日常 | 今のところではありますが…
一点のシミ

【2019.08.16 Friday 13:32

真っ白い壁を前にして立つ。

そこに一点のシミ(例えば5センチくらいの)が

あるとする。

壁のめっちゃ近くまでいき、

そのシミを目の前に、

シミだけに集中して、

そのシミだけを見ると、

目の前は真っ黒だ。

 

なんだけど、

2〜3歩下がって壁を眺めると、

白い壁のシミは

単なる一点の

ちっちゃなシミに過ぎない。

ほとんどが白いスペースだ。

 

 

〜なように、

日常の中で、

問題はいろいろ起きるけれど、

どうしたら、

その問題だけにとらわれず、

自分の毎日を真っ暗闇にすることもなく、

生活できるのだろう。

 

 

 

昨日は、

帰省した友達を含めた4人でランチした。

還暦前後の4人は、

それぞれ、

最近になって資格を取ったり、

新しい仕事についたり、

充実した趣味を持っていたりする。

この年齢になれば、

いろいろな問題はあるけれど、

問題はありながらも、

問題だけにとらわれずに

ちゃんと生活をしている人たちで、

約4時間おしゃべりして、

私はすっかり

活を入れてもらった感じだ。

 

逆に問題がなければ、

みんな、

こんな風にはしっかりと

自分の毎日を送れてないのかもしれない、

とさえ思うほど。

 

 

 

そんなようなことを言ってる人がいる。

 

平成を代表する経営者、

稲盛和夫氏は

「困難は愛が形を変えたもの」と言われたと

PRESIDENTOnlineの記事にあった。

「人生にはいろいろな困難がつきものです。

 それを嘆くのではなく、

 『自分を成長させるために神様が与えてくれた、

 神様の愛が変形したものなのだ』と考える」

のだそうだ。

 

「神様の愛が変形したもの」とは

さすがに

そこまでは

私には思えないけれど、

それでも、

「困難があってもそれにとらわれずに生きる力」も、

筋肉と同じように、

使わないと衰えるのではないか?

 

ランチした友達は、

なんというか、

一層力強く、

一層暖かく、

一層尊敬する人なんだけど、

問題を力にする筋肉が、

ますますついているのかもなあ。

 

その力があるってことは、

壁のシミ以外の

真っ白な部分を

ちゃんと見てるってことだ。

 

 

 

有森裕子さんの、

小出監督が亡くなった時の

コメント。

彼女は

故障して落ち込んだ時、

監督の言葉に救われたと

インタビューに答えてた。

「『物事に意味がないものはない。

 どんなことが起きても、

 せっかく(故障したのだから)と

 (プラスに)思え』といわれて

 故障に立ち向かえた。

 監督からの一番の言葉だった」

 

「なんで(この時期に怪我しちゃったんだ)?」

と考えるのではなく、

「せっかく」って考えること、

これを素直に受け入れた有森さんが

さすが一流のアスリートで

すごいなって思う。

 

 

卑近な例で言うと〜〜〜

 

我が家では洗濯機が壊れてしまって、

新しいものを購入したのだけど、

配達してもらえる日が限られていて、

その日は本当は用事があったけれど、

洗濯機が使えないのはとても困るので、

用事の方の変更をお願いし、

1日家にいることにした。

 

「もう〜、なんで!(怒)」

なんだけど、

「せっかく家に居られるから」

と考えると、

こりゃ、ちょっと儲かった気分にもなる。

 

あまりにも小さい例で恥ずかしいけど、

そんな感じに使ったらいいんだろうなあ。

 

 

 

先日読んだ

「スタンフォード式最高のリーダーリップ」

という本の中には、

日本の伝統技術「金継ぎ」の話が出てきた。

 

(金継ぎ(きんつぎ)は、

 割れや欠け、ヒビなどの陶磁器の破損部分を

 漆によって接着し、

 金などの金属粉で装飾して仕上げる

 修復技法である。

 金繕い(きんつくろい)とも言う。Wikipedia)

 

破損部分、つまり問題を

逆に価値に変えてしまう方法。

 

先の本の中では

「人生でいくつか傷ついても、

 傷を隠すのではなく、

 『自分の大切な部分』にできる」

と書かれている。

 

そんな風に

自分の失敗も弱さも問題も、

金継ぎのような力強い美しさにできると

考えることができたら

すばらしいなあ。

 

 

 

NHKラジオの「すっぴん」で

麒麟の川島さんは、こんな話を紹介してくれた。

ある時、相方の田村さんが、

もう何百回となくやっている漫才の途中で、

セリフが飛んでしまい

間が10秒空いてしまったのだそうだ。

その場はそれをネタにして笑いをとったんだそうだ。

楽屋に戻って、

田村さんに理由を聞くと、

「一番前の席の子の食べてたお菓子が

 気になった」とのこと。

 

私が驚いたのはここから先。

 

川島さんは

「20年コンビ組んで、

 まだまだ田村の知らない一面が

 あるなあと思った」

と言ったのだ。

 

この田村さんの失敗を、

「緊張感ないな!もっとちゃんとやれよ」

と怒るのでも責めるのでもなく、

「田村さんを知る材料」として捉えたって、

参ったな!と思った。

 

 

 

Facebookでフォローしてる

さとなおさんは

ある時、

「Always look on the bright side of life」

というモンディ・パイソンの大ヒット曲を

紹介してくれてた。


「『おい、人生の明るい面を探してみろよ』

 と教えてくれるのだ。

 いま、悩んでいるんだろう?
 そういうときは、ブライト・サイドを探して、

 そこを見るようにすればいいんだよ、って」

と。

 

 

 

何かのテレビ番組に

武田鉄矢さんが出ていた。

中継先で91歳の男性が

「自分は4つのことを大切にしてる」

と言い、

ふむふむと聞いてる武田さん。

取材してる方が

「4つとはなんですか?」と質問すると、

これまた残念なことに、

3つしか出てこなかった。

あちゃ〜な場面だ。

するとそこで

武田鉄矢さんは言ったのだ。

「一つくらい忘れた方が

 いいんですよ。

 明日思い出すかもしれないと、

 生きる気力につながるから」

いやあ、

恐れ入ったフォロー。

 

 

 

 

一点のシミの

目の前に近づいて、

そのシミだけしか目に入らなくなってしまうことも、

人間だからあると思う。

そうせざるを得ない時が、

人にはあるかもしれないなあ。

シミを見ればみるほど、

じわじわと広がっていき、

それが記憶に残ってしまう場合もある。

 

 

「あふれでたのはやさしさだった」

という本は、

奈良少年刑務所で行われていた、

作家・寮美千子の「物語の教室」についての

ノンフィクション。

この夏一番涙なみだ・・・の本だった。

 

「絵本を読み、演じる。
 詩を作り、声を掛け合う。
 それだけのことで、

 凶悪な犯罪を犯し、

 世間とコミュニケーションを

 取れなかった少年たちが、

 身を守るためにつけていた

 『心の鎧』を脱ぎ始める」

とamazon。

 

寮氏に「物語の教室」を依頼した

統括はその理由を、

「『彼らの物語を書き換えてあげたかった』

 という。

 苦しみに満ちた悲惨な記憶のなかにも、

 きっと美しい記憶、愛された経験が

 あるはずだと。

 ほんのかけらのような小さな記憶でもいい、

 そこに光を当て、

 『愛された経験』を取り戻すことで、

 『悲しみを悲しみとして受け止める感性』や

 『人間らしい気持ち』を取り戻してほしい。

 そうすればすべてを怒りに変えて、

 犯罪に向かわなくてもすむようになる

 はずだ」と。

 

 

寮氏やスタッフの先生たちは、

多分「もの言えば唇さみし」の経験しか

してこなかった少年たちに、

安心安全の場を作った。

 

「正解を言わないといけない」という

不安や恐怖もない。

「言いたくない」と言うことで、

「よくそう言ってくれたね、

 あなたは言わなくていいという選択肢を、

 この場に与えてくれたんだよ」と

受け入れてもらえる

そういう場。

 

そういう場で、

ほぐされていく心。

 

過去の

シミ以外の思い出を

言葉にしだす少年たち。

 

そのことで今現在の

ありようが変化していく

少年たち。

 

あ〜素敵だなあ。

 

 

 

そうやって、

問題や困難があったとしても、

それを分析することだけに集中するのではなく、

それを解決することだけにこだわったりするのでもなく、

問題や困難があったとしても、

日常の生活をやっていける力を

つけていかれることが、すごい。

 

 

 

 

 

シミだけしか目に入らない

そういう時があっても仕方ないけれど、

 

人間って、

それでもなお、

いろいろな考え方ができるんだ。

いろんな方法がとれる。

 

そういうことも可能なんだ。

 

 

そして、

シミしか目に入ってない方の

そばに寄り添って、

そっとサポートすること・・・。

 

白い壁の、

シミ以外に視点を持っていくことを

支えること。

 

あ〜

難しいなあ。

でも、やれるといいなあって思う。

 

 

 

4人で集まるのは、

盆正月の年2回。

元気でいないと!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| 日常 | - |

深読みと、浅返し。

【2019.07.03 Wednesday 09:30

少し前、

いつもの勤務曜日ではない日に

ある学校に行く。

 

すると

A先生が

「あれ?谷澤先生、

 今日いらしたんですね」

とめちゃ笑顔で言ってくださる。

 

たぶんA先生は

深い意味はなく、

単純に、

今日も来てくれたんだ!的な感じだったと思う。

 

なのに私ったら

「今日まで来てしまって

 すみません」

などと言ってしまい、

そのあと、激しく恥じる。

 

コミュ二ケーションの講師が

なんぼのもんじゃい!と

自分ツッコミ。

 

そのあとのA先生の対応が素敵で、

ちゃんと

「そんなつもりじゃないですよ」

と言ってくれた。

私も「ですよねえ」と言い、

お互い笑う。

 

助けられたな、A先生の対応に。

ありがたい。

 

私は時々、

こういうコミュニケーションをする時が

あるんだな。

やっかいだぜ、自分。

 

いい加減に、

この反省点(伸びしろ)は

もうさすがに伸ばしたいので、

こういうコミュニケーションに名前をつける。

「浅返し」と命名。

 

定義は

「その場のノリで、

 浮かんだことをパッと返してしまい、

 結果的に相手にイヤな思いをさせてしまう

 コミュニケーション」

 

名前がつくと、はっきりするなあ。

なんか、

気をつけられそうな気がする。

 

ま、これまでだって

たま〜にですし、

あとは意識ですな。

 

 

 

で、

私は、

深読みもする。

 

以前、

子育て中の方と一緒に仕事をしている時のことだ。

その方は子どものお迎えがあり、

打ち合わせをしていると

途中で帰宅しなくてはならない時があった。

私としてはその方が何の遠慮もなく

子どもを迎えにいって欲しい思いで、

ある時、

「今まで、聞いてなくってごめんなさいね。

 何時までに出ると間に合いますか?」

と質問した。

その時、ちょっとした間があって

「○時○分です」

と答えてくれたと思う。

 

で、始まった、

私の深読みが。

そのちょっとした間を根拠に

深読み始めたわけだ。

 

私の言い方が、

責めてる感じで嫌な思いをさせたのではないか?

私は子供がないから、

子育てをしながら仕事をしている方の

大変さやしんどさを、
分かりたいと思いながらも、

ほんとのところで、

どこか理解が表面的なんではないだろうか。

その方は仕事に対してめちゃ頑張っている方で、

なのに私の浅慮な言い方で、

ご自分の仕事の仕方に葛藤を抱えられたら、

そんな必要まったくないのに

それは、まずい。

 

で、そのあと、

その思いをそのまま伝え、

時間を聞いた真意は「協力したい」という

思いなんだ・・・

と伝えたら、

逆に

そこまで考えてもいなかったと

ビックリされたりした。

「間」は、

急にその質問が飛んできたので、

一瞬、話変わった?と思っただけの

ことだったらしい。

 

 

なんか、

きっと中日の与田監督も

「『お前』は教育的にどうよ」を

深読みされちゃって、

忖度されたんだろうなあ。

 

 

 

 

深読みは、

リフレーミングすると、

「いろいろな視点で考えられる」

なんだけど、

しすぎると、

イタイな。

 

浅返しは、

リフレーミングすると、

「すぐに反応できる」

かもしれないけど、

相手に

イヤな思いをさせてしまう。

 

 

ただ、両方とも、

万が一したとしても、

そのあと、対処できる。

前述の深読み問題で

自分の考えを正確に伝えようと

努力したように。

今回の浅返しは、

お相手の対応でうまくまとまったけど、

そうでなかったら、

自分から

「いやあ、なんか、私、

 いやみな言い方しましたね。

 恥ずかしい」

とか、自分の心の実況中継できる。

 

 

できたら、

深読みも

浅返しも

気をつけよう。

 

でもしちゃっても、

とりかえそう!

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

*さて、

そろそろ、

二回目のロゴセラピー勉強会に参加される方は、

お申し込みくださいね。

待ってま〜す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| 日常 | - |

寄り添ってもらってるんですなあ。

【2019.05.27 Monday 17:05

土日と大阪で講座を務めました。

1日目のランチあと、

歯ブラシの忘れものがあったので、

スタッフの一人が

「忘れ物です」と書いて受付に

置いといてくれました。

しかし、持ち主が出てこないので、

2日目のランチの後の歯磨きの時に

困るだろうと思い、

ホワイトボードに

「歯ブラシの忘れものがあります。

 お心あたりがある方は、

 スタッフまでお声かけください」

と書きました。

 

そしたら、

なんと、

忘れたのは

私でした。

 

歯磨きしようと思ったらなかった。

 

恥ずかしかった。

 

恥ずかしかったけど、

みんなが大爆笑してくれました。

なんか、助かったのでした。

 

 

 

今日は自宅で「ロゴセラピーを学ぶ会」。

5名の方とともに学び合いました。

 

少人数ならではのしっとりとして、

素敵な時間。

私の体験の話を聞いていただき、

その際、若い時に

私の目の前に立ちはだかった壁の話をし、

今までは

その壁を自分が頑張って乗り越えてきたと

思っていたけれど、

ま確かにそれもあったかもしれないけど、

その時に、

ただただ何も言わず見守ってくれてた人々が

いたことに気がついた話をしました。

今さら?とも思うけれど、

「自分が頑張ったからという

 傲慢な考えをしていたこと」に

気がつけてよかった。

 

 

また今日のように

何人か集まっていただいて

学び合いができるのは、

我が家に長机や折りたたみ椅子があるからで、

それは義母が華道を自宅で教えていたからで、

彼女が残してくれたものを

そのまま使えるからです。

亡くなってからも、

私の活動にそっと

応援してくれているよう。

 

 

で、その「ロゴセラピーを学ぶ会」、

熱も入って、

ホワイトボードに

思いっきり書いたりしながら進めると、

何とマジック、

「油性」でした。

 

皆さんが帰られた後、

「自分のバカ!おっちょこちょい」

とつぶやきながら

青の油性の上を

ホワイトボード用のマジックで

なぞりました。

 

30分かかりました。

 

本当にやらかしてばかりですが

こんな自分にも

慣れてきました。

 

可愛くも思えてきています。

もう、何かやらかさないと、

気が抜けるくらいな感じかも。

 

やらかす自分を

自分が寄り添っているんだと

思うことにしました。

 

 

 

先週の金曜は

島田市でペアレントサポーターの

活動をされている方々への

「寄り添い方」の講座の2回目。

 

私のしくじり話満載で、

お役に立ったのかどうか。

ただ、

受講生の方がご自宅からバラと花瓶を持って

きてくださった。

 

 

なんかさ、思ったわけです。

いろいろな寄り添い方を

していただいてるんですなあ。

 

失敗を大笑いしてもらったり、

選択を黙って見守ってもらったり、

助けになるものを残してくれたり、

会場を華やかにしてくれたり、

いろいろ寄り添いの仕方を

してもらっての

今日なんですなあ。

 

 

 

先週5月21日に、

3月30日に開催したアサーティブカフェの

フィードバックシートが一枚、届きました。

 

2か月くらいたってしまったら、

人間、ま、出してないけどいいか・・・

とか考えるものじゃないですか。

そう考えて出さないという選択も、

全くある!と思う中、

出してくださった。

 

しかも、シェアOKで、ありがたい。

「初めてのカフェに参加して、

 気付けば2か月経ってしまいました。

 昨年12月に基礎編を受講し、

 アサーティブで

 前向きに自分を変えていこう!と、

 ひよっ子な私。

 今回カフェで出会った皆さんは、

 もう何年もアサーティブと

 関わってこられたベテランさんが

 多かったです。

 そこでとても衝撃を受けました。

 自然と漂う落ち着きと穏やかさ。

 言葉では言い表しにくいのですが、

 全然ガツガツした感じがなく、

 すーっと引き込まれてしまうような

 魅力をもつ方々の集まりでした。

 他人を受け入れる懐の広さ。

 自分の感情にしっかりと向き合える姿勢。

 アサーティブが勝手に

 毛穴から吹き出てくる〜!

 そんな風に私もなりたいなと思える、

 本当に素敵な時間、

 そして新たな学びの時間でした。

 この素敵な出会いと気づきに感謝しながら

 自分のペースで

 ステップアップしていけたらと思います」

 

お互いの出来事に、

お互いの苦労に、

お互いの頑張りに、

お互いのくじけそうな心に、

アサーティブカフェは

寄り添い合える場に、

育っていたんだなあ。

 

こういう場を作れたなんて、

なんてありがたいことなんでしょう。

 

 

やらかしちゃうことも多い私だけど、

誰かに寄り添い、

寄り添ってもらいながら、

これからもちょっとずつ進んでいくのです。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

<谷澤相談室>これからの講座など。

全て静岡市内。

 

●アサーティブトレーニング応用編

 6月15日・16日

 静岡市内

*一度受講された方で

 もう一度受けたいという方!

 受講料をお値引きいたします。

 連絡ください。

 

●ロゴセラピーを学ぶ会

 7月28日 午後

 

●アサーティブトレーニング紹介講座 

 8月3日 午前中

 

●アサーティブカフェ

 8月3日 午後

 

●アサーティブトレーニング基礎編

 8月25日26日 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| 日常 | - |

「本音」への態度

【2019.05.21 Tuesday 06:09

先輩に

「最近、アイディアにキレがないよね」

と言われたとしよう。

そんな時に、

「私のために言ってくれてるんだから、

 感謝しないと」

と思えたら素敵だ。

 

手一杯な状況の中、

上司から責任の重い仕事を任されたとしよう。

「厳しい状況だけど、

 これもチャンス!」

と捉えることができたら、

とてもいい。

 

前向きに考えるのは、

とってもとっても素敵なことだと思う。

 

ただ危惧もある。

 

本当に素直に、心からそう思えれば

それもいいと思うけど、

その出来事が起こった時から、

そう思えるまでの間に、

「本音」があったとしたら

その「本音」を自覚できるといいなあ。

 

 

「最近、全く企画をあげてない先輩に

 そんなこと言われる筋合いはない」

とか

「この状態で、それ?

 仕事量見てから指示してよ」

などという「本音」があるのに、

そのことに無自覚に

ポジティブな考えで上書きすると、

うまくいかないことも多いと思う。

 

ま、何回かはそれでやれるだろう。

 

でも、「本音」に無自覚が続き、

自覚しなかった「本音」がたまっていくと、

それは体や心に毒だ。

ためると、

よどんだり、

変質する。

ちょっとしたことにも

イライラしたり、

くよくよしたり

するようになったりするもの。

 

 

 

じゃ、どうしたらいいのか?

 

自分の「本音」を一旦は認めよう!

とおすすめしたい。

 

例えば、

「最近、全く企画をあげてない先輩に
 そんなこと言われる筋合いはない。

 悔しい」

とか、

「この状態で、それ?
 仕事量見てから指示してよ。

 めっちゃしんどい」

とか、

「本音」の中に湧いてる感情まで

しっかりと認識することだ。

 

この一手間を通りたいのだ。

その次だったら、

ポジティブシンキング、

すごくいいと思う。

 

「本音」を自覚した上に、

ポジティブに考えられたら、

幾つかの選択肢から、

自分の明日にとってプラスになることを

選んで行動できるんじゃないか。

 

 

ただ、

一般的には

「本音」は悪いものというイメージがある。

隠しといた方が無難だと、

なんとなく学習しながら成長するものだ。

 

(他者にわざわざ言うこともないけど、

 自分にまで隠してしまったら、

 そのままの自分を粗末に扱ってることに

 なってしまう)

 

そして

「本音」にどういう態度で接することが

心の健康に良いのかを

学ばないまま大人になる。

ピンチはチャンス!

とか

われ以外みな師

とか

言い聞かせて

毎日を暮らすのは、

ホント辛いよ。

 

 


大切なことは、

自分自身の「本音」に対して

誠実であること。

 

「本音」への態度を知り、

日々の出来事の中で

実践すること。

 

 

 

この重要性を伝える機会をいただいてる。

 

今週火曜は20代〜30代の男性の組織で

話した。

明日はボランティアで保護者を支援する方々に

お話する。

 

なんか、このことに関して、

私はめっちゃ力が入ってしまうんだなあ。

 

 

 

 

 

 

「居るのは辛いよ」、、、これまた良き本。

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| 日常 | - |

「愛と誠」反芻デイ

【2019.05.14 Tuesday 17:50

「愛と誠」という漫画に、

幼い時にハマった。

 

 

いくつかの印象的なシーンの中で、

今も時々想起するエピソードがある。

 

 

愛の父親はある事件で汚名を着せられたが、

その事件の真相を話そうと

会見の場を設定した。

しかし、

真実がバレることを恐れた人たちが、

不用意に行動していた

愛の母親を誘拐してしまった。

父親は彼らからの取引に応じて、

会見をとりやめた。

返された母親に対し、

父親は「浅はかな真似をしてくれたな」と

責める。

 

その次の瞬間の愛の言動が、

子どもだった私にとっては

衝撃だったんだ。

 

優しくって、周囲をいたわり、

天使みたいな心の愛が、

なんと、

母親を罵倒したんだ。

 

謝る母親に対して、

「謝ってすむことではない」

とか、

「自分の夫の面目を丸つぶれにした」

とか、

「なぜ誘拐された時、夫の名誉を守るために、

 舌を噛み切って死ななかったのか」

とか・・・。

結構な剣幕で、結構なことを言う。

 

すると、それまで責めていた愛の父親が、

「そこまで言わなくても」と

母親をかばうのだ。

 

愛は、

「やってられない」のようなことを

つぶやき

家を飛び出る。

 

 

私は、驚愕!

そう驚愕って言葉がぴったりくるような

気持ちを味わい、

愛は一体どうしてしまったのかと思った。

 

 

続いて

誠が愛の言動を解説する。

 

誰かが憎まれ役をやらないと、

父の恨みが母親に集中する。

もしかすると夫婦は

うまくいかなくなるかもしれない。

それを見越して愛が憎まれ役を熱演したと。

 

「自分は、

早乙女愛に対して、

ずっと悪役を演じ続けてきた

悲しい三文ピエロだから、

愛の気持ちがよくわかった」

と告白するんだ。

 

薄く見積もっても

40年以上前のことだから、

細かいところは勘弁してもらって、

大筋こんな感じで、

このシーンは、

初めて誠が愛に、

愛を告白するシーンでもあるんだけど、

私にとっては、

その前の、

「憎まれ役をやることで

 その場の弱い立場の人を守る」

という行為が、

なんというか、

神聖で、

尊くて、

美しくって、

高邁で、

演じるとしたら「いい子」しか

知らなかった自分に、

もう

本当、ズドンときた。

刺さった。

 

そのあと、

小説やドラマで

憎まれ役が登場するたびに、

「愛と誠」のこのシーンを

思い出してた。

 

そして、今日のNHK朝ドラの

「なつぞら」だ。

 

 

血が繋がっていない自分を

育ててくれた家族(北海道で)に

「東京に行きたい」という主人公。

 

草刈正雄演じる祖父は、

主人公を愛しく思うばかりに、

本当の家族になりたいし、

主人公の牛飼いという仕事に

期待していて、

だからこそ

「お前の顔は

 もう二度と見たくない」

と言い放す。

 

あ〜おじいちゃん。

なんてぶきっちょな

憎まれ役。

 

「申し訳なくていられない」

という主人公に

愛で溢れてる分かりやすい憎まれ役の

松島菜々子演じる母親は、

ビンタ!

 

「申し訳ないなんて

 言われるくらいなら

  憎まれたほうが、

 よっぽどましだわ。

  一人で苦しみたいなら、

  家族はいらないっしょ」

 

 

そんなわけで、

今日は

「愛と誠」反芻デイ。

 

 

人生の中で一度は、

誰かのために、

憎まれ役やれると

少しは大した人になれるとちゃうか?

なんて、今日は思う。

しかも誰にもばれずに。

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| 日常 | - |

自分のタイミング

【2019.04.23 Tuesday 19:52

私の住んでいる地区の

ビン缶など不燃ゴミの回収日は

朝6時から8時までの間に

決められた場所に持参する。

立会う人が通常2名で

それを見守る。

この見守り役は、

何年かごとに回ってくる。

 

今月はなぜか4名の方が

立ち会ってくれていた。

 

ペットボトルは

ラベルをはがし水洗いして踏み潰し、

缶はアルミとスチールを別に、

ビンは色ごとに分けてコンテナーに

入れる。

 

見守り役は

何年か前までは、

前の晩から出してあったものを

分別することで最初の30分くらいは

忙しかった。

 

その日、

私は6時になるとすぐに

出しに行ったが、

立会う人たちは、

すでにおしゃべりをしていて、

つまり時間を持て余している感じで、

それは4人いたからという訳ではなさそうで、

というのは

回収されているビン缶など、

量が圧倒的に少ないのだ。

 

最近は、

スーパーマーケットの

常時オープンしてる回収場所に

出す人が多いんだと思う。

 

私も、時々はそこに出す。

 

古新聞も同じで、

以前は、

自治会が回収して活動費にしていたので、

その日に出したり、

引き取りを仕事にしているNPO法人の

回収日に家の前に出したりしていたが、

最近は、

いろいろな場所にできた古紙ステーションに

出してしまうことが多い。

 

なぜそうするのか?

 

私の場合は、

「自分のタイミング」だ。

決められた日に合わせて出すのではなく、

出したい時に出したいんだ。

 

きっと多くの人が、

そうじゃないかと思うのだが、

どうなんだろう?

 

考えてみると、

いろいろなことで、

相手に合わせるのではなく、

自分のタイミングでできることが

多くなっている・

 

テレビの番組も、

とにかく録画をしておいて、

自分のタイミングで、

しかもCM飛ばしてみる。

 

 

今度初の

スクールカウンセラーなどが集まる

大人数の会議に参加した時も、

それぞれの机の上には水筒があり、

休み時間を待たずに

それぞれのタイミングで飲む。

 

会議の中で分からないことがあったが、

その言葉をメモっておいて、

休み時間に調べる・・・

ではなく、

机の下でスマホで検索。

私はそうした。

決して

会議や話している方を軽んじているわけではなく、

そこでつまづいているより、

そうした方が会議の内容は

私にとってはより意義深くなる。

 

 

我が家は、人間は二人しかいないし、

一緒のタイミングで食べる方が効率的なので、

(いや効率的だからというより、

 私が一緒に食べたいからなんだけど)

そうしているし、

なにしろ昭和だから、

家族全員一緒に食事が当たり前の中で

育ってきたけど、

今、塾があったり、部活があったり、

残業があったり、

働き方改革で逆に早かったりで、

家族全員一緒に食卓を囲まない家庭も

多いだろう。

一緒にとなれば、

みんながその時間にちょっとずつ努力して

合わせるのだけど、

そうではなく自分のタイミングを

大切にできているんだと思う。

 

電話もそうだ。

自分が自分のタイミングを大事にしているから、

相手に煩わしい思いをさせたくなく、

まずラインで

「電話したいけど、今日空いている時間ある?」

と聞いてからにしている人は多いと思う。

 

 

 

さて、

今年度も私は小学校中学校高校で

スクールカウンセラーとして活動してる。

スタートして約3週間。

慣れるスピードは人によって違うけど、

3週間経つと、慣れたとは言えなくなても、

だいたいどんな感じかは、

ちらっとはわかってきた頃だろう。

 

わけがわからない時は

緊張でいっぱいだったとしても、

ちょっとわかってきただけに、

「違い」や「合わない」など意識することもあり、

それがしんどさにつながっている子もいると思う。

 

その中で、

学校の、

学年の、

クラスの、

班の、

隣の子の

タイミングに合わせないとならないことは、

疲れるだろうな。

 

何しろ、自分のタイミングを優先できることが

いっぱいある中で生活をしてきていて、

折り合いをつけるトレーニングの機会は、

年々少なくなっているんだもんなあ。

 

 

そう考えると、

みんな、よくやっているんだよなあ。

 

 

なんとかかんとか頑張ってきて、

世間はあと3日でGW。

私はあと4日で。

 

 

社会のタイミングに合わせて

ガンバってきた人が、

少し緩めるといいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもここで会う、

おやつをくれる男性が、

今日はいなかった。

彼を待つカルクラ。

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| 日常 | - |

正しいことを口にする時。

【2019.03.16 Saturday 02:28

静岡駅から新幹線に乗ると、

隣の座席の青年が電話でしゃべっていた。

 

注意しようかな?と考えながら、

そのうち切るだろうと、

そのままにしていた。

 

読書に集中していたので

気にもならなかったが、

フッと気づくと

三島をすぎても話してる。

 

居心地悪くなってきた。

 

ここは

大人として

注意した方がいいだろうか。

しかし、自分だって若い頃、

電車の中で友達と騒いだ記憶がある。

マナー違反なんていっぱいしてきた。

自分のことを棚にあげるの、

かっこ悪いなあ。

しかも

注意して逆ギレされても嫌だしなあ。

それに今しとかないとならない話なら、

仕方ない。

そう思っとこうか・・・。

 

なんて考えながら

聞き耳立ててみると、

横浜の大学に入学が決まったようで、

この春から一人暮らしをするらしい。

どういうバイトをしようかと

友達に相談してる。

 

って、それ、

今じゃなくてもいいじゃん。

 

私はノートに

「新幹線の中でスマホで話す時は、

 デッキでね!」

と書き、

肩をチョンチョンとした。

びっくりした様子で

こっちを向いた彼にそれを見せると

困った顔でぺこんと頭を下げ、

すぐに電話を切った。

私は、

「喋りたいの、わかるけど、

 切ってくれて、ホッとした」

と言い、

読書に戻ろうとした。

 

と、

彼はSNSだろうか、

めっちゃ入力してる。

 

もしかして私のことをディスってる?

Twitterで

「隣 ばばあ 文句」と検索してみた。

出てこない。

「ばばあ」を「おばさん」にしてみた。

出てこない。

「うるせえ ばあさん」にしてみたが、

出てこない。

 

ラインで友達との間では

いろいろ言ってるかもしれないけど、

公につぶやいてないのが、

いいヤツに思えてくる。

(それとも、私の検索能力が低いのか!)

 

とにかく

私は無事読書に戻った。

 

その後、

横浜駅で立った彼に

「素直に聞いてくれて、

 ありがとね」

というと、

「すいませんでした」

と言って降りてった。

 

後ろ姿を見送りながら、

私が若い頃だったら?と考えてみた。

 

私だったら

席を移動したと思う。

気まずくって

いたたまれなかったと思う。

 

指定席ってのもあったと思うけど、

あの席にとどまった彼。

 

とどまれるってすごいなあ。

 

これから、

いろいろな人に

いっぱい

いろんなことを教わるんだろうな。

自分のことを正当化したり、

マナーに反抗したり、

常識を疑ったり、

私もそうだったように

きっと周りに迷惑かけながら、

恥ずかしい思いもしながら、

ゆっくり大人になっていくんだろうな。

 

 

 

それにしても、

正しいことを言うのって

難しい。

 

 

以前、自治会の組長の時に、

組内のアパートに越してきた若いカップルに

「組に入って欲しい」と伝えにいった時の

苦い思い出。

 

 ゴミ、出しますよね?

 びんや缶やペットボトルも

 出したいですよね?

 災害の時の避難場所などの確認を

 回覧板で回しますが、

 それなくていいんですか?

 組費はかかりますが、

 近くに住む者どうし、

 何かあった時には助け合うんだし、

 組に入った方がいいんじゃないですか!

 

 

面倒臭そうな相手の表情を見ながら、

それでも説得をしながら、

ふっと途中で浮かんだのは、

詩人吉野弘さんの「祝婚歌」の一節だった。

 

「正しいことを言うときは
 少しひかえめにするほうがいい

 

 正しいことを言うときは
 相手を傷つけやすいものだと
 気づいているほうがいい」

 

思い出せてよかった。

私はその後、

ちゃんと詫びることができた。

 

 ごめんなさい。

 なんか、熱くなっちゃいました。

 もし入ってくれるなら、

 書類に記入して、

 うちのポストに入れておいてください。

 入らないなら、

 この書類は処分してくださいね。

 

この件を夫に言うと、

「あなた、東京で一人暮らししてた時、

 勧誘されたら入ってた?

 入らないでしょ」

 

本当にそう。確かにその通り。

そういうもんだわ、若い時って。

 

 

 

正しいことを言うのは、

難しいなあ。

「自分が正しい、相手が間違ってる」

「間違ってる相手を正したい」

という思いでいっぱいの時は

「正論」を武器にして

戦ってしまっている可能性に気がつこう。

相手に

「マナーに反する非常識」

「周囲に合わせられない未熟者」

などとレッテル貼ってるうちは、

発信するのを控えよう。

 

レッテルを剥がし、

「そういう人」ではなく、

「その行動」に的が絞れた時、

発信し時なんだろうなあ。

 

 

 

4月になると、

新人さんがいろいろな場に入ってきてくれる。

緊張でいっぱいだろう。

不安もあるだろうな。

せめてその場に慣れている者は、

正論を振りかざし、

正しさで追い詰めるのではなく、

 

「正しいことを言うときは
 少しひかえめにするほうがいい」

 

を頭に入れておきたいな。

 

 

 

 

彼が隣で電話してくれていたおかげで

いろいろ考えたぞ。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

ホワイトデイに夫からお返しでもらった↓

何はなくとも「柿の種」!

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| 日常 | - |

雛と土筆とベーコンと。

【2019.02.17 Sunday 23:22

 

「NHK俳句」の中で紹介された

「雛飾りつゝふと命惜しきかな

          星野立子」

という句に

せつなくなる。

 

 

雛人形を飾るのは、年に一度のこと。

顔を包んでいた薄い紙を剥がし、

太鼓など小さな道具を丁寧に並べ・・・

としながら、

あと何回飾れるんだろうなどという考えが

ふっと頭に浮かんできたことを

詠んだのだろう。

その後で

何考えちゃってるんだろう・・・

などとハッと我にかえるような

そんな感じを

私はイメージしたのだが、

どうだったのだろうな。

 

 

 

この句が心に残ったのは、

少し前の休みの朝、

ベーコンを焼いていたら

夫が

「ベーコンを焼いてる匂いって、いいね」

と言ったことが関係していると思う。

 

私は

「そうだね。なんか幸せな匂いだよね」

と言いながら、

泣きそうになった。

 

いつか、

私が一人で残ってしまったら、

自分だけのための朝食を用意しながら

今日のこの時のことを思い出して、

泣くだろうなと

急に思ってしまったんだ。

なぜかその日のことが

ちゃんと想像できた。

 

すごく天気のいい朝で、

陽が降り注いでいて、

静かで、

温かいもので包まれているのに、

涙がとまらなくって、

でも

「ベーコンの焼いている匂いって、いいね」

という言葉と

そこから膨らむたくさんの思い出に

心の中でめちゃ感謝してる・・・

という一瞬が絵になって浮かんだ。

 

あるいは私が先に逝って

夫が一人でベーコンを焼きながら、

この日のことを思い出すのだろうか?

 

 

私の両親はとっくに亡くなってしまっているが、

夫の両親も一昨年昨年と亡くなってしまい、

なんだか寄る辺ない気もして、

命や死や生のことなど、

意識する機会が

ここのところ増えている。

 

夫の大切な友達が昨年暮に一人、

今年に入ってまた一人亡くなった。

夫は中高一貫の男子校で育ち、

彼らはその時からの友達で、

子どもから大人になる過程を

一緒に過ごした方々だ。

 

夫は

優しい人で、

決してひけらかしたりはしないけれど、

地味に

友達をすごくすごく大切にしてる。

だから2人の死は本当にキツそうで、

そんな彼の様子から

私もいろいろ影響を受けている。

 

ちゃんとしないとな!と思う。

 

 

 

昨日は

「静岡ロゴセラピー研究会」に参加した。

琉球大学の草野先生が

画面を通して、

難しい文章をわかりやすく解説してくれた。

「フランクルは

 全くどうしようもない ということはない

 と言ってるわけです」

という草野先生の声が

耳に残っている。

 

 

うん!

これから先の命がどうであっても、

一人残されても、

全くどうしようもないってことは

きっと、ないよなあ。

どうしようもなく困って寂しくて苦しくても、

全くどうしようもないってことは

ないように、

最期まで生きられるな、私。

 

そうするだろうと

少し自分を信じられる。

 

 

 

 

今日のNHK俳句のテーマは

「土筆」で

視聴者からの応募の中から

選ばれたものの一つに

「つくしんぼう

 みんなどうして

 いるのかな」

ってのがあった。

 

 

池江璃花子さんは、

今朝はどんな目覚めだったのだろう。

見守るお母様は

毎日どういう心持ちでいらっしゃるだろう。

 

NYにいる妹と姪っ子に

楽しいことがあるといい。

 

最近会えてない友人の腰の具合はどうで、

一緒に学んでる仲間は

今年はどういうチャンレンジを考え、

父方母方の親戚たちは、

季節の変わり目をどう過ごすのだろう。

 

私が関わらせてもらってる

学校の子どもたちやその親御さん、

先生方や相談員の方々の

日曜はゆっくりできたのか?

 

相談室に来てくださる方、

講座に参加してくださる方、

どんな夜を過ごしているのか?

 

心愛ちゃんの妹さんは

安心した環境の中にいるのか?

 

沖縄の県民投票まであと一週間。

どんな毎日になるのだろう。

 

パートナーとあまり良い関係ではない友人は

この時間、リラックスできてるか?

重い責任を背負って仕事をしている友人は

夕飯を食べたか?

 

病の中にいる知人、

送った本を読むエネルギーはあるか?

 

あ〜

みんな、

みんな

どうしているのかな?

 

 

 

夕方散歩しながら

夫が

「会いたいねって話しながら

 会ってない人がいる」

って言ってた。

 

会えるといいな。

会ってほしいと、

心から願う。

 

そして私も会いたい人には

会いにいこう。

 

 

 

 

 

昨年暮れから

義母のものを整理している。

たくさんの洋服とアクセサリーと

帽子とバック・・・。

ストッキングは、

封を開けてない新しいものが、

数え切れないほどあった。

それほどあったのに、

電線の入ったものや

右左で微妙に色の違うものを履いてたりした。

そうやって始末をして

子どもを育て家を守った彼女の人生を思う。

 

たくさんの物を残して彼女は旅立ち、

それらを整理して部屋は随分片付いたが

私の中には、

たくさんの義母がちゃんと残ってる。

 

 

私の両親もそうだ。

存在してくれていたら

それにこしたことはないけれど、

現実に存在するかどうかは

それほど重要ではないようにも思う。

 

それぐらい存在が濃い。

 

私も

そうであるように!

 

 

 

 

今朝の「NHK俳句」に選ばれてた俳句。

「人類も

 いずれは消えて

 つくしんぼ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| 日常 | - |

めざせ、ひとり駅そば!

【2019.02.01 Friday 11:37

自分の文字があまりにも読みにくく、

何年か手帳を持たず

全てをiphoneにお願いしていたが、

昨年からまた手帳に

メモるようになっている。

 

これ以上、字を汚くしたくない

 そして字を忘れたくない!

という理由が主なところ。

 

昨年は途中4月くらいから

つけ忘れが出始め危なかったが、

6月の終わりに

ある中学校の学校保健委員会で

「心の健康」について講師を務めるにあたり、

「感情は沸くけど

 感情に振り回されない選択肢を持とう」

という話をする講師が、それでどうよ?と

自分つっこみ。

再スタート。

ただ右肩あがりじゃないんだな、私。

また途中でだらけ、

だらけだらけながらも、

12月までなんとか続けた。

 

そして2019年、

今年も1か月、

無事続けることができた。

 

メモしていることは、

「何をしたか」

「気になったこと」

「忘れたくないこと」

「思いついたこと」

など。

 

 

√1月の初め頃メモしたことは、

「人は相反する二つの感情を

 同時に感じることはできないを

 体験」

アメリカに住む妹と姪っ子が帰国。

妹は15年ぶりの帰国だ。

彼らと2日過ごし、

彼らを見送り

もうさみしさでいっぱい。

あれもしてあげたかった。

これも食べさせたかった。

あそこにも行きたかった。

後悔も押し寄せる。

移動の車の中で泣けて泣けて・・・。

しばらくすると

午後からの仕事先の学校から電話。

連絡がとりにくかった保護者の方と

電話でき、

その日に来てくれることになったとのこと。

なんというか、

嬉しさややる気のようなものでいっぱいになって、

気がつくと、

エンジンをかけアクセルを踏んでた。

『よ〜し、ちゃんと話を聴くぞ〜」

 

ただ、仕事が終わり帰宅。

二人っきりの食卓では

またまたぶり返すさみしさ。

 

ウォルビさん、あなたの説はほんとです。↓

 

 

 

√一月2週めにはある中学校で

「アサーティブ」の授業をした。

終わりの挨拶をしてくださった教頭先生が

同僚とのコミュニケーション上で工夫している

ことを話してくれた。

その話を聞いている子どもたちは

しっとりという感じで、

きっと

「大人も苦労してんだな」

と安心したのではないかと思ったんだ。

そこから思いついたこととして、

「先生方へのインタビュー」を

授業の中に取り入れるのも面白いかも・・・

と思った。

やっぱ

身近な存在は説得力が違うもの。

 

 

√ある日のメモでは

古い服を引っ張り出して着ている

自分を分析してる。

「あまりもnewが来るから

 疲れちゃったのかもしれないな。

 またほおっておいた時期が長い分、

 新鮮さもある。

 そういうものをほりおこす作業は

 今年の私にはいいのかも

 夏に誕生日が来ると59歳。

 暦一巡の最後の歳だもんね」

ただそう書いた2週間後に

新しい服をセールで購入。

矛盾してるわ。

 

 

√1月25日は

脳科学者の中野信子さんの言葉の

要旨をメモった。

なぜ人はスーパーボランティアの

尾畠さんに会いたくなるのか?

という問いに答えて。

〜人間にはもともと誰かのために

 何か役に立つことをしたいという

 思いがある。

 でもそれを目一杯使ってしまうと、

 競争に負けてしまうかもしれないし、

 自分がどうなってしまうのか不安も

 ある。それでセーブしている。

 尾畠さんに会いたくなるのは、

 もともとの湧き出る自分の心に

 従っていいんだと

 素直に思えるからではないか」

これは非常にロゴに関する話題。

 

 

√少し高邁なことを書いた翌日

1月26日のメモに

「今年の目標の一つに加える」

と仰々しく宣言してるのが

我ながら残念な目標。

「ひとり駅そば実施」

(特に名古屋の新幹線のホームの)

 

 

√先週末行った講座では

講師の事例がわかりやすかったという評価も

いただいたが、

これもメモのおかげだな。

SNSで流れてくる言葉たちや新聞記事などから

講座で理解を促しそうな事例をメモしてるし、

自分の行動をアサーティブ的に、

あるいはロゴ的に説明するとどうなるか、

時々だけど、ほんと、時々だけど、

書いたりしてるのが

役に立てたのかも。

 

 

√1月28日毎日歌壇より

「苦しさはおのが心の主観なり

  エスプレッソはやさしく苦い」」

 

 

√今日書いたことは、

NHK-BS「世界ふれあい街歩き」

ワシントンDC編での

ひとコマ。

番組はホワイトハウスを見学していた

ある家族(ミズーリ州から観光で)

に声をかける。

その中の10歳くらいの少女の答えが素敵。

番組「ホワイトハウスの中で働きたい?」

少女「ううん。

   この中の人たちが私のために働くの」

「私のため」ってのは、

「私たちのため」って意味だろう。

公の仕事の意味を知ってるのは、

教育の力なんだろうか・・・。

 

 

・・・な感じでちょっとずつ。

忘れっぽくなってきた私を、

手帳よ、補ってくれたまえ。

 

さて2月へと。

 

 

 

 

 

1月30日は富士市で仕事。

前から行きたかった佐野菓子店さんへ。

ここのモンブランは私史上ベスト。

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| 日常 | - |

水仙の香りとともに。

【2018.12.31 Monday 15:54

2018年。

手帳にメモした心に残った言葉は、

いましめ系が多し。

 

 

「物事を単純化して伝えることの恐怖」

 1月14日放送の「ボクらの時代」の市川沙耶さん

 ニュース番組でキャスターを務めていた時のことを

 聞かれて。

→私も、単純化して何かを言うとき、誰かを

 傷つけているような気がしてならない。

 

 

「これを味わえるのは僕だけですから」

 (有馬記念 キタサンブラックのラストランに

  騎乗する武豊氏)

→緊張に巻き込まれないで、今の自分の状況に

 どういう意味があるのかを考えてる。

 

 

「大家族の中だと21通りのやり方を使うが、

  核家族の中だと6通りのやり方でいい。

  コミュニケーションの訓練の機会が

  核家族の中では少なくなっていく」

 (静岡市のスクールカウンセラー連絡協議会で)

 

 

「お母さんは怒ってたんじゃないの。

  悲しんでたの。

  我慢できないほど悲しいから

  怒ってることで

  悲しみを減らすの」

 (ドラマ「anone」)

→これ、無意識の中でやっている方は

 多いと思う。

 あんまり悲しかったり、不安だったり

 困ったり、寂しかったりすると、

 それをまともに感じちゃうとダメージ大きいと

 防衛本能が働いて、

 怒ってることにして攻撃することで

 自分を守る心の仕組み。

 それをドラマの中で、こうやって

 言葉にしてくれて、

 あ〜こう説明すればいいのかと

 すごく納得した。

 

 

 

「自己注目がうつの要因の一つって

 いうけど、大学教育で、大分学生に

 そう仕向けている気がするのだが。

 内省とか自己調整学習とか」

 (下坂剛氏 twitter より)

→ロゴセラピーの過剰自己観察のことだなあ。

 内省も自己調整学習も大切なんだけど、

 それだけのみでは困るんだな。

 バランスだな。

 

 

・「悲しい自分が見る景色は悲しい

 (朝日新聞折々の言葉・関川夏央氏)

→同じようなことを田口ランディ氏も

 「逆さに吊るされた男」の中で

 「あなたに闇があるんじゃない。

  私があなたの闇に意識を向けて

  いたということなの。私がそれを

  見ようとしていた」と。

 

 

「大筋で合意し何も決まらない」

 (毎日新聞万能川柳より)

 

 

・「フィルターバブル」

 (見たくない情報を遮断する機能のせいで、

  まるで泡の中に包まれるように、

  自分が見たい情報しか得ることが

  できなくなること)

→私のSNSは思い切り偏っていることを

 意識してないとなあ。

 

 

・「すぐ怒鳴る人はおちょこのキャパシティ」

 (毎日新聞万能川柳より)

 

 

「成功パターンは十人十色だが、

  失敗パターンは共通要素がある。

  『カミングアウトせずに、一人で

  抱えこむ』

  介護はネガティブな内容なので、

  どうしても口が重くなる。

  ストレスが雪だるま式に膨らんで

  つぶれやすい」

 (渥美由喜氏 毎日新聞)

→介護サービスを受けるためにしっかり相談する

 ことも大事。周りの誰かに助けを求めることも

 大事。ちょこっと愚痴るのも、すごく大事。

 時々、ゆっくりだれかに話しを聴いてもらって

 欲しい。

 

 

・「今のところ、すべて完璧!」

 (サッカーW杯でハーフタイムに昌子選手に

  声をかけた牧野選手の言葉)

→私も、ビビる後輩に、

 実施最中はそういう声をかける人で

 ありたいさ。

 

 

「私ってほんと、勝手。

  子供が遊んでばかりいると、

  なんで遊んでばっかり!とキレるし、

  家にいると、なんで友達と遊ばないの!

  とキレちゃう」

 (フードコートで隣に座ってた女性の会話)

→なんか、私はすっごくわかって。

「そんなに自分を責めなくていいよ」と

 声かけそうになった。

 もちろん抑えた。

 でも、その方が、そうして

 日頃を振り返ってる彼女が

 愛しくって、愛しくって。

 「甘いものでも食べな」

 って言いたかったけど、

 我慢した。

 

 

・「会議中言えばいいのに飲んで言う」

 (毎日新聞万能川柳)

 

 

「なんか、違和感がある」

 (私の夫の言葉。

  TVのCMで夫が家事を手伝ったことを

  妻が「ありがとう」と言うシーンを見て)

→彼の中では家事はもう当たり前で、手伝うもの

 でもないってのが、我が夫ながらあっぱれ。

 (と、こういう考えも彼にとっては

  違和感なのかも)

 

 

「せっかくできたシワだからさ、

  もったいないじゃない」

  (樹木希林氏)

→ほうれい線が気になってたけど、

 そうだよなあ、58年かけて作って

 きたんだもんなあ。育ててやるか、シワ。

 

 

・「優しさでやっつけろ」

 「優しくない人にも優しくしろ」

 (小学生の時、いじめられて帰ってきた

  レディガガに母親が言った言葉)

→そうだよなあ。そうありたいよなあ。

 真っ当な言葉に背筋が伸びる。

 

 

 

「グレートの最大の敵はグッド」

 (ミッシェル・スミス氏

 「奇跡のレッスン」ソフトボール編)
→これイタかった。なんで私のそのこと、

 知ってるの?と考えたのと同時に、

 それ私だけではなかったんだ!とも思う。

 失敗したり、ダメだしもらったり、

 めちゃクチャ凹むと、必死にそこから

 何かを学ぼうとして、

 つまり悔しさは原動力になるけれど、

 まあまあの出来だと、それでよしとしてしまう。

 危機感は準備につながるけど、

 ちょっとした成功体験は、単純な繰り返しを呼び、

 「こんな感じでいけるか!」的な考えが

 どうしてもちらつく。

 あ〜2018年最後に出会った言葉が、

 これ。

 

 

これらが、

引っかかったということは、

2018年の私には

必要だった言葉だったんだと思う。

 

噛み締めます。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、

今年は

義母をなくしました。

喪中でもあり、

お正月の花は静かな水仙にしてみました。

そしたら

なんと清々しい香りだこと。

 

 

清々しい香りの中、

2018年も

無事に締めくくることができたことが

本当に本当にありがたいです。

 

みなさま、

いろいろお世話になりました。

 

お世話になっただけではなく、

この一年の間に、

私の何かで、

傷つけてしまった方がいるかもしれません。

私、全く悪気はないんだけど、

それでも私の何かで、

いやな思いをされた方もいると思うんです。

あ〜申し訳ないです。

 

年が変わるのを機に

許してくださいとは

あまりにムシがよくて言えないけど、

また関わってもらえたら、

とお願いするのみです。

懲りずによろしくお願いします。

 

 

今年もお世話になりました。

 

2019年、

良い年にしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| 日常 | - |


谷澤 久美子
counselor