1 ON 1 その2 | 今のところではありますが…
<< 暴力でも、忖度でもなく。 | main | タイ展と、ボクサー村田。 >>
1 ON 1 その2

【2017.08.07 Monday 13:03

 

先週買った「AERA」の

「空気はもう読まない」という特集に、

6月の都議選時の

今井絵理子参議院議員のツイート

「今日から都議会議員選挙が始まります!

 『批判なき選挙、批判なき政治』を目指して、

 子どもたちに

 堂々と胸を張って見せられるような

 選挙応援をします」

に関して触れていた。

 

このツイートの話題は、

知ってしまった瞬間から、

気になって仕方なかった。

「批判なき政治」という言葉に対して、

いろいろな考えや感情が浮かんできた。

ほんとにいいの!という焦りみたいものや、

大丈夫?という戸惑いや不安や、

とにかく収まりがつかなかった。

 

ただ、考えても考えても、

彼女が深い意味を持って

ツイートしたとはどうしても思えず、

彼女はきっと「批判する」を

「disる」と同じような意味で

使ったんだと思うようになった。

侮辱したり、あげ足とったり、

噂話をながしたり、

そういう応援はしないつもりです・・・

くらいの感じで、

「批判という言葉の意味を知らない」とか、

「政治に批判がないと進化しない」とか、

そういう問題じゃないんだと考えた。

彼女の世代より年齢が若い方々は、

「批判」とか

「忠告」など、

相手の「耳の痛いこと」系は、

できればしない方がいいことなんだろうな

と解釈して落ち着いた。

 

「AERA」の中で

女子高生のマーケティングを行っている

清水絵梨氏は、このツイートの背景として

〜他人に深く踏みこまないのがルール。

 だから批判をするなんてもってのほかだ。

 気にくわないことがあれば

 フォローを外したりブロック・ミュート

 したりして、心地よい人間関係を

 オーガナイズできるSNSに慣れているため、

 わざわざその壁をやぶって反対意見を

 述べるのは失礼にあたるという感覚

 なのである〜

と分析してる。

 

だから清水氏は今井氏のツイートを

「若者たちは『ハッピーにやるよ』

 というポジティブな意味で

 受け取ると思います」

と書いてる。

 

やっぱりそういうことだったんだと

ちょっと落ち着き、

じゃあ、反対意見や

批判の必要がある時はどうするんだ!と

別のザワザワが出てくる。

 

 

 

 

8月4日毎日新聞の夕刊特集ワイドは

インターネットと

軽んじられていくプライバシーの件に

ついて書かれていて、

その最後に気になる文章があった。

〜岡崎さん(中央大准教授)によると、

 若い世代の場合、

 誰も批判しない、

 似たような価値観の者同士だけで

 交流できる

 狭い『ネットワーク』で、

 いくつものキャラクターを演じるのが

 今は普通のため、

 そこでひどく傷つくことは

 少ないという〜

 

高校生の中には

表のアカウントでは卒なく、

好きなアニメつながりのアカウントでは

その話題で盛り上がり、

裏アカでブラックな自分を出して・・・

といくつものキャラで

生活してる子たちもいるもんなあ。

 

アニメのアカウントで失敗してしまったら、

裏アカで思いっきり本音を話し、

だから表のアカウントでは、

いい人というか、面倒くさくない人を

やれるんだよなあ。

がんばってるよなあ。

 

 

 

意見が違ったら、

とことん話し合うとか、

正面から向き合うとか、

そういうことしなくても、

生きていけるなら、

そんな面倒なこと、

しなくなるのが普通だと思う。

 

 

自分の考えと合わないなら、

話し合って

合意を形成する努力をするのではなく、

そこから注意深くフェードアウトすればいい。

注意をしないとならないことをする人には

しっかりと改善点を伝えるのではなく、

そういう人とは距離を置けばいい。

ただ、こういうことをしていると、

対話する能力は

残念だけど育まれない。

 

 

 

 

そうなると困ったことが起きる。

学生や

プライベートなSNSの付き合いの中

ではいいけど、

組織の中に入り、

自分の意見を表現することを

求められた時や、

注意をしないとならない時だ。

すっごく困ると思う。


上のような

自分がしなくてはならない時困るけど、

もっと困るのは、

反対意見を言われた時や、

注意された時など、

きっとめっちゃショックだと思う。

ものすごく戸惑うと思う。

 

清水さんによると

「反対意見を述べることは

 失礼なことにあたる」訳だから、

その考えを持っていると、

反対されたら「失礼なことをされた」

に捉えやすいと思うんだ。

 

 

私はもう直ぐ57歳で、

少なくともその年代の人たちは、

いろいろアドバイス受けて

ここまでなんとかやってきた。

時には罵倒されたり、

罰を与えられたり、

大勢の前で叱られたり、

一つのミスで人格否定されたことが

ある方もいるだろう。

(それをした先輩も、

 それが人を育てることだと思って

 やっていたと思う)

 

だから、

「その考えは間違ってると思うよ」

「書類に間違い多かったぞ」

「いつまでそうやって、

 人にきいてから動くの!」

などと言いたくなると思う。

 

でも、

「批判はダメ」

「反対意見は失礼」

という価値観の中で、

我慢しながら、キャラを使い分けながら

すごく必死で生きてきた若い人の中には、

そういう先輩や上司の言葉を、

自分への攻撃として捉えてしまったり、

自分が丸ごと否定されたような気分になり

落ち込んでしまったり。

すっかり萎縮してしまい、

そこから抜け出せなくなってしまったり・・・

ってあるのではないか?

 

 

世代間の差ってものは、

厳然としてある。

 

年齢が違い、

育ってきた背景が違い、

価値観が違い、

コミュニケーションの取り方が違う、

様々な人が、

一つの目標に向かって一緒に仕事をする

組織の中で、

問題解決のために、

どう対話していくのか?

 

 

若い世代だけを責めても、

上の世代を責めても始まらない。

 

若い世代が反対意見や注意を与えると

傷つくんじゃないかと

遠慮しすぎても問題解決しないし、

上の世代に、

我慢や諦めだけを求めるのの

行き過ぎてる。

 

 

 

そういう中での解決方法の一つが

1 0N 1なんだと思う。

 

 

1ON 1は、

定期的に上司と部下の間で行う

一対一の対話。

 

ヤフーでは

部下の進捗を確認し、

問題解決をサポートし、

部下の目標達成と成長の支援を行うもの

としてるらしい。

 

上司としては

アクティブリス二ングや

コーチングや

フィードバックの技術などが必要になる。

 

大変だとは思うけど、

何も言わないで、

若い方々が自分で気付くのを

待っているだけの時間が長引くより、

やれることが明確になるのは、

ストレスが減るのではないか。

 

若い方々も、

フィードバックされるわけだから、

建設的にではあっても批判を受けなくては

ならない。

今の若い方に大丈夫?と思うが、

そこに至るまでに、

しっかりと傾聴し信頼関係を作る。

また、「定期的」に行うから、

コミュニケーションの量は増える。

量が増えるってことは、

質問のチャンスや意見表明の機会が増えるってこと。

否定されない、評価もされない、

そこは心理的安全を担保した場と

確認できる機会が増えるってことだ。

 

そういうなかで、

それでも、

「ここは直してほしい」

と冷静に、問題を明確にして伝える

フィードバックの具体的な言い方についても、

先輩がそうやること自体が、

後輩のお手本になると思う。

 

これについては

「フィードバック入門」に詳しいし、

実践的に学びたいなら、

アサーティブ・トレーニング」は、

大いに役立つと思う。

 

 

 

これを言ったら傷つけちゃうのでは?

そう思いやるばかりに、

あるいは

自分が厳しい人と思われたくないばかりに、

あるいは

浮きたくないばかりに、

もの言わない、

萎縮した世の中へと、

これ以上、社会を進めたくないと思う。

 

そのためには、

みんなが

ちょっとずつ

本当ちょっとずつ、

学んだ方がいいんだろうな。

 

 

 

author : tanizawa-k
| | comments(0) |

スポンサーサイト

【2019.12.15 Sunday 13:03
author : スポンサードリンク
| - | - |

この記事に関するコメント
コメントする










谷澤 久美子
counselor