうことか?

 

失敗したらどうしよう

→じゃ、やめとこう

→やめたら解決しない

→でもやっても失敗するかもしれない

→こんなことで不安にばかりなる自分がだめ

→こんな自分じゃ失敗する→延々・・・

 

あるいは、

 

なぜあんなこと言われなきゃならなかったのか

→あの人に言われる筋合いない

→だから、近づかなきゃよかったんだ

→このことにいつまでもこだわる自分って何?

→だから自分ってダメなんだ→延々・・・ 

 

みたいな感じだろうか。

 

このぐるぐるが起こっているのは、どこだろう?

 

自分の中だ。

 

私たちの目は

外を見るためについているが、

この時、

私たちの目(思考)は

中を中をと

観察してる。

 

 

そこから出るために、

私たちを巻き込むのが上手な

感情の正体を学んでおこうという講座が

「感情自己管理レッスン」。

 

 

ぐるぐるの循環の中から、

自分で自分を外に出してあげよう。

 

目を外に向かって使おう。

 

違う方向、矢印に

考えを流そう。

 

留まらずに

外に出る方法を

学びあおう。

 

 

しばらく前に紹介した

いろんな事情で延期したプログラム。

開催日が決まったので、

ここでお知らせ。

 

2018年度谷澤相談室第一回勉強会

「感情自己管理レッスン」

◆6月2日(土)10時〜16時 (ランチ休憩1時間)
◆会場:静岡県教育会館
◆定員:20名 ◆会費:5000円
◆講師:谷澤久美子(心理カウンセラー・谷澤相談室主宰)

<お申し込み方法>
faxかメールで以下を記入の上お申し込みください。受付後詳細をお送りします。
氏名 ⊇蚕蝓腹番号も) E渡暖峭
ぞ楮戮鬚送りする時のご希望の連絡方法(電話:携帯:fax:メール)
*携帯メールはご遠慮いただいています。よろしくお願いします。
ゼ講の動機
メール:kumikotanizawa@gmail.com 

 

 

 

 

で、少し前に

洋服の整理をした。

着るつもりで出してあって、

何年も引き出しに入れっぱなしだった通年ものも、

一枚一枚チェックして、

ちょっとだけ断捨離。

 

そのままで留めておかないで、

空気を流してみたら、

思いもよらない物が出てきて、

今はそれらに袖を通すのが

ちょっとした楽しみ。

 

エネルギーに通り道を作ることは、

体だけじゃなく、

脳だけじゃなく、

心だけじゃなく、

仕事にも引き出しにも良い模様!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| 日常 | - |

スポンサーサイト

【2018.10.08 Monday 14:28
author : スポンサードリンク
| - | - |


谷澤 久美子
counselor