覚める前。 | 今のところではありますが…
<< すきま | main | 問題がややこしくなる前に。 >>
覚める前。

【2017.03.31 Friday 08:37

以前、

活動していた中学校の卒業式に参加することができ、

校長先生の式辞で、

私は初めて「休眠打破」という言葉を知った。

 

この言葉を知った瞬間に、

知ってよかった!って思った。

嬉しくなった。

 

桜は、温暖な気候だけでは咲かない。

厳しい冬の寒さがないと

開花しないんだ。

それを「休眠打破」という。

みんなの将来には、

暖かい出来事ばかりではないと思う。

でも、その時は、

この時期があるから自分の人生の花が開くと

考えて生きていってほしい。

 

〜のような話に、

私は素直に頑張ろうと思った。

 

 『休眠打破」とは「コトバンク」より

 桜は夏に翌春咲く花芽を形成する。

 いったん休眠に入った花芽が、

 冬季に一定期間低温にさらされ

 休眠から覚めること。

 その後の気温上昇と共に

 花芽は成長して開花に至る。

 冬暖かすぎると

 春先の気温が高くても

 開花が遅れることがある。

 

 

今年静岡の桜が遅れているのは、

一定期間の低温が足らなかったからかな?

 

 

 

さて、

年度の変わり目、

春の格差は厳しいと思う。

明るい未来に向かって希望を持って進んでる方と、

どうしようもない不安の中で

先が見えずに

うずくまっている方もいると思う。

 

テレビやSNSで

「スタート」とか「新」って言葉が

ヘビロテされればされるほど、

自分を情けなく感じ、

世間の明るさと比例するように

自分をダメだと思ってしまったりする辛さ。

 

 

 

私にもそういう春があった。

 

平成9年3月31日に

実父が突然亡くなって

その日から

家業の会社廃業の手続きを終えた夏まで

その年の春はきつかった。

 

突然の廃業で迷惑をかけた

働いてくださっていた方や、

取引のあった方々への

申し訳ない思いは今もそのままあるし、

心配し見守ってくれた家族や親戚には

感謝しかなく、

で、

なんといっても

父が亡くなってしまったのは悲しいし、寂しい。

そう考えると

もう二度とあんなことがあってはいけないんだけど、

 

それでも、

今思うと、

そう、

今だからそう考えられるんだけど、

あの時期は、

「一定期間低温にさらされた」

期間だったんだと思う。

 

ただ、その最中は、

そんなことは考えられず、

不安の中で、

ただ目の前のやらないとならないことをやり、

考えないとならないことを考え、

選択をし続けた。

 

桜はいいよなあ。

きっと、いろいろ数値化されていて、

一定期間とはどのくらいで、

低温とは何度で、

それがどのくらい続くと休眠から覚め、

どのくらいの暖かさで開花するのか、

データになってると思う。

 

「人」って、

「生きる」って、

そんなわけにはいかないものなあ。

 

あとこれくらい不安が続くと、

元気になれる・・・なんて、

誰も教えてくれないもの。

 

ゴールが読めれば

まだ頑張れるけど、

確証ないまま行く怖さ。

 

 

これを超えると、

絶対に明るい日が来るから

なんて、

たとえそう言ってもらえたとしても、

不安色のサングラスかけちゃってると、

不安しか目に入らない。

 

そういうの、

めちゃ分かる、

って言っていいと自分に許す。

断言する、「分かる」って。

 

 

それでもね、

あの春を

なんとかかんとか生きた私は、

やはり

あれこそ

「休眠打破」だったと思う。

 

あれがなかったら、

その後はなかった。

 

 

 

 

こんなの、

慰めにもならないと思うけど、

 

今、苦しい方々には、

とにかく、生き延びて!って言いたい。

 

布団に潜り込んでても、

1日パジャマでも、

とにかく、なんとか生きて!って。

 

おいしくなくても、何か食べて!って。

眠れない夜が続くこともあるよ!って。

 

 

 

気休めにもならないかもしれないけど、

 

これまで何か間違いをおかして

自分を責め続けている方には、

「仕方なかった」という言葉を、

 

自分の力が信じられず、

これから先のことが心配で仕方ない人には、

「どうにかなるよ」という言葉を、

 

つぶやく瞬間も持ってほしい。

 

 

 

 

そして、

できたら

誰かに、

「助けて!」って、

言ってくれるといいと思う。

 

 

そうして、

「あの年の春は休眠打破だった」

って言う日が来るといいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| 日常 | - |

スポンサーサイト

【2017.06.24 Saturday 08:37
author : スポンサードリンク
| - | - |


谷澤 久美子
counselor