畏れながら。 | 今のところではありますが…
<< 複雑さを噛みしめる。 | main | インスピレーション >>
畏れながら。

【2017.01.01 Sunday 13:04

 

2017年となりました。

おめでたい方にもそうでない方にも、

とにかく新しい年が、ひとまず明けました。

そして良いお天気でした

 

今年は喪中の我が家。

花も控えめに白の八重のチューリップ。

八重のチューリップは

開いてからが素敵。

もちろん

ピンと上を向く蕾もいいけれど、

花首がちょっとだけ垂れてきた、

ここからいよいよ

いいんですよねえ。

 

 

 

 

 

さて、私の仕事について。

 

昨年も、

年間通して

「コミュニケーション」について

講座を持ち、原稿を書き、講演をしました。

 

言葉がうまく通じない他者に

何かを伝えなくてはならない時、

私たちのコミュニケーション筋は

鍛えられます。

 

それはたとえば、

パートナーに今まで頼んでなかった家事を頼みたいとか、

我が子のスマホの使い方を、

何としても話し合いたいとか、

職場の後輩の自立のために

アドバイスしたいことがあったり、

昨年まで上司で退職後再雇用で同僚になった方に

仕事のやり方を合わせてもらうよう

伝えなくてはならなかったり、

友人が誘ってくれた旅行、

一旦はOKしたけれど直前になって断りたかったり、

シャンシャンで終わってきてた

PTAの会議で意見を言いたかったり・・・、

 

いろいろな場で、

いろいろな「伝えたいこと」があり、

多くの方が悩みながら、

筋力アップに励まれ、

そのサポートができたと思います。

 

それぞれの「伝えたいこと」には、

背景がありました。

 

愛しているからこそ、

照れくさかったり、

 

明日からもいい関係でいたいからこそ、

怖かったり、

 

大事だからこそ、

熱くなったり、

 

認めてほしいからこそ、

不安があったり、

 

信じているからこそ、

言わなくてもわかってほしい・・・、

 

単純ではないから口ごもったり、

時々は

理論的すぎたり、

大きな声すぎたり、

あるいは

ひとり会議の結果

胸の中にしまいこんでた

「伝えたいこと」たち。

 

 

講座や講演会に参加してくださった方々の

「伝えたいこと」

ひとつひとつ、愛しかったです。

 

自分がいて、

他者がいて、

その間にある「伝えたいこと」。

 

他者を思い通りに操ることはできないから、

自分から近づいていく。埋めていく。

工夫しながら、確認しながら、

努力していく。

 

そのサポート、

2017年もやっていきたいと思います。

 

 

 

 

もうひとつの仕事「相談」。

主宰している相談室と、

学校の中で、いろいろな方のお話を伺いました。

 

目の前にいる方が、

何とか少しでも楽になるよう、

そして、

ご自分で自身を楽にできるよう、

話を聴くのが私の仕事。

 

複雑に絡み合った出来事の中から、

その方が見えなくなっている価値を見出したり、

状況に関してどういう感情を抱いているかの言語化を

手伝ったり、

苦しい中でも何とか生活してきた力を確認したり、

問題解決に向かっていくその方を応援したり、

そうして、

今回の出来事を研ぎ石にして、

これからの人生を豊かなものにしていくこと。

 

今年もやっていく覚悟。

 

 

 

今年もやっていくんだけど、

やはり今年も、

私はきっと

不安になったり、心配になったり、

怖くなったり、

畏れ多くて身の置き所が無いような

そんな気持ちになることもあると思います。

 

 

そういう気持ちを

簡単に片付けないでいきたいな。

ネガティブな感情を、

すぐに落ちつかせたり、

早々に手放さないでいきたいと思う。

そういう気持ちを手荒く扱わないで、

時々は、じっくりゆっくり味わって、

それで、

たまにはすごく落ち込んだり、

めちゃくちゃ暗くなったりもいいと思う。

 

そういうのが私なんですよね。

 

 

 

2017年が始まりましたね。

良い年にしましょうね。

 

 

今年もよろしくお願いいたします。

 

author : tanizawa-k
| 日常 | - |

スポンサーサイト

【2017.10.14 Saturday 13:04
author : スポンサードリンク
| - | - |


谷澤 久美子
counselor