そうなんだね。 | 今のところではありますが…
<< ちょうどいい距離にいる。その2 | main | 客観スイッチ! >>
そうなんだね。

【2016.01.05 Tuesday 12:47
自己評価がいつも安定していて、
しかも、高めに安定している人だからといって、
必ずしも、100%いい時ばかりではない。
欠点もあるし、
失敗もするし、
気にしてしまいやすい出来事がある。
自分自身に疑問をもつことも、
やってきたことに疑いをもつことも、
人間関係がうまくいかないことも、
相手を思い通りにしたくなってしまうことも、
これからのことで不安になったり、
心配になったりすることだってあると思う。

ただ、安定して高めの自己評価がもてている人は、
①「そういう時もあるし、
 そういうこともある」
と受け止めて、
②「じゃ、どうしていこうか」
と考え、
(自分のコントロールできる範囲内での
 工夫を考え)
③その上で行動をしていくんだと思う。

受け止め、考え、行動する。

その3つのステップには
それぞれ難しい点もあるが、
考え方や方法がわかると、
ちょっとはやりやすくなる。

たとえば
①受け止め。

これは、
「そうなんだよねえ」
と自分の中で言葉にしてしまうことをイメージ
してもらえるといいかも。

自分と自分自身が話す感じかなあ。
(もちろん、他者がいるところでは
 頭の中でやりましょう)

自分「犬の朝の散歩を夫にまかせきりってのは、
   これは私に問題がある」
自身「そうなんだ

自分「あの上司の、あの言い方には腹たった」
自身「そうなんだね

自分「明日のミーティングで話すことに
   不安がある」
自身「そうかあ

自分「あの人の話、言い訳ばっかりききたくない」
自身「そうなんだね

みたいなことだ。

「言い訳ばっかりききたくない」
と心の中でつぶやく自分に対して、
「ダメじゃん」と自分で自分に
ツッコミいれるんじゃなく、
「ききたくないに決まってるよ」と
自分に同感しちゃうんでもなく、
そういう状態なんだね
って
そっと共感する感じ。


「問題なんてない」とか
不安や怒りを否定してしまうのは、
自分を抑え込むってことで、
そればかりしていると、
どちらかというと、
自己評価をさげる方向に
いってしまう。

自分の中でわいた感情、考えたことについて、
正直になって、
こういうことが起こっていると、
頭の中で言葉にしておくことが、
受け止めるってこと。


自分「私って、体力的にここまでが限界」
自身「そうなんだね

自分「そこを変えたいんだけど、変えること
   って難しいよ」
自身「そうなのね

自分「どうしても、差別する人を許せない」
自身「そうかあ


ただし、受け止めたからって、
流れのままに任せればいいって訳でもないし、
あきらめればいいって訳でもないし、
開き直っちゃえて訳でもない。

その後、
適切な行動の選択肢を考えられるといい。


今週末開催する勉強会は
以上のようなことも含め、
比較的高めに安定させていくには
どうしたらいいかを学び合う会。


「自己評価をあげるための時間」
2016年1月9日(
土)午後1時15分〜4時45分
内容:自分に対して批判的になりすぎないように、
   やれることを学びます。
   マイナスも失敗もひっくるめて、
   自分を受け止めることにチャレンジします。
   もちろん、楽しくおしゃべりしながらです
会場:静岡県教育会館
参加費:3000円
お問合わせ:お申し込みはコチラ→



「自分の短所、失敗、弱みをを認めること」
は、
「自分がダメ人間と認めること」
とは違う。

そこをちゃんとおさえた上で、
短所を矯正する方向に向かうんでもなく、
自分の中や周りでおきている問題に
注目するんでもなく、
どちらかというと
長所を強化したり、
問題ばかりではないことに目をむける。
そんな会にしたいと思っている。



「まあまあ、ぼちぼち、
 私ってやってるんじゃないかな」

「だめなとこもあるけど、
 そんな中、やれてることもあるし、
 ま、この自分でやっていくか」

「失敗しちゃった。
 やってしまったなあ。はあ〜・・・
 でもとにかく、まずはこの書類を仕上げないと。
 ・・・・
 さて、次はどうしたら成功できるか
 私のできること、考えてみよう」

そんな感じがイメージかも。


あと3名ほど、参加可能。
ご検討ください。(満席になりました)


・・・・・・・・・・・・・・・・・
上の講座と同じようなカテゴリーの講座で
谷澤が講師を務めるものは・・・

<ストレス・マネージメント術>
①ネガティブな感情、サプリ化講座
 3月5日(土)13:30〜16:30
②今こそ必要 客観力講座
 3月12日(土)13:30〜16:30
★両講座とも会場は静岡県教育会館
◆主催:働く女子大学 うるおいプラス
 詳しくは→




では、ちょっとひと息いれますか!
author : tanizawa-k
| 相談室 | comments(0) |

スポンサーサイト

【2019.09.06 Friday 12:47
author : スポンサードリンク
| - | - |

この記事に関するコメント
コメントする










谷澤 久美子
counselor