八方塞がりでも大丈夫! | 今のところではありますが…
<< インスピレーション | main | 「ちゃんと言う」の、「ちゃんと」の具体、あります。 >>
八方塞がりでも大丈夫!

【2017.01.08 Sunday 22:29

選択について学び合う勉強会

全3回の3回目を終えた。

 

過去、

なんとか乗り越えてきた出来事を

選択肢をテーマに振り返ったり、

これから起こりそうな出来事に対する

選択肢を考えたりした。

 

介護のことや

人間関係上の問題、

いろいろな責任を果たした後の

自分の生き方、

やりたいことと

やる必要があることの間の葛藤などなど、

参加してくださった方々が

自分に起こりそうなことの

問題解決を考えた。

 

問題解決に向かって

選択肢を立てることができた経験は、

多分、皆さんの自信になったのではないか。

また自分が立てがちな選択肢がわかり、

見逃しがちな選択肢も見つかったのではないか。

それは、やるかやらないかで行き詰まった時に、

自身を助けるのではないか。

 

この3回のプログラムは、

私の完全オリジナル。

信じて参加してくださった皆さんに感謝。

そして、学び「合う」ってことの

豊かさを、

めちゃくちゃ感じることができる

プログラムになったと思う。

 

 

オープンOKの感想をシェアします。

 

「いろんな人の話を聴くことで、

 掘り起こされる気づきがあって、

 脳みそがパカーンと開いていく

 ような感覚を味わいました。

 今日は同じ目的を持って集まった 

 仲間だから、安心して話せるし、

 共感してもらえて嬉しかったです。

 多分、日常生活で、

 うまくかみ合わないと感じている人とも、

 これぐらいじっくり話し合ったり、

 相手の背景を知る機会があったら

 『な〜んだ、そうだったのか!』と

 思えるのかもしれません。

 分かり合えないと感じている人に対しても、

 余白のある見方ができそうな

 気がしてきました。

 自分で選ぶということは、

 自己信頼を築いていく一歩だと

 思えました。

 『選ばない』と決めること、

 『放っておく』と決める

 選択肢もあると思うと、

 とても気が楽になりました」 S

 

「選択肢を考えるって

 苦しいことだけでなく、

 問題解決の可能性を広げる

 わくわく楽しいこと。

 一人で考えてもいいし、

 誰かに話して語りながら

 (選択肢を)増やすことができる。

 その相手との化学反応も

 リソースにしたい。

 今年どんな気分でいたいかなど、

 自分に問いかけることで、

 自分を知って、さらに選択肢を

 探しやすくできる。

 休みながら、

 自分で選ぶことを繰り返す、

 『わたしの人生』を

 歩んでいきたい」 K

 

「無いものねだりになる自分なので

 おそらくどんな選択をしても

 きっと後悔すると思う。

 でもそれは、裏を返せば、

 どんな選択をしても

 得るものがあるとも言える。

 選択肢があるということは、

 自分が大切にしてきたもの、

 したいものが、

 その分あるということだと思う。

 『人生』や『選択肢』の意味づけは

 人それぞれだと思ったけど、 

 それは、人には人の数だけ

 事情や背景があるんだと思う。

 それが分かって、

 優しくなれる気がする」四季

 

「自分の中には

 新しい一歩を踏み出したいという

 大切な思いがある。

 でも踏み出すことも不安もある。

 何かのきっかけがつかめたら・・・

 と思い参加しました。

 講師の話、ペアや全体での交流の中で、

 目立って響いてきたのは、

 『タイミング』と言う言葉です。

 選択は、伸ばしてもいい、やり直してもいい、

 今がその時というタイミングが来る、

 その時を待ってもいい。

 私は自分に今できることを考えながら

 実行しながら、その時を待とうと

 思いました。

 焦らず一歩一歩、時に『しない』という

 選択肢も織り交ぜながら

 歩いていこうと思います」 G

 

「自分の思っていること、考えていることを

 ワークの中でシェアすると

 その度に、新たな視点が見つかり、

 世界が広がっていく気がしました。

 自分一人で考えていると、

 どうしても枠から出られなくなるから、

 『学ぶ』ことは自分を自由にすることかな。

 この一年『選択すること』に思いを馳せ、

 今までより丁寧に暮らせた気がします。

 自分の残りの時間を(平均寿命から算出して)

 具体的に考えてみると、結構長いなと・・・。

 この先もう一踏ん張り何をしようかななんて

 気にも慣れました。

 またみんなからフィードバックをもらい、

 自分の考え方、言ったことなどが

 はからずも誰かの役に立っていたと知り、

 嬉しかったです」   もも

 

「毎日の中で、選択しない日というのは、

 1日たりともないんだなって

 思いました。

 大小の選択の積み重ねでできていて、

 決まっていることも正解もなく、

 『引き返す』も『一回休み』もありの、

 地図のようなスゴロクのような感じです。

 スゴロクはバクチ感があるので、

 やっぱり地図かな。

 今日まで生きてきた中で、

 特に後半は悩みと選択の連続

 でしたが、過ぎてみると、

 『大切なもの』も見つけてきました。

 ある日、娘が聞きました。

 娘『おかん、自分の大事な時間を

   割いてでも会いたい人、

   どれくらいいる?」

 私『うーん、○ちゃん(地元の親友)、

   ○○さん(パート先の仲良しさん)、

   あと、くみ(←谷澤のことです)関係

   の勉強会などでできた友達。。。』

 娘『ふう〜ん、意外にいるね。

   私、そんなにいない』

 夫『オレは全然いない』

 私『そいう人は、どのタイミングで

  やってくるかわからないよね〜』

 私はなかなか、幸せものだと思いました」

               C

 

参加くださった皆さん。

時々、

「おいとく」「逃げる」「決めない」

も使おうね。

自分にとって大切なことは

「『あきらめる』を選ばない」って

決めておこうね。

 

八方ふさがってたら、

穴ほりゃいいよ。

道具やエレルギーがなかったら、

今は「待つ」時なんだよ。

 

そして、もう面倒なことは、

選んでおいてしまうのも手だよ。

例えば、これは私の場合だけど、

「電話の営業は、どんな内容でも、

 なるべく早く切らせていただく」

とか。

 

そして、日々の中で、

時々、

「自分をめっちゃ大切にする」を

選択をしてください!

 

 

 

 

さて、ワークのひとつで、

平均寿命まであと何日か

計算することをしてみた。

で、

私の人生上、

月曜は

あと

1488回なのだ。

 

ちょっと愛しい。

 

 

⇧生まれた年からの100年カレンダーを買ってみた。

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| 日常 | comments(0) |

スポンサーサイト

【2017.03.23 Thursday 22:29
author : スポンサードリンク
| - | - |

この記事に関するコメント
コメントする










谷澤 久美子
counselor