ヒューマノイドの保育士さん | 今のところではありますが…
<< 気分に引っ張られない | main | 暴力でも、忖度でもなく。 >>
ヒューマノイドの保育士さん

【2017.07.18 Tuesday 09:23

 

先日、

夫と

「将来、ヒューマノイドに 

 保育士さんとか、

 幼児教育者は務まるか」

という話を

ちょっとだけした。

 

私は

「幼児期はやらせたくない派」。

 

でもその理由は、

自分でもモヤモヤしていて、

その時は上手く

言葉にまとめることは

できなかった。

 

で、

「寝る」とか

「漬け込む」ってすごいな!

って思うんだけど、

今になって、

「ヒューマノイドは

 効率的だからだ」

とまとまった。

 

 

幼児期に

「先生」は

身近な大人として、

人間ってものを感じさせてくれる存在だ。

 

その存在は

人間らしく、

不完全であってほしいと思う。

非合理で、

非効率で、

時々愚かな、

つまり人間であってほしいと思う。

 

 

人間は

感情を持ち、

時々はそれに巻き込まれ、

いやいやそれではダメだと自分を律したりする。

 

先生であっても

月曜はなんとなく気だるく、

でもそれに自分で気づいて背筋を伸ばしたりする、

そういう存在。

 

こちらが正解とわかっていても、

不正解の方の背景を思いやって

葛藤したりする。

 

言い間違いがあって謝ったり、

時間ギリギリで飛び込んできた髪の毛がはねてたり、

プライベートでのイライラを持ち込みそうになって

深く反省し、すご〜く頑張ったり、

 

自分を棚に上げて注意して、

子どもから「先生もやってるじゃ〜ん」なんて

指摘され苦笑いしたりする。

 

しかった後凹んでる子に、

活躍する場面を作ってあげたりすることもあるけど、

時々は落ち込むことに浸る時間も必要だとも

知っている。

 

今日のやるべきことはあったとしても、

ムダ話してるうちにそれが楽しくなってしまったり、

ゴールに向かって計画的に進めていくんだけど、

結局最後になって準備が追いついてなくって、

「さ、みんなでめちゃ協力するよ〜」

なんてことになったもある。

 

 

不完全であるってことも含めて

それが

人間として完全なんだと思う。

 

 

 

保育士さんや幼稚園教諭として、

見守らなくてはならないことや、

教えなければならないことを、

効率よくサービスするという、

以外のところで、

人の子どもは「人間」ってものを

自分自身に

染み込ませていくのではないだろうか?

こういうものなんだって。

それでいいって。

 

言葉での理解ではなく、

一緒にいることで、

こういうのが人間って

ものなんだって

わかっていく。

 

 

 

 

もちろん、

ヒューマノイドだったら

罵倒も暴力も

上から圧力かけて子どもをコントロールする

ってことも

(組み込まなければ)ありえない。

保育園や幼稚園、

小学校1〜2年の頃、

先生から受けた攻撃的な言葉や態度や

不当な批判が心の傷になってしまう場合もあるから、

「安全である」ってのはすごいこと。

 

だからこそ、

対子ども支援や教育をされてる方は、

努力やトレーニングをする必要が

あることは確かだ。

 

 

ただ、

そういう、

自分の不完全さや危うさを知っていて、

それでも改善に向かって努力を続ける人が

(でも時々怠けたりもする人が)

幼児期の子どものそばにいてほしいって

考える。

 

 

 

 

 

やらなくてはならないことが山積みな時、

ヒューマノイドは、

優先順位を判断し、

それに基づいて的確に仕事を仕上げていくと思う。

 

あ〜、

そして人間らしい私。

いろいろ後回しにしてる私。

ものすごく

言い訳じみたことを書いてる私。

でも、さすがに取り組むぞ〜〜〜〜〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| 日常 | comments(2) |

スポンサーサイト

【2017.10.14 Saturday 09:23
author : スポンサードリンク
| - | - |

この記事に関するコメント
私も先生と同じ。ヒューマノイドに幼児教育をさせるのは反対です。(まぁ学童期以降も反対ですが。)
ただ、その理由に関しては、ちょっと谷澤先生とは違うかな。
谷澤先生の おっしゃる『人間らしくて、不完全』そんな存在がいいってこと。私も、『人間臭さ』溢れる先生が子供たちの側にいてやって欲しいけど、先生のそういう『人間臭さ』を子供が、わかる、感じるのって、もっと成長してからだと思うんですよ。幼児期よりもっと先、早熟な子でも、学童期半ばぐらい。だいたいの子供たちが理解できるのは、思春期以降ぐらいじゃないかなって。
自分の子供の幼児期や、 そのまわりの子供たちを思い出しても、幼児期の子供たちに とって、幼稚園の先生って 『あこがれ』 だったり、『ヒーロー』 的な存在。「せんせいは、おりがみも、いっぱい おってくれるし、オルガンも、いっぱいひいてくれる! なんでもできるね~!しゅんごいねぇ~!」とかって 存在だったと思います。
じゃあ、私がなぜヒューマノイドによる教育に反対かというと、子供には、小さければ小さいほど、『人肌のぬくもり』が必要なんじゃないかなと思うから。
幼児って、淋しいとか悲しいとか、自分の体調が悪い時とか……今、自分が どの状態でいるのかすらも、もうわからなくって、パニック状態で泣きじゃくっちゃうってこと、よくあるけど、それをギュッと、抱きしめ「大丈夫よ~」って頭を撫でてもらったり、背中をさすってもらったり……その時の先生の胸や手のひらの温かみや、微かに伝わる鼓動、声のトーン、先生が醸し出す、包み込んでくれるような雰囲気……そういった『ぬくもり』を 身体全体で感じとって、安心できたり、身体の不調が和らいだり……
パニック状態でなくとも、日々の幼稚園、保育園の教室内外での教育活動、保育活動の中で、先生の子供たちに語りかける声や手の温かみなどなど。そしてその『ぬくもり』から感じる安心感や和らぎを 心と身体に染み込ませていきながら、人として成長していくんじゃないかなって思うんです。
そんな『ぬくもり』を 子供たちに与えたり、子供たちを包む空気を醸し出すことって、ヒューマノイドには できないことだと思うんです。
私は普段、中学生と接する仕事ですが、中学生であっても不安な時、体調のすぐれない時、私の腕に身体ごとベッタリしがみついて来る子もいるし、そっと背中をさすってやったり、肩をポンッと叩いてやったりすることで、スッーと笑顔を浮かべたり、安心してうなずいていく子もたくさんいます。すれ違いざまに、アイコンタクトを送ると、ニッコリしたり、手をふって応えてきたり。
暴れる男子生徒を 取り抑えるために、後ろ手に回って身体ごと がっちり抱え込むと、初めは身体全体が ガチガチに硬いんです。でも、身体を抱え込みながら、耳元で「大丈夫だからな。大丈夫だから……落ち着け……大丈夫だから」って。子供が次第に落ち着いてくると、だんだん身体の硬さ、ゆるんで柔らかくなってくるんです。そしたら、ゆっくり背中をさすってやる……。
中学生でもそうだし、ましてや、もっと小さな幼児たち。人肌のぬくもりの無い、ヒューマノイドによる教育って、私は反対。絶対嫌だなって思います。
| ゴロンタ | 2017/07/26 11:25 AM |
ゴロンタさん。そうですね。「手当て」ができるのは、ヒューマノイドではなく、人間ですよね。
私もまた考えてみますね。意見をありがとうございました。
| ◆ゴロンタさん ← 谷澤 | 2017/07/26 1:28 PM |
コメントする










谷澤 久美子
counselor