今のところではありますが…
前始末

【2017.11.28 Tuesday 08:44

突然のトラブルに対処するために

日常努力しておきたいことのひとつが、

コミュニケーションだ。

 

 

 

 

 

トラブルの対処というのは、

エネルギーがいる。

大抵突発的に起こるものだから、

当然、何かを進めている最中ってことになる。

すると、今やっていたことを中断して、

トラブルに対処するということになる。

 

進めていた仕事を棚上げして対処するが、

何しろトラブルだから、

一筋縄でいかないことも多い。

心も頭も体も使って、

やっとの思いで一応決着させ、

もともと取り組んでいた仕事に戻る。

もともと取り組んでいた仕事も

ギリギリでやっていたりするとなると、

もういっぱいいっぱいだ。

 

ま、仕事をするってのは、

こういうことの連続ではある。

 

仕方ないとも言えるし、

それが楽しい時もあるし、

対処や

その後のスピードアップが

自分の能力を上げてくれたりもする。

 

 

 

とはいえ、なるべくならトラブルない方が

落ち着いて仕事ができるわけだから、

トラブルを未然に防げることは

とっても大事だ。

 

予想がつくようなトラブルを回避できるよう

準備することを

「前始末」というと教えてくれたのは、

講演でうかがった先の学校の校長先生だった。

 

あとで調べてみると、

どちらかというと経済界の言葉らしい。

 

 

 

通常の仕事を普通にしていくことだけでも

結構大変な中、

「前始末」は

優先順位でいくと後ろの方にしてしまったりするが、

「やっといた方がいいよなあ」と思いながら

しないでいるうちに

大きなことになったりした痛い経験があると、

「やったほうがいいこと」ではなく

「やるべきこと」になったりすると思う。

 

 

そんな中で、手軽なのが、

そしてコミュニケーションの量を増やすこと。

それは

「前始末」のひとつだと思う。

 

 

 

上司からの指摘が、

誤解に基づいているものだと気がついたけど、

「まあ、そのうち分かるだろう」と、

いいわいいわにしているうちに、

上司がお客様に対して間違ったことを言ってしまった。

いつか上司とお客様が会うことは分かってた

ことなのに・・・。

 

 

部下が、いつも報告をしてくれない。

〜〜の件に関しても、

どうやらスケジュールが遅れているようだけど、

何も言ってこない。

「何とかするだろう」と自分に思いこませて

そのままにしておくと、

ある日、

「課長、実は、〜〜の件で

 納品が3日遅れそうなんですが・・・」

(えええ!なんとかしなかったのか・・・)

 

 

夫は仕事に忙しい。

子どもの受験先についてそろそろ報告しないと、

たぶんまだ公立を受験すると思ってると思う。

でも、色々聞いてこないのはあっちだし、

聞いてくるまで置いとこう。

・・・という間に、三者面談は明日だ。

私立の単願にすることを子どもが伝えると、

「聞いてないぞ。

 俺は印押さないぞ」と。

あちゃー、長い夜になるなあ。

 

 

 

 

無駄話してない間柄で、

急に大事な話だけするのって、

すっごくすっごく難しい。

のべつまくなし喋りあうことはないが、

ある程度のコミュニケーションをとっておくことは、

人間関係上に起こるトラブルの、

前始末になる。

 

さらに、

仕事上のトラブルについても

早めに助けを求めたり、

ことが小さいうちに相談できるのも、

コミュニケーションあってだ。

 

 

 

 

学校の中で、

児童生徒や保護者と面談をしていて、

私が、

その児童生徒の担任や学年主任の先生に

した方がいいことや、

続けない方がいいことが

浮かぶことはたくさんある。

それをしないと、

子どもや保護者が

孤独になってしまったり、

辛くなってしまう可能性があることとか、

それをし続けると、

子どもや保護者が

追い詰められてしまう可能性があることなど。

 

過去にそれを言わないでいた・・・

という苦い経験がある私は、

もちろん今は「伝える」のだが、

 

「伝える」の前始末があると、

つくづくと思うのだ。

 

 

日常の中で、

気軽に挨拶したり、

世間話をしていたりすると、

すっと話に入ることができる。

そういう関係が作れていない時は、

立場で伝える訳だけど、

それは結構厳しいものだ。

 

 

寒いね。

調子どう?

〜〜の件、進んでる?

実は嬉しいことがあってね。聞いてくれる?

今〜〜にはまってるんだ。

風邪、治ったみたいだね。大事にしてよ。

○○のプレゼン、すごく素敵だったよ。

書類作成、手伝ってくれてありがとね。助かった。

 

そういう交流あっての、

「実は大事な話があるんだけど」なんだよなあ。

 

 

ってわけで、

日常、挨拶や世間話など、

ちょっとしたコミュニケーションをとる努力すること、

 

また、

小さいうちに

報告したり相談したり、

依頼したり断ったり、

ダメだししたり話し合ったり、

そういうことができるようになる

コミュニケーションの技術を持つこと、

 

つまり

コミュニケーションについて

学び、練習することは、

大炎上にさせないための、

前始末になるんだと思う。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

静岡で「アサーティブ・コミュニケーション」を

学べます!!!

アサーティブトレーニング基礎編

 2018年3月24日(土)9:30〜16:30

      3月25日(日)9:30〜16:30

 静岡県教育会館

 定員:20名  

 受講料:21800円(リピーターは10900円)

 講師:谷澤久美子(アサーティブジャパン認定講師)他

 主催:谷澤相談室

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・

 

 

10月22日、ついに包丁がダメになった。

結婚してすぐ夫と京都を旅行した時に購入した

包丁だ。約28年間使ってきたもの。

あまりにも手入れが悪すぎた。

 

修理していただき、丁寧に研いでいただき

戻ってくるまで(11月17日)までの間、

使い慣れない包丁だった。手入れを怠った結果なんだよな。

↑プロの仕事に惚れ惚れ!!!

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| アサーティブトレーニング | - |

ぐさりっ。

【2017.11.21 Tuesday 19:03

糸井重里氏おすすめの本を

2冊読んだ。

「君たちはどう生きるか」

「SHOE DOG」

 

「成り上がり」以来、

「おいしい生活」を経て、

とにかく大好きで、

「ほぼ日」や彼のSNSを追いかけてきて

本当に良かった。

そういう人が勧めてくれてなければ、

2冊とも手に取らなかった本だ。

 

 

「君たちはどう生きるか」は、

中学生のコペル君と

コペル君の「叔父さん(母親の弟)」が

コペル君の

発見や

つまづきや

悩みや

起こしてしまった問題(卑怯な振る舞い)

に対して、

そのことを通して、

「どう生きるのか?」を問いかけ続ける内容。

 

コペル君からの問いに、

コペル君の想像をはるかに超えた視点から

ヒントを出し、

考え方のプロセスを示す「叔父さん」。

 

私は少しずつ読み進めながら、

私だったらどう答えるだろう、

私だったらどうナビゲートするだろうか

と「叔父さん」の立場で考えた。

だって、そういう年だもの。

 

で、

やばい。

浅すぎるぞ、私・・・と思う。

 

人が「問題を抱える」ってことは、

今はまだそれを解決する力がないから、

それを問題と捉えた

ってことを意味してる。

ってことは、

問題を解決しようと考えたり、試したり、

人に尋ねたり、行動したりすることは、

それまでの自分よりも、

成長、成熟しようとしている時となる訳だ。

 

「叔父さん」は、

そんなコペル君に

本当のこと、

つまり、

時に厳しい言葉を伝え続ける。

 

 

「肝心なことは、

 世間の目よりも何よりも、

 君自身がまず、

 人間の立派さがどこにあるのか、

 それを本当に君の魂で知ることだ」

 

「こうして悲しいことや、つらいことや、

 苦しいことと出会うおかげで、

 僕たちは、本来人間がどういうものであるか、

 ということを知るんだ」

 

「僕たちが、

 悔恨の思いに打たれるというのは、

 自分はそうでなく行動することも

 できたのにー、と考えるからだ。

 それだけの能力が自分にあったのにー、

 と考えるからだ」

 

「自分の過ちを認めるのはつらい。

 しかし過ちをつらく感じるという

 ことの中に、人間の立派さも

 あるんだ」

 

「僕たちは、

 自分で自分を決定する力を

 もっている。

 だから誤りを犯すこともある。

 しかしー

 僕たちは、自分で自分を

 決定する力も持っている。

 だから、誤りから立ち直ることも

 できるのだ」

 

どう生きるかという命題に対し、

直球な

「君たちはどう生きるか」

に対して

「SHOE DOG」

は全く違う形態をとる。

NIKEの創業者が自ら記した

回想記。

 

そして、そこには

共通のテーマがあった。

それは、

「葛藤や失敗こそ生きてるってこと」

「次の瞬間にどう行動するかは

 自分で選択できること」

「選択の結果の責任を負う

 権利があること」

「そういうことを繋げていくことは、

 どう生きるかという問いに

 答え続けていくということ」

 

 

「SHOE DOG」で、

本当にびっくりしたのは、

「あの」NIKEが、

創業から株式公開するまでの17年間、

どうしようもなく

失敗の連続だったということだ。

最初の方に、

「オニツカ」との契約のために日本に来た彼は、

自分のこれまでの考え方ではダメだ

と気づく場面がある。

「禅では一直線の考え方は幻想に過ぎず、

 (中略)

 現実は一直線ではないと禅は教える」

という文章があるが、

まさにそれを体現していて、

山あり谷あり、

曲がり角ばかりの中を抜け道探して

自転車操業がず〜っと続く。

かっこいい起業のスピリットや、

戦略や戦術などなく、

成り行き任せに思える決断もある。

「もうダメだ」「今度こそダメだ」

という瞬間の連続。

でも、548ページのこの物語が

終盤に差し掛かると、

私は、著者つまりNIKE創業者ナイトの虜となり、

もっともっと彼の人生を知りたくなった。
そして、最後の数ページ、

惜しみながらめくって、

何があっても、

めちゃカッコ悪くても

諦めないで、

何とか凌ぎ続けて

ここまでにした彼の日々が、

愛おしくてたまらくなり、

ラン周りのものは、

これからは全部NIKEにしようと決めた。

 

ラインを引いた文章

「会社がダメになるかもしれないと、

 失敗を恐れることはない。

 失敗しないとうぬぼれているわけではない。

 むしろ失敗するのではないかと思っている。

 だが失敗したら失敗したで、

 さっさとそこから学んで、

 それをプラスに変えればいいというのが

 私たちの思いだ」

 

「ルールを守ったことではなく

 ルールを破ったことが

 人々の記憶に残る」

 

「寝てはいけない夜がある。

 自分の最も望むものがその時

 やってくる」

 (眠れない夜もあって良し)

 

「野心に免じて目をつぶりましょう」

「みんな数字ばかりに

 気を取られ過ぎです」

(NIKEにとってなくてはならない存在

 日商岩井の担当者の言葉)

 

「自分の知識を補強する最善の方法は

 それを分け合うことだと、

 経験から学んだのだ」

 

「私たちはリコールを出し、

 世間からの批判に備えたが、

 クレームは出なかった。

 それどころか、聞こえてくるのは

 ねぎらいの声ばかりだ。

 他の会社はどこも

 新しいことを試そうとしない。

 ナイキの努力が成功しようと

 しまいと、その意気込みは立派だと

 見なしてくれたのだ。すべての革新が

 進歩的で前向きだと評価された。

 失敗しても私たちはくじけなかったし

 顧客の信頼も失われることは

 なかったようだ」

 

「私たちにとってビジネスとは、

 金を稼ぐことではない。

 人体には血液が必要だが、

 血液を作ることが

 人間の使命ではないのと同じだ。

 (中略)

 人体の営みは、より高い次元の

 目標達成に向けた基本的なプロセスだが、

 それ自体は私たち人間が

 果たすべき使命ではない。

 その基本プロセスを超えようと

 常に奮闘するのが人生だ。

 (中略)

 私たちは全ての偉大なビジネスと同様に、

 創造し、貢献したいと考え、

 あえてそれを声高に宣言した。

 何かを作り改善し、何か伝え、

 新しいものやサービスを、

 人々の生活に届けたい。

 人々により良い幸福、健康、

 安全、改善をもたらしたい。

 (中略)

 単に生きるだけではなく、

 他人がより充実した人生を送る

 手助けをするのだ」

 

ナイト氏は、↑のように

この物語を締めくくる。

混乱続きの人生の中で

彼やNIKEが見出した意味。

 

 

 

「君たちはどう生きるか」の中で、

「叔父さん」はコペル君に

「君は、

 毎日の生活に必要な品物

 ということから考えると、

 たしかに消費ばかりしていて、

 なに一つ生産していない。

 しかし、自分では気がつかないうちに、

 ほかの点で、ある大きなものを、

 日々生み出しているのだ。

 それは、一体、なんだろう」

と問う。

そして叔父さんは答えを言わず、

「自分で一つその答えを

 見つけてみたまえ。

 別に急ぐ必要はない。

 この質問を忘れずにいて、

 いつか、その答えを見つければいいんだ。

 決して、ひとに聞いてはいけないよ」

と続ける。

 

この問いへのナイト氏の答えは、

「靴に全てをかけることで、

 他人がより充実した人生を送る

 手助け」

なんだったんだと思う。

 

 

私はまず「君たちは〜〜〜」を読み、

そのあとで「SHOE DOG」を読んだ。

でも、

「SHOE DOG」を読みながらも

「叔父さん」の言葉を確かめたくなって

「君たちは〜〜〜」を開いたり、

コペル君とナイト氏が重なって思えたりした。

2冊を行ったり来たりするような

幸せな読書の時間を持てた。

 

 

「叔父さん」の問いかけに

57歳の私が答えるとしたら、

私が日々生み出しているものは、

「あなたはあなたのままでいい。

 そのあなたが今できることを

 やっていこう〜

 と思ってもらえるような働きかけに

 ついて、

 考え、悩み、トライしながら、

 苦闘していること」だ。

時々上手くできることもある。

でも、全く役に立てないこともある。

 

それでもまた

次の瞬間の行動は選べる。

 

 

私の毎日をどうするかを

決定できるのは、私だけだもんね。

 

 

 

この2冊には、

ところどころで、

ぐさりとつかれた。

しかしその痛さも

清々しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| | - |

「ネガティブ・ケイパビリティ」

【2017.11.04 Saturday 15:40

「ネガティブ・ケイパビリティ」とは

「どうにも答えの出ない、

 どうにも対処しようのない事態に耐える能力」

ということ。

 

この概念がどこに由来し、

どう再発見され、

社会の中でどう実践されてきたかの事例や、

現代社会の中で

いかに実践していったら良いのかなど、

丁寧に描かれている本。

 

 

原発の廃炉問題しかり、

少子高齢化の年金問題しかり、

東京と地方の格差問題しかり、

貧困の問題しかり、

ジェンダーギャップ114位問題しかり、

 

北朝鮮への対応方法しかり、

ロヒンギャの問題しかり、

台頭してる「〜ファースト」問題しかり、

 

簡単には解決できない問題が

私たちの周りには、あまりにも多い。

 

その中で

この概念は心強い。

 

 

 

 

なんとか耐え続けていくのも、

力なんだ!

と示してくれるのは、

ありがたい考え方だと思う。

 

実際、

私の活動場所、

学校の中でも、

簡単には答が出せないことは多い。

 

学校に登校することが厳しい子、

いじめの問題、

勉強の苦手さや

集団の中で行動することが難しい子、

親子の間の、教師との葛藤など、

 

表に現れてる出来事は似ていても、

一人一人全く違う背景がある子どもたちに、

「こうすれば絶対にうまくいく」

などという絶対正解などなく、

 

だからこそ、

悩み、考え、話し合い・・・

どうにもならない事態に、

立ちすくみながらも、

ただただ困難の中にいることも多い。

 

見立て、

対応方法を示すのが

私の仕事なんだけど、

簡単にわかったようなことは

言えないことが多いのだ。

 

そして、

その子の問題がすっきりと解決しなくても、

その問題が、

後から考えると、

その子や、その家族にとって

意味あることだったと思えることも多く、

だから、

困難の中で、

その子や家族や先生や支援さんたちと一緒に

ただただそこにいることも、

ネガティブ・ケイパビリティなんだと思いたい。

 

 

 

 

世間一般で、

お手軽な解決方法が好まれるのは

仕方ないことだ。

デジタルな機器が身近になってからは、

加速度的にそうなっている。

私もそうだ。

 

CMの間が待てないで

何か刺激的な情報が入ってこないか

チャンネルを変えるし、

履くだけで痩せる下着や、

塗るだでけでシミが消える化粧品に

興味津々だ。

 

言葉を思い出せないと

すぐに幾つかのワードを入れて検索する。

仮説を立てるのに、

ネット上にあるデータを探す。

 

「早く!早く!」と

誰かに言われているわけでもないのに、

気持ちが急いて、

すぐにすっきりしたくなる。

 

・・・ってこれ、

脳の仕業なんだとこの本で知った。

「私たちの脳は、

 ともかく何でも分かろうとします。

 分からないものが目の前にあると、

 不安で仕方ないのです」

 

つまり人が分かりたがる、解決したがるのは、

本能の働きということだ。

 

でも、

本能ばかりに委ねたくない。

 

「それにしても、

 と改めて考えざるを得なかった。

 謎や問いには、

 簡単に答えが与えられぬほうが

 よいのではないかと。

 不明のまま抱いていた謎は、

 それを抱く人の体温によって

 成長、成熟し、

 更に豊かな謎へと育っていくのでは

 あるまいか。

 そして場合によっては、

 一段と深みを増した謎は、

 そこの浅い答えよりも

 遥かに貴重なものを

 内に宿しているような

 気がしてならない」

 (黒井千次氏)

 

 

 

 

先日、再放送していた

「英雄たちの選択」の「直虎編」で、

MCの磯田氏は以下のように

番組を締めた。

 

「ぼく、やっぱりね、

 直虎は、

 理不尽な時の過ごし方の

 名手だと思うんですよ」

 

「人生も、組織体も、

   いつも自分が勝てる要素を

 持っている時ばかりではなくて

 むしろ弱かったり、ダメなときって、

 多いですよね。

 その時、どう過ごすかっていうことが、

 本当、一番重要だと思うんです」

 

「直虎は、

 こんな今川の状態は続くはずがないと、

 考えた。

 夜明けの前が一番暗い。

 もうちょっとしたら、

    確実に夜明けが来るってことを

 ひたすら信じて処していった、

 凌いでいった。

 戦う力という

 武士にとって一番重要なものを、

   男を殺されつくして失っていたところで、

 どのように凌ぐか。

 先を、大局を読んで、

 これから何を身に着けていったらいいのか、

   考えた」

 

「そしてやがて

 家柄、戦闘力、外交情報力、

 三拍子揃った井伊家になって

 日本最大の譜代大名、

 35万石、

 井伊家になっていくわけです。

 だから、今、つらいと思っている皆さん、

 大河ドラマを見ながら、

 つらい時の凌ぎ方、学びましょう」

 

今大河ドラマでは、

直虎のいい感じのネガティブ・ケイパビリティと

万千代の積極的な挑戦が、

ちょうど対比されているところだ。

 

 

 

そして、この本の締めくくりは

「寛容」と「共感」だった。

 

「どうにも解決できない問題を、

 宙ぶらりんのまま、

 なんとか耐え続けていく力が、

 寛容の火を絶やさずに

 守っているのです」

 

「共感が成熟していく過程に、

 常に寄り添っている伴奏者こそが

 ネガティブ・ケイパビリティなのです。

 ネガティブ・ケイパビリティがない

 ところに、

 共感は育たないと言い換えても

 いいでしょう」

 

 

すごく理解できる。

 

誰も悪者にせず、

どこにも責任を求めず、

何に対しても事を押し付けない、

今の状況を引き受けて、

その中で、

できうることをしながら、

待つ。

 

それができるのは、

自分のことを理解し、

相手や周りのことも理解でき、

受け入れる心を持っているからこそだし、

そうやって耐えている間こそ、

多様な人の思いを理解できる力を

醸成する。

 

私に

ちょっとはその力があるとすると、

苦しかった事のおかげだ。

 

 

 

 

 

・・・とはいえ、

各地で理不尽な災害にあった方々が、

そのネガティブ・ケイパビリティで

今をなんとか凌いでくれている間に、

希望を見出してくれるような

政策が必要だ。

 

横田めぐみさんはじめ拉致被害に

あった方々や、

その家族の方々の

ネガティブ・ケイパビリティが

発揮されているうちに、

なんとか解決を!と

願わずにいられない。

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| | - |

救い

【2017.10.23 Monday 10:02

日産の無資格検査の件が、

表に出てからも継続していたケースは、

複雑な背景があったと思うが、

その一つには

コミュニケーションの問題もあったようだ。

 

現場の声と管理職の認識のズレは、

コミュニケーションの量が

圧倒的に足りてないことを

示しているように思う。

 

 

 

瞬時に伝えることができるデジタルツールを

誰もが持っているのに、

大切なことが伝わらないのはなぜなんだろうか?

 

 

 

「Aという方法でやってください」

という指示が与えられてとしても、

Aという方法が、

現場にとっては無駄のように感じられたり、

現場ではより効率的な方法で行われていて、

それに慣れていて、

それが長年の当たり前であったり。

しかも、指示をした方が、

現場の人より若かったり、

経験が浅かったりしたら・・・

なんてこと考えると、

現場としては、

「上はあ〜は言ってるけど、

 まあ、いいんじゃない」

なんてこともあるかもしれないなあ。

 

その時に、

「その方法では、効率悪すぎます」とか

「今までこれでやってきて何も問題がないのに、

 なぜそうするんですか?」

など、

現場の中に湧いた声を

管理職に伝えることができたら、

何らかの手は打てたかもしれないな。

 

 

逆に、

現場の雰囲気を考えると、

とても改善点を伝えられないと

いう管理職もいるかもしれない。

 

強権的と思われたくない、

これまでの(表面上は)いい感じの関係を

壊したくない、

気持ち良く働いてもらいたい、

面倒な管理職と思われたくない・・・

いろいろな考え、感情を背景に、

「とりあえず言わないで様子みてみよう」という判断。

 

 

あるいは、

伝え方の問題もあったかも。

「自分はこのままでいいと思ってるんだけど、

 上が言えってことなんで、

 一応言っときますけど、

 これからはできたらAって方法で

 よろしくお願いします」的な。

 

そうした方がいいのか、

そうしなくてもいいのか、

よくわからない伝え方。

 

 

 

とはいえ、

言わなかった現場が悪いとか、

拾い上げられなかった管理職が悪いとか、

言える雰囲気作ってない現場が悪いとか、

適切に指導できない管理職が悪いとか、

何か一つに責任があるというほど、

単純ではないと思う。

 

そして、こういうことは、

いろいろな場で起きていることなんだろうな。

 

 

 

 

 

私自身も、

私自身の望みとは関係なく、

強い立場になってしまっている時と

弱い立場の時がある。

 

 

例えば雇用されている時や、

経験が浅い場の時があり、

そんな時には、

「反論したら、やっかいな人と思われるかも」とか、

「違う意見があったとしても、

 もう少し慣れてから」とか、

そんな考えが頭の中に浮かぶこともある。

発言するのに勇気がいる場合も多い。

 

立場や役割に違いがあったとしても

人としては対等だと理解していても、

評価される怖さや、

いい人でいたいという自分に課してるものがじゃまして、

「声に出すには勇気がいること」は多いものだ。

 

 

それに反して、

例えばこちらが依頼してる時や、

その場に集まった仲間の中では

一番キャリアが長いなんて時。

あるいは、

専門性を持って活動してる場

(カウンセラーとして、講師として)

というような場でも、

意に反してだし、それはまずいことなんだけど、

強い立場になってしまうことがある。

年齢も57歳となってくると、

そういうことも多くなったりする。

 

またそういう役割を担っている上で、

相手にとっては耳の痛いこと、

厳しい改善点や建設的な批判、

「次にはこうして欲しい」など

言わなくてはならないこともある。

 

 

これがキツイし、試される。

 

 

そういう時に、

問われるのは、

相手から

別の意見を言ってもらえるかどうか?

質問してもらえるかどうか?

なんだろうなあ。

 

これが難しいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

本当に難しいものだけど、

私の場合は、

2つの点で助かっている。

 

一つは

アサーティブ・ロゴセラピー・建設的な生き方など、

戻るところがあることだ。

感情の整理の仕方、

目標の立て方、

コミュニケーションの方法など、

帰る理論やスキルがあることが、

本当に本当に救い。

 

難しい場面には、

素手で太刀打ちできないもの。

 

 

それともう一つ、

私自身の「自信のなさ」が、

救い。

私は時々思い込むし、時々失敗する。

相手を誤解してることもあるし、

間違うこともある。

これって、情けないことなんだけど、

でも、

自分を過信してないことは、

私のコミュニケーション力の

大切な救いだと思う。

 

自分が間違っているかも・・・

自分の何かが足りてないかも・・・

あの素晴らしい人が、こういう言動をするのは、

深い背景があるのかも・・・

自分を過信してないことが、

時々、私をそこに立たせてくれるんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| 日常 | - |

「人それぞれ。以上!」にしない時も作る。

【2017.10.14 Saturday 16:20

学校保健委員会で中学生に

アサーティブを紹介した。

 

3年の男子が拙い文字で書いてくれた感想

「自分はいつも友達に好かれたいから

 人それぞれ、

 その人にあったような感じでいたけど

 それでは相手には自分のことを何も

 知ってもらえないので、

 自分を相手にわかってもらうためにも

 しっかりと『自分』を出さないと

 と思いました」

というようなものがあった。

 

ある3年女子は

「自分は自分のことを攻撃的なパターンだと

 思ってたけど、仲の良い友達からは

 受身的なパターンだと言われて、

 驚きました。

 他人から見た私と、

 私から見た私はやっぱり見方が

 違ってるのだと思い、

 興味深かったです」

とあるが、

学校保健員会の後で、内容のことで

友達と話し合ったってことだ。

ありがたくって、そして、

大切なことに気がついたんだなあと思う。

 

 

 

小学校とか中学校で

コミュニケーションの授業をする時に、

頭に置いておくエピソードがある。

「7つの習慣」のコヴィー博士の

電車の中での有名な話だ。

 

静かな電車の中に

父親と子ども3人が入ってくる。

子ども二人はハイテンションで騒いでいるが、

父親はちっとも注意をしないで目を閉じている。

電車の中の人々は、だんだんイライラして、

いやな雰囲気になってくる。

それでも、周囲に迷惑をかけている子どもを

叱ろうとしない父親。

乗客の一人(コヴィー博士)が父親に

「お子さんが迷惑をかけていますよ。

 なんとかなりませんか?」

と声をかけると、

その父親は目を開け、

初めて子供たちや周囲の乗客の様子に気がついたようで、

「 本当ですね。 大人しくさせないと、、、 

 実は、たった今、病院から出てきたところなんです。

 少し前に妻が、あの子たちの母親が

 亡くなったものですから・・・・。

 いったいどうすればよいのか。

 あの子たちも、ひどく混乱して取り乱しているようで、、、」

その瞬間に、

それまでの電車内の険悪な雰囲気は消え、

電車内の人々は親子をいたわりの眼差しで

見守り始めた。

 

・・・というエピソード。

 

こういう状況の時に、

イライラする自分を落ち着けるために、

「自分自身の思考や感情などの反応を確かめ、

 自分自身の理解に役立てる機会にしよう」と

考えるのも一つ。

 

また、

「『公共の場で子どもが迷惑行為を

 していても注意しなくてもいい』

 という考えの人もいる。

 『考えは人それぞれだ。以上』

 と折り合いをつける」のも一つだ。

 

また、

人は誰でも最善を尽くして生きている。

 それでも、理解不能なことをする人が

 いるとしたら、

 この方がそういう行動をとるには、

 絶対に背景があるはずだと考えてみる。

ってのも、一つの考え方だ。

 

上記3つの考えは、

自分の中で収める方法。

 

 

コヴィー博士の場合は、

思い切って声をかけたその一言で、

親子の状況を理解でき、

周囲の方々のその後の時間をより良く変えた。

 

疑問に思ったことを率直に口に出したり、

ちょっとのズレを話し合うことで、

周囲への影響までは、常にはなくても、

少なくとも、

自分と相手との間の関係は変える。

 

もちろん、勇気だした一言が、

いつも良い結果を招くわけではないけど、

バッターボックスに立たないと、

アウトはないけど、ホームランも打てない。

 

 

そんなことを頭において、

授業の前に

「コミュニケーションの力」も

時々使ってもいいんだよ・・・

ってことを認識しとく。

 

 

 

子ども達への話のなかで、

 

「得意、苦手のちがい、
 性、血液型、星座のちがい、
 環境のちがい
 意見、考え方のちがい、
 趣味のちがい、

 いいと思うもの、
 感動するところ、
 笑いのツボなどのちがい・・・

 

 人と人、ちがいはある。

 でもちがいは単なるちがいで、

 間違いじゃない」

 

という部分に引っかかってくれた子もいる。

 

ちがいについて話し合えると、

面白いことも起こるよって伝えられたら本望だ。

 

 

以前小学校での授業では

世界地図を使ってみた。

 

私「みんな、日本ってどこにある?」

子「真ん中」

私「私がアメリカ人だとしたら、

  えええっ違うよって言うよ」

 

私「で、

  誰も質問してくれなかったら、

  チャンチャン、終了。

  なんか、一声くれたら広がるんだけど、どう?」

子「なんで?」

私「訊いてくれて、ありがと。

 これがアメリカの世界地図だから」

私「日本がどこにあるか、わかる人?」

子・・・出てきて探す。

 

 

 

 

大人も同じだ。

仕事のケースで考えてみる。

 

 

この書類の締め切りは3日後。

でも心配で後輩に

「あの書類、どう?」と質問すると、

「まだ見てません」と。

正直、唖然。

自分は依頼された仕事は、

一応すぐに目を通し、

早めに疑問は解決して進めてきた。

そうやって仕事はするものだと教えられてきた。

心の中で、

(締め切り日になって

 わかんないとこでてきても、

 教えてあげられないかもしれないからね。

 もう、いっつも間際に

 あたふたするんだから!!!)

と思いながらも、

「ま、人ぞれぞれ、考え方、方法違うし」。

 

そこで収めちゃうのもいいけど、

「あっそうなんだ。

 今日なら、質問に答えられる時間があるから

 聞いてみたんだけどね。

 明日だと、ゆっくり教えてあげられないから、

 できたら、今日一度目を通してほしいんだ。

 どう?」

なんて、話せると、

もしかしたら、

「違う仕事の締め切りが今日で、

 優先順位を決めて、やっている・・」

などという状況が聞ける可能性がある。

 

そのことが、

「締め切りギリギリで、

 こちらの都合も考えないで

 質問してくる子」

と、

「自分のやり方を押し付ける先輩」

という関係を変えていくかもしれない。

 

それって、

ちょっといい感じのことじゃないだろうか?

 

 

「人それぞれ、

 考えや方法が違う。以上!」の時があってもいい。

でも、分かりあおうとする努力をしてみるものいい。

自分の考えを深め、

もしかしたら誤りを正すことができるかも。

そして、相手との関係を変え、

周りに良い影響を与える可能性もある。

 

 

10月11月は

大人対象の研修が多い時だ。

考えで収める方法もいいし、

コミュニケーションの力を使ってみるのもいい。

コミュニケーションの力を使ってみたい時に、

使えるようにしておくために、

役に立つプログラムを提供するのだ!

 

 

 

・・・・・・・・・・・

 

さて、11月11日には、

「アサーティブカフェ」を開催します。

 

いつでも使えるように、

せっかく手にしたアサーティブという道具を

一緒に磨いていきましょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| アサーティブトレーニング | - |

また始まる。

【2017.09.23 Saturday 06:06

5年ぶりに友人に会った。
彼女は昨年まで学校の先生をされていた。
確か7年前くらいか?

私がスクールカウンセラーとして活動する中学校に

彼女が赴任。

 

(なお、彼女の同意の上のアップです)


ある時、ある保護者との面談を終えて、
学年主任の彼女に報告、
「お父さんが相談にきてくださって、

 とっても熱心に相談していってくださった。

 教頭先生(男性)に入ってもらって、
 男性同士で話し合ってもらってもいいかもね」
 と言うと、
彼女は
「谷澤さん、大切な時には男性って思うんだ」
と言った。

自分の説明不足を恥じながら、
ジェンダーの問題にはとりわけ敏感な私は、

同時に、そこにひっかかってくれたことがうれしかった。
「『大切な場面は女性より男性』という意味で

 言ったのではないよ。

 でもそう受け取られるような話し方をした

 私がいけなかった。

 父親同士という立場で話しをしてもらうってのも、

 問題解決の助けになりそうという意味だよ」

というと、

「そうかあ」といってくれた。

そういう指摘をちゃんとしてくれた

彼女の姿勢が素敵で、

そういう幾つかのことから、

出会ってすぐに友達になったと思う。


そんな中、

「ソーシャルスキルを学年を通してトレーニングしたい」

という話になり、

一緒に企画し、

聴き方、

アサーティブな話し方、

ストレスマネージメント

と学年全体で、

あるいはクラスに入ってと、

年に3回授業を担当させてもらったこともある。

すごくいい経験だった。

 

発達障がいをを持つある男子生徒と

定期的に面談とSSTの時間を設けてくれて、

1年後には衝動的な行動がだいぶ少なくなり〜

なんてこともあった。
 
プライベートでも

一度ランチをし、

一度はイタリアンをいただきながら

ワインをいっぱい飲んだこともある。
 
もってるもの、

たとえば文房具だったり、

車だったりの趣味が似ていて、

選ぶ服や

考え方や価値観もかなりに近かったと思う。
 
彼女と、

ある時を境に連絡しあわなくなってしまった。

私はそのことがずっと心にひっかかっていた。

 
その彼女から「カフェレストランを開いた」

と連絡があったのが7月終わり。
「将来カフェをやりたい」と話してくれていた、

その夢をかなえたんだ!と嬉しくなった。
 


その彼女の店に、今日やっと伺うことができた。

コクのあるビーフストロガノフと、

まろやかな人参とくだもののラペをいただきながら、
近況を聞きあった後で、私は思い切っていった。
 
実はずっと謝りたかった。
あなたが子どもさんの怪我のことで、

私にメールをしてきてくれた時、
私は、あなたがどんなに子どもさんを愛していて、

大切に思っていて、

その子の怪我だから、

それも大きな怪我だったから、

どんなに不安で心配でたまらなかったかわかっていたのに、

多分、その時私自身も何かで忙しかったのか、
不安をちゃんと受け止めずに、

「しっかりしようよ」的なメールを返したと思う。
私は後で、

なんてひどいことをしたのかと心苦しくて、

謝りたかったけど、

なんとなくメールしないでいるうちに、

こんなに時間が経ってしまった。
 
すると、彼女は、

「そんなことあった?」と言ってくれ、
「私がメールをしなかったのは、
 何かでメールをした時に、

『今日は返事ができないけど、

 明日ならできるけど、それでいい?』

 という返事が返ってきて、

『これ以上谷澤さんに甘えたらダメだ』って思って、
『もう大丈夫だからいいよ』という返事をして、

 それから連絡しなくなってた・・・と思ってたよ。

 忙しい谷澤さんに迷惑かけたらダメだと思って」

 

え〜そうだったんだ・・・

お互い、びっくりした。

 

私たちの記憶をまとめてみると、

多分、私が彼女に

『今日は返事ができないけど、

 明日ならできるけど、それでいい?』

とメールしたのが、

お子さんの怪我の時だったのかもしれないな。

だとしたら、その方がもっとひどいな、谷澤。

それで、

『もう大丈夫だからいいよ』

という返事を彼女からもらって、

そのあと、

 「しっかりしようよ」的なメールを返したのかもしれない。


 

お互い、思い合っていたんだ。
合わない間、メールしない間、

お互い、心のどこかで思い合っていたんだな。

なんか、ありがたいなあと思った。

 

 

 
彼女の開いた店は、本当に居心地がよく、

結局2時間半も長居してしまった。
 


私はその後、定時制の高校で授業をした。
6月にも呼ばれて授業をしたが、

その時は、生徒さんたちの心に残る授業ができなかったと思う。

ずっと喋っている3人の生徒がいて、

私は「私の授業が面白くないから喋ってるんだ」

と落ち込みながら、

よし!と気合を入れれば入れるほどの空回り・・・

という情けない授業だった。
 
で、今回だ!


成功した・・・と思う。


みんなよく聞いてくれていたし、

(例の子たちも聞いてくれていた)

少しは爪痕残せたのでは?と手応えがあった。

もちろん準備も入念にしたが、
何よりも、

あの店で、

彼女と話し、

彼女が作ったお料理をいただき、

入れてくれたコーヒーを飲んで、

そして長年の胸のつかえが取れて、

体中が柔らかいもので

包まれていることが大きいと思った。
 
私は定時制で学ぶ子どもたちに、

生きてるっていいよ!って叫びたいような気持ちだった。

心がすれ違うこと、

誤解しちゃうこともある。

うまくいかないことや

間違ってしまうこともある。

それが人間ってものだよ。
でもね、

でも人はまた分かり合うこともできるよ。

間違いを認めるチャンスをつかまえることもできるんだ。

やり直せることもある。

また始めることもできる。

生きてると、そういう日もあるんだ。

生きてるって、悪いことばっかじゃない。

それには、とにかく、今を生きて、

それを繋いでいくことなんだよ。
 
そういう私の想いみたいなものが、

なんとなく伝わったのかもしれないな。

なんてたって、

そういう実感の中ににいたもの。
 
あの中学で、彼女と出会えてよかった。 

 

その友人が、いてくれてよかった。

 

なんと私たちは、同じ車種に乗っていた。

ふふふっ。

 

 


 
カフェレストランのオープン、本当に嬉しい。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| 日常 | - |

ズレを想定内にする。

【2017.09.19 Tuesday 00:26

アサーティブ・カフェに

参加してくださった方から届いたメール、

第2弾。(シェア、OKいただいてます)

 

・・・・・・・・・・・・・・・

前回のカフェから今回までの間、

職場環境の悪さに苛立つことが多く、

パート勤務だから何でも上司の言うことを

聞かなければならないのかとか、

ひと回り以上年下の派遣さんに

要望を伝えることも出来ないのかとか、

落ち込んだ時もありました。

 

しかし以下のようなこともありました。

 

ある時、

課長から個室に呼び出され、

「部長に意見するなんて、生意気だ」

と批判を受けました。

アサーティブと出会う前だったら、

(部長から呼び止められ、立ち話をしただけなのに)

批判されたことをそのまま受け入れてしまい、

もしかすると

それが理由で退職していたかも・・・と思います。

しかし今回、

「意見したわけではなく、普通の会話の中で出たお話です」

と言えました。

また、「パートのくせに生意気だ」という課長の言葉は、

(心の中にまでは)受け入れずにいることができました。

悔しかったし、ぜーんぶ否定したかったけど、

また課長がどう受け取ったかは分からないけど、

相談はまず課長にするべきなのは、認識している。

 意見したつもりはなかったけど、

 話した内容や発言の仕方が悪かったかもしれない。」

ということは、伝えることが出来ました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

この方のメールを読みながら、

コミュニケーションが上手になるということは、

コミュニケーション上のズレを少なくする

ということでもあるけれど、

それ以上に、

コミュニケーション上のズレがあった時に、

「修復できる」ということだ・・・

というような内容が書かれた

「大人のための国語ゼミ」(野矢茂樹著)の中の

問題文を思い出す。

 

 

この方の、この事例の始まりは、

部長から気軽に声をかけられて、

立ち話で話したってことだったと思う。

最近の仕事の様子を尋ねられたから、

何の気無しに話すなんてことは、

「あるある」だと思う。

 

それが「課長からの批判」

という形で返ってきたわけだ。

きっとびっくりしたと思う。

それでも、冷静に

認識のズレを修正することができた。

 

その素晴らしさの要素は、

まず、

課長のレッテル貼り「パートのくせに生意気」

という言葉には、怒りを感じながらも

巻き込まれなかったことだ。

さらに、

事実「話した内容や発言の仕方」については

認め、謝罪をしていること。

 

ちなみにこの方が使った「批判への対処法」は、

アサーティブトレーニング応用編で、

批判の言葉を受けたその場での最小限の対処法を、

ステップアップ講座では、

一歩踏み込んで、

問題解決まで持っていくための方法を学んでいただく。

 

私はこの方の、

これまでの練習と実践の歴史を思って、

メールを読みながら、感動でいっぱいだった。

 

 

 

さて、日常の中にズレはある。

うまく伝わらないことって、ある。

 

この方と課長の認識のズレは、

「単なる立ち話」

「課長を超えて部長に意見した」

というところにあった。

 

ズレはいろいろなところで起こる。

 

言葉でいえば、

「早めに仕上げて」などという曖昧な言葉を巡って、

言った方と言われた方の受け止めのズレが

あるかもしれない。

 

あるいは、動作や表情、声のトーンなどでもありそうだ。

指示した方は疲れのピークだったがための沈んだ口調を、

受け取る方は「何か怒ってる?私、やらかしちゃった?」。

 

しんどそうに見えたから声をかけた

「休んでいいよ」というひと言、

「俺、必要じゃないの?」と受け取られる場合も

あるかも。

 

どちらも悪意がなくっても、

どちらも相手を思いやっていたとしても、

それでもすれ違う会話。

 

仕事上で大切な話であっても、

お互いの利害が一致していても、

細かなところにある違和感。

 

 

何しろ、

人は、一人ひとり、

それぞれのコミュニケーションの癖があり、

事実の捉え方にも傾向があり、

感情のわき方にも、

考え方にも、価値観にも

違いがある。

 

その上に

役割だったり、

課された責任だったり・・・

という違いもある。

 

 

それぞれ

背景のある違いを持った者どうしが

伝えあう時に、

ズレちゃうことはあるってことを、

折り込み済みにしといた方がいいかもなあ。

 

普通にあるのが「ズレ」だとしたら、

そのズレを最小限にとどめるための技術、

そして、

ズレちゃった時に修復する技術、

必要で大切なんだと思うなあ。

 

 

そんなことを、

カフェ参加者の実践から確認したのでした。

 

 

 

次回のアサーティブカフェは

11月11日(土)

基礎編終了された方、

ぜひ参加をご検討くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| アサーティブトレーニング | - |

チラチラ見える逞しさ。

【2017.09.17 Sunday 17:34

昨日は、今年度3回目の静岡でのアサーティブカフェ。

アサーティブを学んだ方々が、

日常でのアサーティブの実践を、

和気あいあいと話す時間。

成功の話も失敗の話もあるし、

これからの練習の場として

ロールプレイをする場合もある。

そして、

明日に向かって背中を押しあう、

そんな集まり。

 

 

 

今回は、訳あって我が家で開催。

(ということで、人数に限りがあり、

 申し込んでくださった数名の方に

 参加頂けませんでした。

 申し訳ありませんでした)

 

 

参加者のお一人が感想をメールしてくれた。

(シェアOKいただきました)

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

昨日はありがとうございます。
お疲れ様でした。
新しく参加された方も懇親会に参加してくれ、

なんだかうれしかったです。

さて、昨日ですが、

(アサーティブのことで)

忘れていること、

ごっちゃになっていること、

え?そーなんだということ、

いろいろありました。

例えば

要求は一回ひとつ、

〜です(マル)まで言いきるみたいなこと。

 (とはいえ事例によって、そうばっかりでは

  ないこと)


自分としては、

やはり同じところをグルグルしています。

(親族内の問題で、相手に対して)
『私そんなに悪いことしたのかな』

っていじけた気持ちにもなるし、

都合のいい時だけ頼ってずるい、

 悪いことはすべて私が決めたこと

 と結びつけている』

と腹立たしく思ったり。
そんな中、今できることは、

『ある程度自信をもって』

(勝負の)土俵をおりることかな

って思いました。

,匹Δ砲發覆蕕覆い海箸發△襦△斑里襦
逃げるように降りるんじゃない。
A蠎蠅了情によるものではあったとしても、

 相手のせいではない。
し覿匹里箸海蹇△修諒法を選らんだのは自分。
ナ針転換、仕切り直しも可。

また、自分の気持ちを知るのはもちろん、

相手の気持ちも想像することで

自分を落ち着かせる助けになること

教えていただきました。

どうにもならないことを抱えているからこそ、

理論的にも(知ったことを)やってみると

いいかもしれません。
おそらく私が何かをふっきることは

簡単にはできないと思います。
でも落ち込みすぎずにやっていける気はします。

昨日の帰り、アサーティブで出会い、

一緒に学ぶ仲間と話しながら

バスに乗りました。
『この先何かあっても、

 右往左往しながらでも

 乗り越えていけるっていう変な自信、

 あるよね』と話して別れました。


落ち込むし、

人のせいにもするし、

ネッチーもドッカンもやるけれど、

そこでは終わらないと思います。
そこが、出会った頃の自分達と

違うんだと思います。

 

みんなの中にチラチラ見える逞しさが

嬉しくなります。

私だって大丈夫って思える。

昨日もみんなに会えて本当によかったです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

この方が

みんなの中に

「チラチラ見える逞しさ」を

見出してくれているように

私も昨日は、

参加者の方々の

力強さをまぶしく感じた。

 

私は、参加者がアサーティブに

出会ってくれた瞬間に立ち会ってる。

だから、

お一人お一人の人間関係上の変化や、

ご病気を克服されてきたことや、

家族の形が変わったことや、

もつれた問題をどうほぐしてきたかの歴史や、

とにかく様々な背景を知っている。

それらを経て今があって、

いろいろ解決してきても、

やっぱり日常にはいろいろあって、

一筋縄ではいかないことも

抱えている方もいる。

 

それでも、

問題とどう付き合っていこうか、

どう対応していこうか、

つまり

葛藤を引き受けて生きている。

 

そのことがまぶしくって、

この仲間の中にいる自分が

誇らしかった。

 

悩んだり、

困ったり、

立ち止まったりしてる姿も、

見事な

悩みっぷり、

困りっぷり、

立ち止まりっぷり

なんだと思った。

 

 

 

みんな、ステキだなあ。

いいなあ。

 

〜〜〜というように、

アサーティブは結局、

コミュニケーションのスキルなんだけど、

スキルにとどまらない。

人としての「あり方」みたいなものに

深く影響するんだと思う。

 

 

 

 

さて、

今回は我が家で開催したので、

トイレの中にあった、

義父の残していった勉強の跡を

みんなが見てくれた。

 

それについて、

先の方のメールに追伸が。

 

 

・・・・・・・・・

 

PS お父上の英字のメモ、

表紙とか付けたらステキかも。

すみません、

余計なお世話かもしれませんが…

それほどのインパクトがありました。

いつかお父上が

若者たちへ伝えたメッセージのようで。

 

・・・・・・・・・・・・・

 

本当にすごい、この毎日の勉強の跡。

細かい文字でぎっしりと書かれている。

そういう、コツコツ努力を重ねる人が

近くにいてくれたっていうのは、

私にとってめちゃアドバンテージだと思う。

人間ってそうなれるってこと、

知っちゃてることが、本当にありがたい。

 

9月20日は

義父の命日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| アサーティブトレーニング | - |

残りの人生1日目。

【2017.09.10 Sunday 23:08

きょうは私にとって

ロゴセラピーの区切りの日だ。

 

ロゴセラピーとは、
意味を軸としたセラピー。

 

ロゴセラピーと私の歴史を振り返ってみる。

 

「夜と霧」を再読したのは2010年2月。
ブログに感想を書くと、

友人から「なぜまた読みたくなったの?」
と問いかけのコメントをもらい、
なんでだろ?と考えて、
「谷澤相談室を開くにあたり、

 読みたくなったんだ」と気がついた。
「夜と霧」はそういう本だった。

 

2012年の誕生日、
イギリスから帰国した知人とランチした。
その時彼女から、

「今、『100分で名著』で『夜と霧』をやっていて、

 ガイド本、すごくいいですよ」とすすめられ、すぐに購入。
「どんな時も人生には意味がある」

「意味のない苦しみはない」

「それでも人生に『イエス』と言おう」等という言葉に感動。

「夜と霧」の著者フランクルが創設した

ロゴセラピーを学びたいという気持ちが高まった。

そして検索し、ロゴゼミに出会った。

 

ロゴゼミの講師、勝田先生は

フランクルから指導を受けたルーカス先生のもとで

ロゴセラピーを学び、

フランクルの言葉を正確に伝えてくれる方。

温かく、ゆったりとしていて、

包み込んでくれるような笑顔の素敵な女性。

ドイツ在住で、一年に3回日本にこられ、

その際ロゴゼミで私たちにロゴセラピーを教えてくれる。

 

私は2013年の7月にスタートした

第五期の第一回目からロゴゼミ受講。

そして年に3回ずつ受講を重ねた。

せっかちな私に、

ゆっくり学ぶという、

今までのスタイルとは違う道を進ませてくれたと思う。

 

10回を終了すると、

ロゴセラピストになるための資格試験を受けられる。

私がそれに挑戦したのが昨年9月。

一発合格はできず、

勝田先生から3つのテーマを再受講するよう指示をうけ、

その3つめのテーマの受講を今日終えた。

 

区切りというのは、

ロゴセラピストの仲間入りができた日ということなんだ。

 

 

 

ロゴセラピーで一番びっくりしたのは、
「何のために生きているか?」という、
今まで当たり前につぶやいていたことへの

「別の考え方」だった。
ロゴセラピーでは、
「人生の方から、あなたに問いかけている」というのだ。

 

えええっ
人生は 私に問いかけているの?

私はびっくりした。

 

一瞬一瞬、その時起こった出来事を通し、
人生は私に問いかけているという。
私がその出来事に

どういう態度で対応し、

どう行動するかで応えるかを。

 

びっくりしたけど、
同時にすごく納得できた。

 

私がこの世に誕生し、愛情深い家族に恵まれたことも、
だとしても我が強かった私が、
商売の家の長子に生まれたことで悩んだことも、

 

対象は違っても他者からの承認欲求が強い
小中高校時代や、
自分の存在価値がわからなくなっって
めちゃくちゃ自己中心的な大学〜広告制作会社時代も、

 

その後の家業の手伝いをし始めてからの苦労も、
夫と出会い、結婚を決めた後で
母が亡くなったことも、

それでもなお意思を通して結婚し、
祖父、父が亡くなり、
家業を廃業したことも、

 

子どもを持てなかったことも、

 

母を亡くした直後から学んでいた
カウンセリングの勉強を生かして、
学校での相談の仕事を始めたことも、
その中で必要を感じ、
アサーティブのトレーナーになったことも、


とにかく、これまで私に起こったことすべて、
その時々の人生からの問いかけだったんだ!と知ると、
どんなにひどい出来事も、

受け入れることができた。


そして私なりに、

その時その時必死で応えてきたんだと思うと
自分の人生が愛しく思えた。

 

そして、それは誰もがそうなんだと考えると、
電車で隣に座った人も、
人生からの問いかけに応え続ける尊い人に思えてくる。

 

私は学びを深めて、
人生からの問いかけにできるだけ
意味ある応えを選択したい!!!
って考えた。

 

もうひとつ「精神次元」という概念が
私を勇気づけた。
人間には心と体があるけど、ロゴセラピーでは、
それに精神次元を加え、

人間を3次元からなる存在と位置づけている。


心とからだは自分の命や生活や利益を

守るための防衛本能を働かせる。
精神次元は意味をキャッチし、

意味の実現を志向する。

 

心とからだ、
特に私は心(感情)に興味があり、

感情を大切なものだと捉えてきた。

と同時に、

「気持ちでっかち」(⇔「頭でっかち」)は

危険だと思ってきた。

つまり、
気持ちに頼ったり(「やる気がでるのを待つ」的な)、
気分のまま行動する(「いやだからやらない」的な)ことは、

好ましくないって思ってきた。

 

そんな私に
精神次元の概念は、理解しやすいし、

行動療法にいい影響を与えてくれた。

 

行動療法を使ってきた私は、

「目の前の必要なことをいやでもやる」とか

「苦手だなって思っていいけど、

 挨拶はする」とか、

そういう説明をしながら、

心(感情)と行動がバラバラな感じで

戸惑う人がいることも知っていた。

 

同じことでも、

ロゴセラピーで精神次元の存在をしってから、

「目の前の必要なことを、

 いやでも、

 明日の準備のためにやる」とか、

「苦手な人だと思っていいけど、

 より良いチーム作りのため

 挨拶する」

など、

たとえ主観的な意味であっても、

感情と行動との間に、

意味で繋がりをもたせることができるように思えた。

 

これが客観的な意味、

つまり

誰かのために、

何かのために、

となるとロゴ的だ。

 

 

振り返ると
2013年の7月から年に3回。

全部で14回の土日、東京や盛岡で学んだ。

もちろん、ロゴセラピーの学び以外、

仕事でも土日を留守にすることがあるので、

時には毎週のように、

夫は掃除や洗濯などやってくれた。

トイレやお風呂の掃除もだ。

私好みのテレビ番組を録画しておいてくれ、
はじめの頃はバーニーの、

今はカルの世話をしてくれている。

一人でごはんの支度し、食べ、一人で本を読み、

テレビやネットをみて、休むんだと思う。
季節の変わり目には布団を入れ替えておいてくれたり、

あるいは台所の引き出しを

めちゃきれいに掃除してくれてあったこともある。

義父が亡くなった後は、

一階の掃除や、

義父の荷物の整理などをこつこつとやってくれている。

そして、時々、

カルの写真を、

東京や盛岡で学んでいる私のところにラインしてくれるんだ。

 

彼は、
誰か(私)のために、

何か(私が学べる)のために、
自分の力を使ってくれていた。

彼はいつでもお手本なんだよな。

 


勝田先生は「ロゴセラピーは生き方」という。
このことの意味が分かるようになったのは、
相談をうけるとき、
「その方に起こったつらい出来事から、
 意味をみつける手伝いをしよう」
と思えるようになっていることでだ。

それはセラピスト自身の

日常の実践があってのことだと思う。

「セラピストが自分の良心(意味を感知する器官)に

 従って生きてることが大切」とは

静岡で読書会を主催してくれている草野先生の言葉。

それがちょっとずつだけど、

馴染んできているのかもしれないな。

 

しかも

フランクルは人間を

「もう動物ではないが、

 まだ神ではない存在」

と言ったそうだ。(今日のロゴゼミで知った)

だから

「心身態(心と体)のエゴイズムと

 意味への意志の間を行ったり来たりするもの」

で、

セラピスト自身もそうであるからこそ、

謙虚になれる。

 

 

 

区切りの今日、

ゼミの最後に引用されたルーカス先生の言葉は、
「今日はあなたの残りの人生の第一日目なのです。
 この残りの人生を使ってどうするか、

 それはあなたの手中にあるのです」
というものだった。

なんてありがたい はなむけ!!!

 

簡単なことではなく、
苦しいこともあると思うけど、やっていこうと思う。

 

だって、「悩むことは人間特有の能力」なんだもん。
「まっとうな苦悩は、それだけで業績」なんだもん。
フランクルはそう言ってるし、

私は「苦悩」を安易にごまかしたり、

粗略に扱ったりせず、

そこから意味を見出すことのすがすがしさを

知ってしまったから。

「苦悩」がなければ知りえなかった意味も、

たくさんあったと思うから。

 

 

2017年9月10日は

残りの人生の大切な1日目となった。

 

で、

明日もまた、

残りの人生の1日目だ。

そうやって、積み重ねていくんだなあ。

 

心身態のエゴイズムと意味への意志との間を

行ったり来たりしながら、

苦悩しながら、

積み重ねていこうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

今回の盛岡のロゴゼミは、

岩手県公会堂で開催。

1923年に建てられたというレトロな建物。

素敵でした。

 

 

 

author : tanizawa-k
| ロゴセラピー | - |

アマゾンの思う壺

【2017.08.29 Tuesday 14:25

恥ずかしながら、

ずっと「ブルボン」だと思ってた。

「ブルゾン」かあ。

なんてこともあり、

 

今朝は、

9時少し前に、

横断歩道が青になっても、

なかなか渡らない小学3年?4年?の

男の子を見てしまって、

宿題やってないのかな?

何か嫌なことがあるのかな?

と心配になったり、

 

8月も終わりますなあ。

 

夏も終盤にきて、

これから読む本への期待が高まってます。

その前に

読んだ本の整理しとこう。

 

 

 

 

ここのところ読んだ本 ↓

ビジネス系の本、どれも良かった。

 

大人であっても人の知性は成長する。

組織の力を最大限に引き出す最善の方法は、

組織に属する人々の人間としての発達に

光を当てることだ。

 「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」

 

ただ、それには組織内で

適切なフィードバックができることが不可欠。

しかしながら今「フィードバックレス社会」

と言えるほど、フィードバックが足りていない。

「フィードバックとは

 相手にとって耳の痛いことでもきっちり通知し、

 本人の立て直しのお手伝いをすること」を言う。

  「会社の中はジレンマだらけ」

 

フィードバックが苦手な理由に、

評価を怖がり、

自分の弱さを隠そうとする意識が働いていることと、

知性の発達段階の一段目で留まっている人が多いという

可能性がある。

 一段目:環境順応型知性

   (周囲からどう見られ、どういう役割を期待

    されているかということで自分が形作られている。

    合わせられる。指示に対し忠実に行動できる)

 二段目:自己主導型知性

   (周囲の環境を客観的に見られる。自分自信の

    価値基準を持っていて、それと周囲の期待に

    ついてを合わせて考え、判断し、選択できる)

 三段目:自己変革型知性

   (自分の価値基準ややり方をもっているけど、

    それだけにこだわらない。しかしそれが全てだと

    思ってないので、修正したり、訂正したりできる。

    矛盾も対立も、曖昧も、ジレンマも受け入れること

    ができる)

  「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」

 

 

フィードバックを技術的な面から考えると、

客観的な事実を提示することが必要だ。

「あなたって気が利かないよね」

は、あまりに主観的だ。

客観的な事実とは、

「会議の資料、

 参加人数分なかったよ」

 

 

「自分の言葉が相手に理解されているかどうか

 鋭敏な感覚を持ち、理解されていないことを

 嫌がらずに謙虚に受け止め、理解してもらう

 にはどうしたら良いかを本気で考える。

 何度も何度もそんな経験を

 繰り返さなければならない。何度も何度も」

自分の言葉の何をどうチェックしたらいいかが

わかれば、

フィードバックもしやすくなるかも。

「大人のための国語ゼミ」は

以下が具体的に書かれてる。

・事実と意見と推測

・簡潔にし、話題でまとめ、順番に注意

・接続の言葉

・要約

・理由と原因と根拠

・的確な質問

・反論の仕方

 

 

「大人のための国語ゼミ」を読みながら、

「伝える」ことについて思い返してみた。

私は「アサーティブ」というコミュニケーションのあり方で

「相手伝わるように伝える」ための工夫をしてるのだが、

学び始めた初期の頃にやり始めて、

今でも気をつけている事がある。

それは端的に知らせたい時には余分な事を言わないこと。

タクシーの運転手さんに目的地と道順を知らせる時、

駅の窓口を利用して切符を買う時、

そんな時、

いかに少ない言葉で正確に相手に伝えることができるか、

最初の頃は、

(思ったことを、しかもどうでもいいことを

 口にしてしまう私にとっては)

結構大変で、面白かった。

今もスッキリ決まるとめちゃ嬉しい。

そして、それには脳内リハが大切なんだな。

「大人のための〜」の中の、

枝葉は一旦置いて、幹、つまり中心的主張を!

は、なるほどなんだな。

 

 

 

これらの本の中で出会った

「ポータブルスキル」という言葉が気になった。

「ポータブル」だから持ち運びできるって訳で、

つまりは、会社を変えても、仕事を変えても、

自分の身についた技術は持って異動できるって訳だ。

それらは3つあり

\賁腓涼亮韻箋蚕

∋纏の仕方(現状を把握したり、課題を設定できたり、

   スケジュールの管理や、状況に対応できる力など)

人との関わり方

と言われているとのことだ。

 

 

私の仕事の一つは

コミュニケーション能力の育成だから、を扱ってる。

そして、のちからがあると、

´△蚤疹の苦手があっても、わからないこともあっても、

質問したり、助けを依頼できたりするので補える。

 

そんなアプローチも可能だなあと

なんだか、少し考えも広がったと思う。

 

 

ってわけで、

これから読む本は↓

 

 

 

 

 

    

  

 

 

 

 

 

 

 

 

author : tanizawa-k
| | - |


谷澤 久美子
counselor